« 【速報】地下のオカルト作家・秋庭俊先生の次回作は『(仮)森鴎外「東京方眼図」の謎』、来春発売? | トップページ | たまには更新 »

2008年10月26日 (日)

くっ!聞き逃した!秋庭俊先生がJ-WAVEでしょこたん相手に大はしゃぎ「青山一丁目に極秘シェルターがあるぞ!」

最近、FMラジオを聴かない。

まだオイラが毎晩のように泥酔していた頃、二日酔いの頭を覚まさせてくれるのは、ジョン・カビラの朝の雄叫びだった。

あの鬱陶しい叫び声でたたき起こされると、起きて、会社に行かざるを得なくなる。

あんなに不快な叫び声はない。

が、何故か、毎朝のように目覚ましにしていたのだ。

いつしか聴かなくなったのは、新しく買ったケータイにはFMラジオの機能がなくて、オイラは自力で起きざるを得なくなったからだ。

そんなことは、言い訳にはならないかもしれないが、今回は聞き逃した。

毎週土曜日、午後5時から放送している、『DoCoMo東京REMIX族』に、10月25日、地下のオカルト作家・秋庭俊先生がゲスト出演されたらしい。

しょこたんを相手に、ディープな、いや、チープな地下ネタを得意げに披露していたらしい。

アキバ系と秋庭系だから、話しは合うのかもしれないが、いたいけな少女に変な妄想を植え付けてどうする。

お題は、「東京アンダーグランドの極み!」

サイトに「デジカメレポート」として、秋庭先生のお姿とお言葉を拝見できる。

Q、そもそも何で地下に興味が?

もともと書こうとしていたミステリーの内容を、国会議事堂のまわりを舞台でやろうとしたんですが、調べていくいくうちにいろいろな施設が地下でつながっていることがわかったんです! 記者のみなさんはみんな地下を通って歩いていることは本当なんです。 しかし撮影は禁止、そして地下道自体の詳しい情報も出てこない・・ さらには周辺の地下鉄の路線も不自然な部分が多い・・ ということで、調べて調べて(ミステリーとは違う)一冊の地下の本が完成したわわけです。

「撮影禁止」って、撮影した画像がネットに掲載されていることくらい、秋庭先生、ご存じのくせに。「地下道自体の詳しい情報も出てこない」って、オイラがこのブログで紹介しているから、どうぞご覧なさいな。

【秋庭系東京地下物語'07《秘密》】

Q、地下鉄は大きなキーワード?

そうですね。 戦前、都電タイプの地下鉄や駅がが陸軍も海軍も何本も持っていて、 それが戦後になって地下鉄に変わっているから、変な方向に駅があるのではないかと? 遠回りして作ったりしているのは、以前(駅などが)あったからではないかと。

都電タイプだと、駅が変な方向になるんだー。秋庭先生、そうやって仮説を立てて、立証したこと一度もないくせに。

Q、実際に地下には何かあるの?

政府が無いといっているので、無いことになってます。 何か隠さなければいけないものがあるのか?偉い人が逃げれるシェルターがあったりとか・・ 予想では青山一丁目あたりが怪しいと思います。 (大江戸線など)地下鉄の路線図をみていくと、ここだけ造りがおかしい。 外側に何かあるときにしか造らないような 材質のものでトンネルを造っている。 カーブの曲がり方が不自然だったり・・ そんなことを総合していくと、青山一丁目の赤坂離宮の西端あたりが・・

どうでもいいけど、政府の要人が極秘のシェルターを作ったとしてね、地下鉄の路線図を見たら、場所が分かっちゃうなんて、極秘になってないじゃん(笑)しかも、路線図を見るだけで、「ここだけ造りがおかしい」って。「外側に何かあるときにしか造らない」って、トンネルは普通、外側に何かあるもんだよねー。不自然なカーブの曲がり方って?

Q、しょこたんが怪しいと思っていた 【丸の内線・西新宿駅】は怪しい?

