« 東京都議会議員選挙 | トップページ | 1000本目のエントリー »

2009年8月31日 (月)

「政権交代」があまり喜べない理由

『きっこの日記』がはしゃいでいる。

オイラは、そこはかとない爽快感を感じつつも、今回の総選挙の結果を素直に喜んではいない。

理由はしごく簡単で、自分の支持している政党は伸びず、自分が投票した候補者は当選しなかったからだ。

きっこさんは、自他共に認めるオムライス党支持者だが、きっこさんの住んでいる東京都では、オムライス党が比例代表の議席を失った。

オイラは、彼女を批判するつもりはなく、彼女の思考パターンが、今の日本国民のごく普通のリアクションだし、そこに日本の政治が複雑で貧しく、理解しにくい原因があると思っている。

自分の支持政党が議席や得票数を伸ばして、それで「政権交代」やらが実現されたのなら、さぞやうれしいだろう。オムライス党は、政権交代すれば、民主党とともに政権与党に大出世する。でも、議席が減ったんでは何の意味もない。

比例代表東京ブロックでは、「みんなの党」というNHKの番組みたいな名前の政党が、最後の1議席を獲得した。当選したのは、柿沢未途という元民主党都議会議員だ。彼は、飲酒運転でとっ捕まり、都議を辞職した人物。今回は、みそぎの選挙だった。

前回の郵政選挙で、オムライス党は、本来自民党が獲得すべき議席なのに、自民党の比例代表名簿が足りないため、棚から牡丹餅で最後の1議席を獲得した。その議席は、保坂展人だった。

今回、保坂展人は小選挙区を東京8区に鞍替えした。ここは、石原東京都知事の長男である石原伸晃が1996年以来、ぶっちぎりでトップ当選してきた選挙区。普通に選挙をやっても勝てるわけがない。民主党公認だったとしても、勝つのは難しい。

つまり、民主党は、勝てないことを最初からわかっていて、オムライス党に押し付けたのだ。

勝てない選挙区を押しつけられて惨敗した上に、酔いどれ辞職した元都議に競り負けるなんて、あまりにもむごい選挙結果じゃないだろうか。

そんな悲惨な選挙結果なのに、「民主党圧勝」に喜ぶオムライス党支持者が、どうにも理解できないのだ。

でも、今回の選挙は、きっこさんのように、自分の支持政党への1票が死に票になることがうすうす分かっていて、それでも、その現実から目を背けて、「政権交代」という不確かなアイデンティティーにすがりついている国民は、少なくないのではないだろうか。

オイラのばやい、小選挙区には支持政党の候補者がいなくて、結局、当選する可能性のない無所属の候補に投票した。二十歳になってから、棄権したことはあっても、支持政党と何の関わりもない候補者に1票を投じたのは、初めてだった。

だから、「政権交代」と言われても、今ひとつ喜びがない。

国民の一人ひとりが政治の変革を求めるのであれば、自分が支持する政党を見つけ、そこに投票するのが一番自然な選択だと思う。ところが、それができない日本人がかなり多くいる。「変革」を求める選択肢は、ほとんどの小選挙区では民主党しかなく、自分が支持している政党への1票は比例代表に投ずるが、それは数少ない議席にしか結びつかず、しかも死に票が異様に多い。

これでは、はしゃぎたくても、はしゃげない。

ナンミョー3人衆が落選したとか、酔いどれ大臣が落選したとか、そんな感情的な爽快感を味わった後、あの魚が死んだような目の民主党代表が、やけに冷静に、メッセージ性のないコメントを2、3言残して、静かに選挙特番は流れてゆく。

オバマ大統領の勝利演説と比べて、なんと、無機質な会見なのだろうか。

はしゃいでいる人たちの気持ちが、今ひとつ理解できないでいる。

|

« 東京都議会議員選挙 | トップページ | 1000本目のエントリー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。しばらく更新がなかったようですが本業がお忙しかったでしょうか。今後はお散歩ネタの復活も期待しています。

で、コメントしたくなったのは選挙後のガックリ感がまさしくmori-chi さんのおっしゃるとおりだったからです。勝たせすぎですよ。でっかくなれば分裂もするし横暴にもなるし、簡単に政権かすめとられてしまうのでは?新貧困層ががんばって共産党が大躍進でもしたら面白かったのでしょうが、つくづく大政翼賛な国民ですなあ。
私個人は多数派嫌いの無党派層。自分の一票で社会が変わるなどとはこれっぽっちも信じていませんが(笑)、20年間投票はサボったことありません。でも暮らしの仕組みは「責任取らなくてもいい」官僚たちが作ってるんですよね。せめて新政権には官僚主義打破の公約は守ってほしいものです。

投稿: くびきのコッペル | 2009年9月 9日 (水) 10時13分

こんばんは。

オイラは、民主党政権は、案外長続きするのだと思います。自民党が4年間、郵政選挙の300議席にしがみついたのと同じで、民主党も、鳩山に始まり、いろんな顔を挿げ替えながら、4年間、しがみつくんだと思います。残念ながら、自民党は現状のままでは再生不可能。民主党は、対抗勢力もないのに、「二大政党」という看板だけが残るのでしょうね。

共産党が伸びることは、現在の選挙制度が続く限りないと思います。貧困層が社会で固定化され、格差が是認されてゆくのと同じように、共産党支持層も、固定化されてしまう運命にあるでしょう。

本来、ブログはそういう閉塞感を打破するツールでなければならないですが、ネットの様相を見ていると、ネット右翼か、政権交代信者のどちらかしかなくて、幻滅します。

オイラ自身、立ち位置が定まらない、というのが、あまり更新しなくなった理由でしょうか。

投稿: mori-chi | 2009年9月 9日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/46084251

この記事へのトラックバック一覧です: 「政権交代」があまり喜べない理由:

« 東京都議会議員選挙 | トップページ | 1000本目のエントリー »