« 1000本目のエントリー | トップページ | 特急はつかり、青函連絡船、特急北海で北海道を目指した時代 »

2009年9月23日 (水)

関西の元局アナが前原国交相に公約撤回を迫る連休最終日の憂鬱

平日の昼間にテレビを見るなんて、めったになくなってしまった。シルバーウィーク最終日、久しぶりに真昼間にテレビをつけたら、日テレで『ミヤネ屋』という情報番組をやっていた。

関西ローカルの番組を全国系列に格上げしたものだ。

オイラは、関西出身ということもあって、関西ローカルの番組を東京でやっていると、かつては喜んで視聴していたものだ。

最近は、観なくなった。

圧倒的に質が悪くなったからだ。

上岡龍太郎がテレビから姿を消して以来、関西ローカルの番組はどんどん質が悪くなってゆく。上岡龍太郎は、権力に媚びずに歯に着せぬ発言で楽しませてくれたが、今の関西系列の番組は、ただたんに品が悪いだけで、精神衛生上悪い。

だから、橋本徹なんて、馬鹿右翼タレントが府知事になってしまうんだろう。

今日は、ただの元局アナが八ツ場ダム建設中止について、前原国交相に、「住民と白紙で話し合え」と説教していた。

お前、大阪から関東の山奥のことに口出すだけの知識はあるのか?

マスコミというのは、勝手な人たちだ。選挙前にあれほど、マニフェストをつくれ、マニフェストを読め、マニフェストに書いた通りに実行しろと、散々政党に対して要求しておいて、いざ、政権が代わった途端、マニフェストはマニフェストだ、地元が反対しているから公約を撤回しろと大騒ぎする。

「中止」の看板掲げた政党の大臣が、地元と白紙で話し合いなんてしたら、ただの公約撤回でしかない。

マスコミはいったいどうしろと言いたいのか。

マニフェストを実行しろと言いたいのか、選挙が終わったのだから、公約は公約でしかない、地元が反対しているのだから、公約は撤回しろと言いたいのか。

関西ローカルがのこのこと東京に出てきて、関東の山奥の政治問題に口を出すくらいなら、関西国際空港2期工事だとか、第二名神高速道路だとか、関西のアホみたいな公共事業を何とかしてからにしてほしいものだ。

八ツ場ダムの総事業費は、4600億円。この額は、東京23区の1区分の年間予算よりも多い。

今、事業をストップさせなければ、建設費はまだ上がるかもしれない。現在言われている事業費ですら、倍以上膨れ上がっている。

何十年に1度の洪水のために治水整備に膨大な税金を費やすのは意味がない。水は足りなければ、節水すればいい。足りないから他県にダムをつくろうなんて水源管理をやっているから、こんな多大なる迷惑を他県の方にかけることになるのだ。

地元の経済だとか雇用とか言うなら、4600億円もそこに税金を投入する必要はなおさらない。温泉なんだから、温泉をやればいい。

歴史ある温泉が、源泉を捨てて、移転するなんて、冗談みたいな生活再建だ。わざわざ自然にわいている源泉を、どうして捨てるのか。

長年、国はダム建設で地元を振り回したのだ。仮に建設が中止されるにせよ、彼らの生活再建を行い、町を建て直すのは当然のことだ。

過疎化が進んだ山里にでっかいダムをつくって、地元経済が潤うなんて、そんな自民党バリバリの世界観が通用しないから、自民党は負けたのだ。たかだか山奥の町の経済のために数千億円もの税金を投入するなど、無駄遣いもいいところだ。

皮肉なことに、鳩山由紀夫にせよ、前原誠司にせよ、工事着手当時は自社さ政権の与党にいたのだから、笑える。

でも、考えてみれば、自民党は8月の総選挙で歴史的惨敗を喫して、下野したし、社会党と新党さきがけは、とっくの昔に消えてしまったし、そこにいる人間は人間としても、当時存在していた政権党は、どれもそろって、歴史的使命を終えたか、今まさに終えようとしている政党ばかりではないか。

だから、どっちにせよ、このダムは建設中止となる運命なのだし、歴史的使命を終えたのだと思う。

決着はついたのだ。

ここで地元自治体や住民がごねても、来年度予算には本体工事にかかわる予算は1円も計上されることはない。「白紙撤回しないと話し合わない」などというのは、城に篭城して兵糧攻めにあうようなもので、それが再び長引けば長引くほど、忘れられてゆく。今ならワイドショーも、関西ローカルの馬鹿番組も追いかけてくれるが、そのうちダムなんてどうでも良くなるくらい大きな案件で民主党政権が揺さぶられ、ダム問題は地元のローカル紙しか追わないネタになってしまう。

そのときになって、手をすりすりしながら地元が前原に擦り寄っても、もう手遅れなのではないだろうか。

『赤旗』ですら、最近は、「鳩山由紀夫首相は・・」「民主党は・・」と、まるで民主党の機関紙みたいになっている。世の中が大きく激動している中で、相変わらず自公政権のときの頭で政治をやろうとしたら、あっという間に埋没する。

仮に建設中止に反対の立場を貫くのだとしても、前原が地元にいるうちに、しっかり会って、メンチ切って、宣戦布告しておくべきなのだ。惨敗した公明党の代表に媚を売っておいて、前原が来ても「白紙撤回でなければ話し合わない」などとやっていたら、テレビカメラが去ってから苦労することになる。

だから、関西のマスコミがしゃしゃり出るなと言いたいのだ。

|

« 1000本目のエントリー | トップページ | 特急はつかり、青函連絡船、特急北海で北海道を目指した時代 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