鋭いですね! 丸の内線は開通してもう何年も経っているのに、いきなり西新宿という名前の駅ができるのはおかしいですよね(苦笑)きっともともとあったと思います。

いきなりできてないじゃん。計画が発表されて、工事が始まって、だんだん駅ができて。開通して古いからこそ、新しい駅を造ろうってことになるんだよ。新しい路線なら、必要な駅は最初から造るしね。都庁もなくて、西新宿駅の辺りが今のように発展していない時代のことを考えないとね。

Q、秋葉さん的に面白い地下のスポットは?

六本木も怪しいですね。 六本木の大江戸線というのは上りと下りが上下にあります。(地下6階と地下7階) 別に普通に並んで走ってくればいいのに、 ホームが分かれるようになっていて、しかも上下に2つ・・ これは以前からあったものをそのまま利用しているのかなって思います。

じゃあ、逆に横に並んでいたら再利用ではないの?上下なら再利用と言う根拠は?大江戸線の六本木駅は、上を走る道路の幅が狭いから、オイラはむしろ逆に上下にホームを分ける方が自然に思えたけど。

Q、後楽園にも様々な噂がありますよね?

今、後楽園には競輪のバンクがあります。 文京区は絶対に競輪はやらせない!と言っているのに地下にはバンクが完成している。 これもおかしいですね。 実はここはもともと幕府の大砲工場のあった場所です。 当然武器・弾薬は下のほうに隠しておかなければいけなかったわけです。 地下というはいくら土で埋めても硬さが戻らないので、結局そこは地下として 利用するしかない、だから遊園地の計画があったり、競輪のバンクになったものと思われます。

文京区は、競輪自体に反対しているんじゃなくて、ギャンブルとしての競輪に反対しているんだよ。東京ドームには、競輪バンクの部品が地下に収納されていて、競輪を開くたびに組み立てなきゃいけない。「完成」しているわけじゃない。それと、後楽園競輪は、休止されただけで、廃止はされていない。だから、東京都が始めようと言えばすぐにでも始められるし、後楽園競輪の跡地にできた東京ドームに、競輪バンクがあるのは、当たり前のことなのだよ。

Q、地下鉄自体にも何か秘密が?

地下鉄の壁をよくみていると、実は扉や通路らしきものがたくさんあります。 おそらくこれは戦前に造ったトンネルがあって、移動できる通路や階段があったもの (につながっているとおもいます) 高輪台という駅の近くには、明らかに階段があります! あと何で地下鉄が地面を出るのかも不思議ですよね。 ただ、地下鉄はあまり上下の高低差ができないので、そこに山があったり谷があったりすると 出てしまうということはあります。

扉や通路はたくさんあるよね。トンネル掘れば電車が通るわけじゃないからね。高輪台駅の近くのどこに階段があるか知らないけど、階段があったから、何だろうね。たぶん、どの駅にも階段はあると思うし、特に最近できた地下鉄なら、駅のホームには必ず地上に出る非常階段が設置されているはず。地下鉄が地面に出るのは、別に不思議じゃないよね。出ちゃだめなの?

て、まあ、大人げなく反論してもしゃあないんやけど。

しかし、メディアの皆さん、いい加減、秋庭先生を呼んで、「地下の権威」扱いするの、やめない?

何にせよ、しょこたん、ギザカワユス。。。。いいのか、これで使い方合っているのか?(^◇^;)

(関連サイト)

J-WAVE『DoCoMo東京REMIX族』

|

« 【速報】地下のオカルト作家・秋庭俊先生の次回作は『(仮)森鴎外「東京方眼図」の謎』、来春発売? | トップページ | たまには更新 »

秋庭系オカルト堂」カテゴリの記事

コメント

え~っ(´Д`)!その番組、うちにいる時には聴いてるのに、その日は出かけてて聴いてないです~!
聴きたかったぁ!秋庭センセイに対して山田五郎はどんな反応をしてたのか気になります…。

投稿: こぐまりあん | 2008年10月29日 (水) 22時37分

こんばんは。

どなたか、リアルリポートを期待しているのですが、お聴きになった方、いらっしゃらないのでしょうか。さぞや、秋庭先生が嬉しそうにしゃべっていたはずなんですが・・・。ラジオは再放送ないですからねえ。

