« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の10件の記事

2009年1月17日 (土)

阪神淡路大震災から14年〜日本が失ったものの大きさと重さ

ニフティが、「ココログニュース」というくだらないサービスをやっている。

派遣村はどこへ向かう?(ココログニュース)

「全国からの熱い視線が注がれた「派遣村」。セーフティーネットの必要性をアピールする上では、大成功を収めたといっていいだろう。しかし、元派遣社員以外 の人が集まったり、関係のない思想宣伝も指摘され、その存在意義を問う声があることも確かだ。目的が逸脱してきてはいないのか。」

派遣村の成功は、セーフティーネットの必要性をアピールしたことではない。少なくとも、あそこに集まった人たちが餓死もしなければ、自殺することもないし、年末年始、屋根のある場所で、食べることに困らなかったということ。日比谷公園という場所を選んだことで、日本に現実に存在する「貧困」から、政治やマスメディアが目をそらさなかったこと。

湯浅誠村長は、貧困は政治の問題だとハッキリ語っている。共産党だけやけに目立ったのは、問題が大きくなるまでは、派遣村の問題をクローズアップしてきたのが、「赤旗」以外になかったからだ。他のマスメディアは、いったい、どこで何をやっていたのか。何故、無視してきたのか。

たかだか共産党の煽動なら、厚生労働省が講堂を開けることもなかったし、石原慎太郎が国を批判することなどなかったのだ。

生活保護を申請するのは、国民の権利。それが認められるかどうかは、別の問題。申請を拒否するのは、ただの違法行為だ。彼らが区役所に行かなかったのは、単独で福祉事務所を訪れても、「水際作戦」で申請すらさせてくれない可能性があるし、実際そうだからだ。生活保護は恥ずかしいという意識は、金持ちだけではなく、貧しい人も持っている。

それはともかくとして、この記事を書いた秋井貴彦という記者は、ココログを運営する立場としての政治的公平性を意識して記事を書いているのだろうか。

オイラたちは、ココログの政治思想に共感しているのではなく、ココログのサービスに満足して利用しているのだ。それが、いろいろと意見を読んでいるようなふりして、1つのブログの主張だけを正しいと強弁しているのは、どういうことなのか。しかも、「目的が逸脱している」という主張を裏付ける検証は、ブログを読んでいるだけで、まったく行われていない。

何故、1つのブログしか引用していないのか。しかも、引用しているブログは、ココログではなく、ライブドアである。

本当は、秋井貴彦が、派遣村を罵倒したかっただけなのではないか?

最近、こういうネットの掲示板やブログの発言を流し読みして、適当な記事をまとめるニュースサイトが増えているけど、ほんとにくだらない。人の書いたものをまとめて商売せんでほしい。巷で売っているスポーツ芸能誌ですら、ブログを丸写しして記事を書いていることがある。

こういうサービスはいらん。即刻やめていただきたい。

続きを読む "阪神淡路大震災から14年〜日本が失ったものの大きさと重さ"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年1月12日 (月)

「自己責任」論の行き着く先にある、ギスギスした弱肉強食の社会

P1000782 「年越し派遣村」に対する世論が、先週末あたりから、徐々に同情論から批判へと変化しつつある。

インターネットとはやっかいな媒体で、あたかも自分が世論であるかのようにふるまうことが、結構簡単にできる。某巨大掲示板とか、Web2.0なんてのは、そういう錯誤の起きやすい場所だ。例えば、オイラのブログは、一時期、秋庭系のキーワードでGoogle検索すると軒並み上位にヒットした。でも、それはオイラのブログが支持されているからではない。

ネット上で議論された結果が、真実である保証などどこにもないし、ネット上にある情報が正しいかどうかなど、調べてみないと分からない。むしろ、ネット上の情報は、地球上の情報の氷山の一角でしかない。

そんなこと、冷静に考えれば分かることだが、人はネット上で共有したことが、一番正しいと思い込みがちなのだ。

続きを読む "「自己責任」論の行き着く先にある、ギスギスした弱肉強食の社会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アナログ」表示は、テレビ局とメーカーの嫌がらせ〜オマケは、江の島からの満月

地上デジタル放送への完全移行を前に、NHKだけでなく、民放も、テレビ画面の右上に「アナログ」の表示を出している。

アナログ放送には「アナログ」の表示を出して、デジタル放送には何の表示も出ない。

これは、おかしいよね。

観ている画面が、デジタルなのか、アナログなのかなんて、視聴者のほとんどにとってはどうでもいい。

アナログを村八分にして、いじめているようなものだ。

続きを読む "「アナログ」表示は、テレビ局とメーカーの嫌がらせ〜オマケは、江の島からの満月"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

