« 『消えた川をたどる!東京ぶらり暗渠探検』(洋泉社MOOK)を読む | トップページ | 『餃子の王将』で行列の不気味 »

2010年5月30日 (日)

ネットを「異形の世界」ではなく、価値を創造するプラットホームに

結論から言えば、左翼が幼すぎたのだ。

民主党政権が誕生した当時、オイラは民主党が自民党以上に新自由主義の性格が強いと感じていた。衆院選のマニフェストや当時の民主党の路線が、異様に左に旋回していたのは、本質的に左なのではなく、自民党に代わる政権というテーゼを追求した結果として、左旋回せざるを得なかった、くらいにしか考えていなかった。

特に、民主党の新人議員は左旋回が極端で、小沢一郎はしばらくの間、この素人たちの矯正に力を注ぐのだろうと思っていた。実際、そうだったように思える。

左旋回が、いったいいつまで続くのだろうかと、首を傾げながら政局を見つめてきた。

そして、今回、鳩山政権は公約を投げ捨てて、普天間基地の移設先を辺野古に決めた。社民党は政権を離脱する。

それほど驚かなかった。この政権は、いったいどこまで本気で「県外・国外移設」を考えていたのだろうか。オイラは最初から半信半疑だった。

ネットを検索してみると、左派のブログは、特に「きっこの日記」は極端だったが、民主党に対する美辞麗句は、読んでいても恥ずかしくなるほどで、小沢一郎や鳩山由紀夫の「政治とカネ」の問題が浮上しても、徹底的に擁護して、民主党こそ正義の味方とばかりに持ち上げた。

きっこさんに至っては、国民を「クルクルパー」呼ばわりしたこともある。

その光景は、ネット右翼が小泉純一郎を信奉していたのと、よく似ていた。左翼っぽいと「在日」呼ばわりしたのと、少し似ていると思う。

普天間問題では、鳩山由紀夫が国外・県外移設をしようとしているのに、平野官房長官をはじめ、邪魔しているやつらがいるという、何とも理解しがたい論調だった。平野官房長官が鳩山由紀夫の茶坊主で無能なのはよく分かるが、そいつをそばに置いたのは鳩山首相で、彼もまた、二枚舌の親米なのだ。

もともと政権交代を最も喜んでいたのは、社民党をはじめとする左翼だった。これが不思議で仕方ないのだが、自分の支持政党の議席が減ったのに、大はしゃぎしていた。

でも、民主党政権は決して左翼政権ではない。連立政権に社民党がいるから、何だか左翼っぽく見えるが、左翼っぽい皮をはがしていくと、新自由主義の本質が台頭してくる。その姿は、小泉政権と似ていて、親米であり、構造主義路線だ。

事業仕分けなんて、典型的な「聖域なき構造改革」の民主党版だもの。

その民主党政権が、日米地位協定を見直せとか、普天間は少なくとも県外移設だとか、そんな公約を掲げたこと自体が奇跡だし、越えられるわけのないハードルなのだ。

できないことが最初からわかっていて、公約を掲げたとしか思えない。

政権交代は歴史的な出来事だったが、左翼がはしゃぐべきではなかったし、政権なんかに参加してはいけなかったのだ。まるで自分たちの政権ができたかのような幻想を抱き、この人なら左翼的政策を実現できるのではないかと妄想して、先日の日米共同声明ギリギリまで民主党政権を信じていた。

沖縄にとって歴史的な岐路に立っているというのに、「きっこの日記」は、沈黙していた。競馬とか、どうでもいい話題でお茶を濁していた。Twitterを覗いたら、鳩山首相に愚痴を吐いていた。何もかも決まったあとで、鳩山首相に宣戦布告している。

幼い。幼すぎる。

オイラは、ネット上で「ネット右翼」と呼ばれている人たちも、「ブログ左翼」と言われている人たちも、異形の者にしか見えない。最近、Twitterをアクセサリーに使う輩も、やはり異形の者に見える。

現実世界とは乖離したネットの世界で、現実世界とは遊離した独自の空気を共有し、自分たちの都合の良い社会観に酔いしれ、政治を動かしているようなカタルシスに浸る。

そこからは何の価値も生み出せないし、現実社会を生きていく上ではどうでもよいテキストの塊だ。

2ちゃんねるは相変わらず、便所の落書きでしかない。

「異形の世界」は、どこまでも拡大再生産されている。

このブログがスタートして、今月で5周年。

基本的には、ネット社会は変わっていない。

これからも、おそらく変わることなく、「異形の世界」であり続けるだろう。

新しい価値を生み出すプラットホームにしたい。そんなささやかな希望を持っているが、今は何も展望がない。これまでの5年、これからの5年。何かが変わるのだろうか。

まあ、せめて1週間に1回くらいは更新したいもんだと、宣言してみる。

無理かなー(笑)

|

« 『消えた川をたどる!東京ぶらり暗渠探検』(洋泉社MOOK)を読む | トップページ | 『餃子の王将』で行列の不気味 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/48499399

この記事へのトラックバック一覧です: ネットを「異形の世界」ではなく、価値を創造するプラットホームに:

« 『消えた川をたどる!東京ぶらり暗渠探検』(洋泉社MOOK)を読む | トップページ | 『餃子の王将』で行列の不気味 »