« 正月2日目の夕景 | トップページ | 津波注意報で考える、「自分だけは死なない」という日本人の災害意識 »

2009年1月 3日 (土)

正月3日目の夕景

夕方になると忍者雲が出る。正月以来、もう3日目だ。

スッキリと晴れた夕景というのは、なかなか出会えるものではない。

今日も、昼間は、からっと晴れていた。

P1000668 これは、小動神社からの眺望。

この場所は、結構穴場。最近腰越漁港の工事をしていて、目障りなクレーンがあるけれど、これがなければ、特にこの時期は、江ノ島の後方に夕陽が沈んでゆく。

P1000675今日も、こんな感じで、西の空から忍者雲が登場した。

こうなると、昨日みたいに紅く染まって欲しいのだが、今日は雲の高度が低いのか、紅く染まることなく、普通に黒々と横たわっているだけだった。

P1000680 昨日と同じパターンではつまらないから、ちょっといつもと違うことをしてみた。

LUMIX G1は、液晶モニターが上下左右に角度を変えてくれる。これがなかなか便利で、例えば、上の小動神社の画像は、目の前の柵が邪魔なんだけど、G1をぐいっと上に持ち上げて、モニターを下に向けて撮影している。

今回の片瀬西浜の画像は、逆にG1を砂浜すれすれに持って、モニターを上に向ける。

実は、オイラが以前使っていたCOOLPIXも同じ機能があって、重宝していたのだ。

この砂浜から移した夕景。

目線は、犬くらい。しかも、小型犬、チワワくらい?

人間の目線よりも、ちょっと違う夕陽のように見える。

P1000678 これは、ちょっと拡大してみた。

干潟が夕焼けでキラキラと輝いている。

なかなか、良いではないか。

背は、高けりゃいいってもんじゃないんだね。

|

« 正月2日目の夕景 | トップページ | 津波注意報で考える、「自分だけは死なない」という日本人の災害意識 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/43626968

この記事へのトラックバック一覧です: 正月3日目の夕景:

« 正月2日目の夕景 | トップページ | 津波注意報で考える、「自分だけは死なない」という日本人の災害意識 »