みのもんたは、酒場の顔であっても、朝の顔ではない。

みのもんたは、典型的なアル中である。

彼の言動は、酔っぱらっているからできるもので、酒の勢いに任せているだけだ。肝臓が壊れた時点で彼の勢いはストップする。

ただ、他人と比べて肝臓が強いものだから、あの年齢で毎晩飲み歩いても、翌朝は「派遣村」を罵倒しても平気なのである。

アル中の戯言を真に受ける必要はないし、アル中が朝の顔になる必要はない。

まして、ニュース23の後番組で彼がキャスターをやるなんて、日本の恥である。

続きを読む "みのもんたは、酒場の顔であっても、朝の顔ではない。"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月 7日 (水)

「常設派遣村」として、仮設住宅を提供してはどうか。

年の瀬に首を切られた8万人の派遣労働者は、政治がもたらした経済難民だ。

非正規社員だから、雇用を失っても失業保険が下りない。国民健康保険は、高すぎる保険料を支払いできず、滞納し、医療機関にかかれないし、かかったとしても、自己負担分を支払う能力がない。

失業と病気がきっかけで、生活が破綻し、行き先を失い、路上を彷徨う。

今回の場合、きっかけは世界的な金融危機だし、企業業績の悪化だ。派遣労働が際限なく広がったために、大量の被災者を出した。派遣労働の規制緩和を推し進めたのは、政治の力に他ならない。

続きを読む "「常設派遣村」として、仮設住宅を提供してはどうか。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

現実を動かす確かな力

湯浅誠の『反貧困 「すべり台社会」からの脱出』(岩波新書)を読んでいる。

本の感想は、また後日ゆっくり書きたいところだが、新年早々、この本を手に取ったのは、日比谷公園の派遣村の問題があったからに他ならない。

「すべり台社会」という言葉が、派遣労働者に限らず、現在の社会をそのまま言い表しているような気がした。

続きを読む "現実を動かす確かな力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

津波注意報で考える、「自分だけは死なない」という日本人の災害意識

今日は、正月休み最終日。穏やかな陽射しがさす日曜日の午前、ちょうど『笑っていいとも増刊号』が始まってしばらくして、津波注意報が発表された。

場所は、伊豆諸島、小笠原諸島、相模湾・三浦半島、静岡県、愛知県外海、三重県南部、和歌山県、徳島県、高知県。

うちの地元の相模湾・三浦半島の予想は、12時00分に0.5メートルだった。

0.5メートルというとピンとこないが、単純計算でも膝くらいまで届く。

数字で見るより、結構大きな津波なのだが、地震大国・日本の危機意識は、果たしてどうだったのか。

続きを読む "津波注意報で考える、「自分だけは死なない」という日本人の災害意識"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

正月3日目の夕景

夕方になると忍者雲が出る。正月以来、もう3日目だ。

スッキリと晴れた夕景というのは、なかなか出会えるものではない。

今日も、昼間は、からっと晴れていた。

P1000668 これは、小動神社からの眺望。

この場所は、結構穴場。最近腰越漁港の工事をしていて、目障りなクレーンがあるけれど、これがなければ、特にこの時期は、江ノ島の後方に夕陽が沈んでゆく。

続きを読む "正月3日目の夕景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

正月2日目の夕景

湘南からの朝陽と夕陽は、半島に落ちる。つまり、水平線ではなく、地平線に落ちる。

朝陽は、三浦半島から上り、夕陽は、伊豆半島に落ちる。

相模湾は、東西を半島に挟まれているから、どの季節でも太陽は水平線には落ちないし、上ってくれない。

続きを読む "正月2日目の夕景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年・今年もよろしくお願いします。

昨年に引き続き、今年も片瀬東浜で初日の出を拝んだ。

気温が零度近い中、夜明けが近づくと、片瀬東浜にはたくさんの人たちが訪れ、ひしめき合うように日の出を待つ。海水浴シーズンでも、砂浜がこんなに人であふれることはない。

P1000619 今朝の日の出の時刻は、6時50分くらい。でも、ここでは三浦半島が邪魔をするので、実際に太陽が現れるのは、その5分後くらいになる。

これから、365日間、お世話になる太陽。

しっかり拝んでおこう。

東浜で初日の出を見た後は、その足で西浜へ。

P1000626 こちらは、初富士山。日本人だからね、やはり、初富士山を見ないと、1年が始まらない。

今年は、昨年より暖かかったような気がする。気温は変わらないが、風があまりなかった。

続きを読む "謹賀新年・今年もよろしくお願いします。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »