« 少し早いけど、2008年を振り返る(3) | トップページ | 正月2日目の夕景 »

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年・今年もよろしくお願いします。

昨年に引き続き、今年も片瀬東浜で初日の出を拝んだ。

気温が零度近い中、夜明けが近づくと、片瀬東浜にはたくさんの人たちが訪れ、ひしめき合うように日の出を待つ。海水浴シーズンでも、砂浜がこんなに人であふれることはない。

P1000619 今朝の日の出の時刻は、6時50分くらい。でも、ここでは三浦半島が邪魔をするので、実際に太陽が現れるのは、その5分後くらいになる。

これから、365日間、お世話になる太陽。

しっかり拝んでおこう。

東浜で初日の出を見た後は、その足で西浜へ。

P1000626 こちらは、初富士山。日本人だからね、やはり、初富士山を見ないと、1年が始まらない。

今年は、昨年より暖かかったような気がする。気温は変わらないが、風があまりなかった。

今年は、大変な年になると思う。

オイラは、窓際の正社員だから、会社がつぶれない限りは食いっぱぐれることはない。だが、何万人、何十万人もの派遣労働者が、年越しを前に首を切られ、路頭に迷っている。景気の低迷が、正規社員の首切りや、中小零細企業の連鎖倒産へと結びつくことは、想像することが簡単だ。

これから、1年間、多くの人の血と涙が流れることになると思う。

本来なら、日本の指導者が、この危機的な状況に対して何らかのメッセージを残すべきなのだが、残念ながら、それができていない。

麻生首相は、年末にのこのこと渋谷のハローワークまで出かけ、求職中の若者に向かって、「目的がないから就職できない」と説教をたらした。

年頭所感では、「受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません」と、これまた上から目線で、国民に説教をたらした。

ちなみに、天皇陛下は、こんな所感を出している。

「秋以降,世界的な金融危機の影響により,我が国においても経済情勢が悪化し,多くの人々が困難な状況におかれていることに心が痛みます。国民の英知を結集し,人々の絆を大切にしてお互いに助け合うことによって,この困難を乗り越えることを願っています」

天皇誕生日の際の「お言葉」でもそうだが、最近、首相よりも、天皇のほうがはるかに人の心に響くメッセージを発している。象徴天皇は、本来政治に対して発言をしてはならないのだが、首相よりも言葉にメッセージ性がこめられているのは、日本の政治が弱くなっている証左ではないだろうか。

かつて、オイラにとっては天皇は、笑って手を振っているだけの偉い人でしかなかったが、これだけ政治が混迷する中では、唯一国民にメッセージを届けることができる指導者のように思えてくる。

いったい、どれだけの人たちが、ネットカフェで年を越したのだろうか。

政治は、たかだか1万2千円すら国民に配ることができていない。政治を論ずるマスコミは、相変わらず政界再編を声高に叫んでいれば、政治を分析した気になっていて、テレビを観ていると、ふふんと鼻で笑って政界再編論を論じている解説者がいる。

「構造改革」の名の下に振りすぎた振り子を、元に戻さなければならない。

そのためには、政治が生き返らなければならない。

こっちがあっちにくっついたとか、あっちとそっちが連合しただとか、政局で困難を打開するのではなく、政策と世論で政権与党を追い詰める、本来の政治を取り戻さなければならない。

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

|

« 少し早いけど、2008年を振り返る(3) | トップページ | 正月2日目の夕景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

いやいや見事な初日の出です。
私はその時間、夢の中でした…

私の知人でも年末で派遣契約が切れ、故郷に帰った人がいます。


身近でこのようなことが起きて、とても悲しくなりました。


辛い状況でこそ、笑顔を忘れずに生活できればと思っています。


お互い励ましあって乗り切りましょう(^-^)v

投稿: らん | 2009年1月 2日 (金) 11時03分

らんさん、新年明けましておめでとうございます。

今年は大変な年となりそうですが、一人ひとりがしっかりと絆を持ち続けていれば、乗り切ることができるでしょう。

初日の出は、2年連続で同じ場所から拝めました。今年1年、無事に過ごせそうです。

ちなみに、おみくじは「中吉」でした(笑)

投稿: mori-chi | 2009年1月 2日 (金) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/43597894

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年・今年もよろしくお願いします。:

« 少し早いけど、2008年を振り返る(3) | トップページ | 正月2日目の夕景 »