« 秋の風に吹かれ久々のライブハウス | トップページ | 「マルチ商法」で揺れる国会を見て、今更何を…としらける。 »

2008年10月14日 (火)

森絵都『ラン』(理論社)を読んだ。

森絵都さんとは、生まれが同じ年だ。だからなのか、何なのか、この人の小説は、オイラの感覚にピッタリと合うことが多い。

まだ、森絵都さんが、児童文学のジャンルを書いていた頃、オイラは、年甲斐もなく、彼女の世界にのめり込んだ。

最近、大人向けの小説が多くて、『ラン』も同じように大人向けではあるが、久しぶりに森絵都さんらしいコンセプトだった。

主人公・環(たまき)が、不思議な自転車の力を借りて、「レーン」を超えて、死んだ家族に会いにゆく。環は、あの世の家族と交流するうちに、今度は自分の力で「レーン」を超えようと、マラソンを始める。レーンの長さは、40キロ。つまり、フルマラソンを走りきると、環はレーンを自力で超えられる。

そんな無茶苦茶な物語。

森絵都さん、『カラフル』でも、死をモチーフにした物語を書いている。

オイラは、このブログでずいぶんとオカルトを批判しているけれど、これは最初から最後まで物語り、作り話。

フルマラソンを走って三途の川を越えられるんなら苦労しないし、逆に現世に帰ってきちゃうんだから。

彼女の作品の好きなのは、登場人物、特に主人公の女の子が抱える孤独。これが、妙に共感できてしまう。将来が見えなくて諦めていたり、寂しいんだけれど、何だか周りの世界に絡まざるを得ない、孤独な少女。やめときゃいいのに、もがけばもがくほど、事態に振り回されてゆく。

でも、これまでの主人公の中で、一番貫通行動がしっかりしているんじゃないだろうか。

目的は、42キロを走りきる。ただそれだけで分かりやすい。

走る理由もハッキリしている。

難を言えば、あまりにも長い。463ページもある。辞書みたいな小説だ。

あの世の説明とか、レーン越えの説明とか、あまりにも説明が長いからだろう。

それもまた、42キロの旅なのか。

「42.195キロ先でまた会おう。」

すべての始まり。でも、物語はここで終わる。走りきったかどうかは、分からない。

『ラン』は、環が、「生きる」のを始めるまでの物語。オイラも、環といっしょにスタート地点に立つ。そこで、物語は終わる。

その瞬間の爽快感が嬉しい。

|

« 秋の風に吹かれ久々のライブハウス | トップページ | 「マルチ商法」で揺れる国会を見て、今更何を…としらける。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/42787834

この記事へのトラックバック一覧です: 森絵都『ラン』(理論社)を読んだ。:

« 秋の風に吹かれ久々のライブハウス | トップページ | 「マルチ商法」で揺れる国会を見て、今更何を…としらける。 »