え~っと。
関西ローカル番組、全国ネットになると、内容が変わると言うことを、まず、申し上げたい。
関西ローカルではなく、全国をネタにしなければならないという点で。
それでも、比較的原形を留めています。ミヤネ屋。
また、一日だけでの評価は妥当では無いとも申し上げたい。
他日に於いて貴兄が提示された問題点を取り扱っていないとは言えますまい。
それから、橋本は、橋下徹なので、まあ、利光以来の伝統の政治好き三百代言ですが、
名前は正しく書いてやって下さい。

投稿: 陸壱玖 | 2009年9月24日 (木) 08時18分

こんにちは。

きっと、お出ましになると思っていました(* ̄0 ̄)ノ

橋下徹、そうですよね。よく仕事でも「下」のほうを使うのですが、いったん学習機能で覚えさせると、「本」のほうが出てこなくて、逆に間違えたり。困ったものです。

投稿: mori-chi | 2009年9月24日 (木) 14時43分

>きっと、お出ましになると

釣られたんですか?私(w
MS-IME橋下は学習してくれないので私も誤記した事があります。
なお、橋下さん結構地元で見かけますんで。地元より東京で頻繁に見かける、某知事さんよりはその点は評価できそう。
巨大地方自治体は狂犬じゃなかった、強権知事でなけりゃコントロール出来ないんでしょうかね。
何だか悲しい。

投稿: 陸壱玖 | 2009年9月25日 (金) 00時49分

ところで、
この にくきゅー 癖になりますね。
アハッ!

投稿: 陸壱玖 | 2009年9月26日 (土) 22時55分

釣られていただき、ありがとうございます(* ̄0 ̄)ノ

強権知事も、年齢を重ねると、ただの老害知事ですけどね。先日、東京の狂犬は都議会で、「天皇陛下に犯されましては…」と、やってしまいました。

にくきゅー、ココログでひろってきました。どんどんぷにぷにしてあげてください。

投稿: mori-chi | 2009年9月26日 (土) 23時10分

こんにちわ
今は亡き「噂の真相」に拠れば、(もう、これだけで怪しいけれど、)あの方は稀代の悪筆で新潮社だか、文春だかには専門のインタープリターが居たとか、ワープロがでる前はカナタイプで原稿を打っていたとか、の「噂」のある方ですので。
自筆原稿を読み間違えられたのかもしれませんね。
にくきゅー、FXのCMは無視して遊んでます(w

投稿: 陸壱玖 | 2009年9月27日 (日) 11時35分

こんばんは。

コペンハーゲンで遊んでいる狂犬知事は、都議会の答弁の九割、官僚の原稿を丸読みしています。「天皇に犯された」は、所信表明での一句ですが、これも印刷された原稿。年はとりたくないと痛感します。

投稿: mori-chi | 2009年9月28日 (月) 23時42分

東京でオリンピックをやる意味って、いまさら何があるのかな?
1964年10月には、経済立国の首府にとってインフラの整備、国際社会での評価の向上とか、国家目的としての何かみたいなものがありました。単純なものではカラーテレビの普及はオリンピック効果でしたね。
アパートのベランダから生で見た、ブルーインパルス描くところの五輪マークが居間のテレビに同じ色で映っていることの感動ってのが当時あったんですよ。学校の吹奏楽部(ブラバンね)がファンファーレとオリンピックマーチをオリンピック前の体育祭でもう、演奏してたりとかね。並な盛り上がりじゃなかった。
今何かあります?
今大阪では水都2009ってこれも意味不なイベントをやってるんですが、橋下と平松がタッグを組んで。
メインステージが中之島なんで、喜んでるのは、住友グループと京阪電車と朝日新聞社主家だけってイベント。タダなんで安価な遊びとしてそれなりに付き合っってますが、大阪府民、基本醒めてます。
東京オリンピック、都民ノレますか?狂犬知事の冥土の土産ってんじゃ、税金そっちに持ってかれる都民が悲し過ぎません?

投稿: 陸壱玖 | 2009年9月29日 (火) 00時29分

おはようございます。

2016東京五輪、皆さん、冷めてますね。今の東京がやっても、世界的な商業イベントにしかならない。悲しいかな、この狂犬知事の延命措置に、鳩山由紀夫までかりだされている。←ただ、これは都政における自民と民主の駆け引きの産物でもありますが。

今になって振り返れば、今回の招致騒ぎ、必ずしも狂犬の幻覚なのではなく、別の力学が…。

あ、ちょっと、しゃべり過ぎました(笑)

投稿: mori-chi | 2009年9月29日 (火) 08時05分

>別の力学が…。

色々と大人の事情ちゅうもんがあるんでしょうね。
小父ちゃん。僕子供だから分んないやぁ。

今更、電報通信社も、残間や糸井でもありますまいに。
東京は、エコ五輪と称して、対北京比50%のCO2削減を旗印にすると良いのかな。何しろ対北京ですから、50%楽勝でしょうに。

投稿: 陸壱玖 | 2009年9月29日 (火) 23時10分

こんばんは。

そうですね。大人の事情があるんでしょうな。

オイラからは、「いろいろあるんだよ」とでも言うよりほかありません。

投稿: mori-chi | 2009年9月29日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/46289870

この記事へのトラックバック一覧です: 関西の元局アナが前原国交相に公約撤回を迫る連休最終日の憂鬱:

« 1000本目のエントリー | トップページ | 特急はつかり、青函連絡船、特急北海で北海道を目指した時代 »