投稿: mori-chi | 2008年10月29日 (水) 23時36分

秋庭先生は、どういうわけか、政府の偉い人(要人)が極秘に、、、というような観念を持ち出しますが、北朝鮮じゃないんだからさ。、、大体、政府の要人ってころころ変わるしね。麻生さんなのか、安部さんなのか(爆)。誰が使っていいとか、そういう規則あるんだろか。小泉さんはだめだけど現職の石原さんはいいみたいな。

青山1丁目あたりってさ、、そんなに不思議なら、地下鉄の運営組織・建設組織にまず直接取材すればいいんじゃないかと。路線図眺めて妄想してるんじゃなくて。

政府が無いと言っている。。
これは本当ですか?
てか何のことか意味不明?

大体、政府って、国なのか、地方自治体なのか、公務員のことなのか、議員のことなのか、全く先生は区別ついてないような気がします。そんなに連携よく極秘情報を連帯感をもってもらさずにいられますかね。。「政府」もみんな忘れているノーマークの存在とか(爆)。事務次官になったら、その極秘情報を教えてもらえるとかですかね(誰が教えるのか?)

投稿: てりー | 2008年11月12日 (水) 11時24分

秋庭さんの声を聞いたのって、何年前だろう、カンジャニ7(エイトになれなかった時期ってぇのがあった)が狂言回しをやってた深夜番組以来聞いてないなぁ。
wiki ちょっと追記と更新してます。宜しかったら退屈凌ぎなぞにどうぞ。

http://www3.atwiki.jp/619metro/pages/125.html

http://www3.atwiki.jp/619metro/pages/129.html

投稿: 陸壱玖 | 2008年11月15日 (土) 01時35分

こんにちは。
またあの人が青山一丁目近辺がどうのとか。

シールドトンネルは通常コンクリートのセグメントで巻きたてますが、地圧が高いところや急カーブでは「ダクタイル鋳鉄」製のセグメントを使います。そりゃもちろんコンクリートより値が張る。

大江戸線のればわかりますね。急カーブの部分だけダクタイル鋳鉄製のセグメントになっているのが。

あの人、いいかげんジャーナリスト名乗るのみんなで止めさせましょうよ。ただのオカルトおバカ作家としてなら無視しとけるんだけどな。

投稿: じゃん | 2008年11月16日 (日) 18時52分

こんばんは。

日本人は陰謀論が好きなんでしょうね。だから、秋庭さんのようなオカルト作家でも、「ジャーナリスト」を自称できる。

オイラは、秋庭さんをジャーナリストとして扱わない理由は、対象がオカルトだからではなく、ジャーナリストとしての取材姿勢に問題があるからなんです。ろくに取材もせず、図書館に籠もって、地図のコピーに定規で線を引いて、はい、地下道ですよと。対象はもちろんオカルトですが、存在そのものがオカルトだし、行動もオカルトなのです。

こういう自称ジャーナリスト=オカルト作家が堂々と出版界を闊歩できてしまうと、本当に暴かなければならない陰謀を、ありもしないオカルトで隠蔽することにしかならない。著作はほとんど笑い話でしかないですが、笑ってばかりもいられないのだと思います。

そういえば、秋庭先生、やけにチヤホヤされていた時期もありますね(笑)角川で起死回生の復活劇を狙えるのか。森鴎外をいぢっているうちは、だめだと思うんですが。

秋庭さん、ジャーナリストは、歩かないとね(笑)

投稿: mori-chi | 2008年11月16日 (日) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/42912738

この記事へのトラックバック一覧です: くっ!聞き逃した!秋庭俊先生がJ-WAVEでしょこたん相手に大はしゃぎ「青山一丁目に極秘シェルターがあるぞ!」:

« 【速報】地下のオカルト作家・秋庭俊先生の次回作は『(仮)森鴎外「東京方眼図」の謎』、来春発売? | トップページ | たまには更新 »