« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の10件の記事

2008年12月25日 (木)

少し早いけど、2008年を振り返る(3)

筑紫哲也のニュース番組は、ほとんど観なかった。彼が嫌いなわけではなく、番組が当時としてはあまりにも正統派すぎて、間が持たなかったような気がする。

オイラはジャーナリストなんて大嫌いだが、筑紫哲也がいなくなってしまったら、誰が日本のジャーナリズムを支えるのかと不安になる。

最近、テレビでタレントに政治を議論させて、喧嘩させる番組が多い。結論などなく、罵倒に満ちていて、おもしろいのかもしれないが、建設的な議論がない。

政治番組にお笑いタレントを持ち込んだのはテレビ朝日だ。政治番組がショーと化し、テレビのジャーナリズムが死んだ瞬間だと思う。

筑紫哲也なしに、誰が1月17日、8月6日、8月9日、8月15日を振り返るのか。

彼は、テレビという癌の中で闘い、それなりの治癒を試みていた数少ない人だった。

続きを読む "少し早いけど、2008年を振り返る(3)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

少し早いけど、2008年を振り返る(2)

オバマ次期大統領は、彼が黒人だから惹かれるのではなく、彼の使う言葉に惹かれるのである。日本の政治家では、決して言えないスピーチなのだ。それが、大統領選目当てのただの戯言なのか、本気なのかは、これから問われることになるが、期待したくなるのである。

日本では、中小零細企業が年を越せずに悲鳴をあげ、派遣労働者がクリスマスイブを前に首を切られ、多くの若者がネットカフェで「明石家サンタ」を観ている。

オバマの言葉は、他国のことをスピーチしているのにもかかわらず、不本意な貧困を被っている人たちに希望を与える。

銀行に国税を投入する法律は、あっという間に通り、国際通貨基金には10兆円をあっさりめぐんでやり、出先機関では官僚が好き放題無駄遣いをしている。

2008年、この国の未来が見えない1年だった。

続きを読む "少し早いけど、2008年を振り返る(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

眠れぬ夜の3曲

最近、ライブに行く暇もなかったので、少々欲求不満気味。ようやく時間ができたかと思えば、すでに年末である。

最近は便利になったもので、動画共有サイトで簡単にPVを観ることができるようになった。もちろん、著作権法上問題もあるので、そのうち消えてしまうものもあるのだが。

今夜は、オイラがチョイスした3曲を貼り付けよう。

だから、何?ってことではなく、眠れぬ夜にいかがだろうか。

続きを読む "眠れぬ夜の3曲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し早いけど、2008年を振り返る(1)

オイラ自身が、何かを語るより、今年、賢者が語った言葉を、ただ、淡々と振り返って、今年を振り返ってみたい。

タモリのような芸人が、テレビに出なくなったら、表現の自由は死んだと思うだろう。

ただのお笑い芸人ではない。

政治家になるためにお笑い番組に出ているのではないし、政治家になる野望もない。毎日、必ず同じ時間にテレビに登場し、何も変わらない日常を伝える。日本が最も必要としているテレビの顔である。

弔辞を聞いて、人間が好きになった。

続きを読む "少し早いけど、2008年を振り返る(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野党がこぞって「バラマキ」批判の不思議〜定額給付金、もらっとこうよ

政権与党が、選挙の前になると、野党のマニフェストを「バラマキ」と批判することは、よくあることだ。

でも、逆は、あまり聞いたことがない。

民主党くらいならともかく、共産党まで「バラマキ」批判をしている。

面妖な政治情勢だ。

オイラは、麻生首相の支持者でもないし、まして、某宗教団体の信者でもないが、定額給付金はもらっとこうと思う。たかだか、1万2千円だが、さっさと補正予算通せよと言いたい。てか、通す前に、まず予算出せよと言いたい(笑)

続きを読む "野党がこぞって「バラマキ」批判の不思議〜定額給付金、もらっとこうよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

ブルートレインの廃止を、「昭和の郷愁」で片付けてはいけない。

今日付のJR東日本のプレス発表で、寝台特急はやぶさと富士の廃止が発表された。

□ ご利用の減少に伴い、寝台特急「はやぶさ・富士」(東京~熊本・大分間)の運転を取り止めます。

長いプレス資料の後ろのほうに、あっさりとした一文があった。「昭和の郷愁」とか「昭和の記憶」とか、マスコミは頭が悪いから、JRが演出したブルートレインの終幕を盛り上げている。

まんまと罠にはまっている。

続きを読む "ブルートレインの廃止を、「昭和の郷愁」で片付けてはいけない。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

Panasonicデジタル一眼カメラ・LUMIX G1を買った。

正直、オイラはカメラがさっぱり分からない。デジカメは持っていたが、コンパクトデジカメだったし、それも5年以上も前のデジカメで、今からすればおもちゃみたいなものだった。

会社では、おそらく、最も写真撮影が苦手な社員である。

なのに、買ってしまった。

LUMIX G1

しかも、ダブルズームレンズキットである。

無謀にも、ほどがある。

続きを読む "Panasonicデジタル一眼カメラ・LUMIX G1を買った。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

DVD『日本の地下空間vol.1』(エスピーオー)を観る。

こいつは、萌える。

地下といえば、オカルトに走りがちだが、このDVDはまるで地下空間という人工物を、まるで鍾乳洞か山脈のように美しく演出している。

『日本の地下空間vol.1』

地下マニアが、これを観ずして死ねるか。

地下のオカルト作家・秋庭俊先生が驚愕する真実が、そこにある。

続きを読む "DVD『日本の地下空間vol.1』(エスピーオー)を観る。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相官邸前の「既存地下解体工事」

首相官邸前の「既存地下解体工事」
秋庭先生、後追いよろしく(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

インチキ占い師からのエアメール・・・いや、重要なのは、プライバシーの漏洩

久々に我が家にネタが舞い込んできた。

今回は何と、シンガポールからのエアメールである。

「あなただけにお届けします」

と書いてあるのに、ググってみると、かなり広範囲に無差別に送りつけている。

その名は、マリア・デュヴァルなる預言者?である。

騙される人、まさか、いないよなー。

続きを読む "インチキ占い師からのエアメール・・・いや、重要なのは、プライバシーの漏洩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »