« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の15件の記事

2008年10月26日 (日)

くっ!聞き逃した!秋庭俊先生がJ-WAVEでしょこたん相手に大はしゃぎ「青山一丁目に極秘シェルターがあるぞ!」

最近、FMラジオを聴かない。

まだオイラが毎晩のように泥酔していた頃、二日酔いの頭を覚まさせてくれるのは、ジョン・カビラの朝の雄叫びだった。

あの鬱陶しい叫び声でたたき起こされると、起きて、会社に行かざるを得なくなる。

あんなに不快な叫び声はない。

が、何故か、毎朝のように目覚ましにしていたのだ。

いつしか聴かなくなったのは、新しく買ったケータイにはFMラジオの機能がなくて、オイラは自力で起きざるを得なくなったからだ。

そんなことは、言い訳にはならないかもしれないが、今回は聞き逃した。

続きを読む "くっ!聞き逃した!秋庭俊先生がJ-WAVEでしょこたん相手に大はしゃぎ「青山一丁目に極秘シェルターがあるぞ!」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

【速報】地下のオカルト作家・秋庭俊先生の次回作は『(仮)森鴎外「東京方眼図」の謎』、来春発売?

地下のオカルト作家・秋庭俊先生が『東京の地下400年99の謎』(二見文庫)で、角川書店から本が出るから読んでくれという一文があるので、角川書店に問い合わせてみた。

すると。

角川書店から本日、2度目のメールをいただいた。

「お問合せありがとうございました。

著者に問い合わせたところ

今年の年末に原稿をあげるそうなので

来春ぐらいの刊行になりそうです。

タイトルは仮ですが、『森鴎外『東京方眼図』の謎』です。

よろしくお願い申し上げます。

(爆笑)

謎って、その謎かーっ(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

「一日一善」「礼儀正しくしよう」

「一日一善」「礼儀正しくしよう」
なんて貼り紙が街中にあっても、実際に礼儀正しくしたり、一日一回良いことをしようと心がける人は、あまりいない。

で、この貼り紙は、新宿にある地下道で見つけた。

殺風景な地下道に節電を呼びかける貼り紙。

通行人に、通ったら電気を消しておけってことか。それとも、掃除のおじさんに掃除機を使いすぎるなと注意喚起しているのか。

いずれにせよ、節電効果はあまり期待できそうにない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

「マルチ商法」で揺れる国会を見て、今更何を…としらける。

「マルチ商法」には、合法と違法がある。なので、合法的なマルチ商法のことを、「マルチまがい商法」と呼ぶこともある。

この数日の報道を見ていると、何が良くて、何が悪いのか、さっぱり分からない。

「マルチ商法を擁護する国会質問を行った」

そりゃ、オイラが有権者なら、そんなアホは絶対に投票しない。

だが、アムウェイとか、ニュースキンといった典型的なネットワークビジネスが、何故、堂々と商売を続けているのだ?

新聞やテレビは、そのことを問題にして追及したことなんてあるのか?

続きを読む "「マルチ商法」で揺れる国会を見て、今更何を…としらける。"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年10月14日 (火)

森絵都『ラン』(理論社)を読んだ。

森絵都さんとは、生まれが同じ年だ。だからなのか、何なのか、この人の小説は、オイラの感覚にピッタリと合うことが多い。

まだ、森絵都さんが、児童文学のジャンルを書いていた頃、オイラは、年甲斐もなく、彼女の世界にのめり込んだ。

最近、大人向けの小説が多くて、『ラン』も同じように大人向けではあるが、久しぶりに森絵都さんらしいコンセプトだった。

続きを読む "森絵都『ラン』(理論社)を読んだ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

秋の風に吹かれ久々のライブハウス

自分では不本意ではあるが、最近あまりライブハウスに足を運べない毎日をおくっている。人間、40歳ともなると、それなりに責任のある仕事についたり、そうでなくても期待されるのは仕方ないとして、人材がドーナツ現象を起こして、適材適所の人材配置ができなくなっていることは、これから先、頭が痛い問題かもしれない。

そんな中での、世界的な金融恐慌。それの日本への間接的波及。

ますます、将来の見通しがデッドロック状態となる。

それはともかくとして、「音楽」のカテゴリに書くのが久しぶりだ。

いくつか足を運んだライブもあるが、こうして書き込む時間もなかった。

続きを読む "秋の風に吹かれ久々のライブハウス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む7

地下のオカルト作家・秋庭俊先生が『大東京の地下400年 99の謎』の中で、

詳しくは角川書店から刊行予定の私の著作をお読みいただきたい。(P70)

なんて書いているので、これはぜひ読まねばと思い、角川書店に問い合わせてみた。

すると、角川書店のお返事は、

 

「お尋ねの件ですが、まだはっきりした予定はございません。
決定しましたら、弊社ホームページなどで告知を行います。」

と、何ともあっさりした回答だった。

「はっきりした予定」がないのだそうだ。つまり、はっきりしていない予定はあるらしい。まったく根も葉もない話ではないみたいなので、のんびりと待とうと思う。

もちろん、「五角形」をしっかりと勉強してね。

続きを読む "地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む6

週の後半、すでに心は3連休。年中無休の観光地に住んでいる割には、連休になると余所に遊びに行きたくなる。そんな自分がおもしろい。

3連休、結局、地下のオカルト作家・秋庭俊先生をいぢって終わったなんて悲しいので、さっさと片付けよう。

『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)

さあ、今夜もいってみようか。

続きを読む "地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む6"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む5

東京を歩くと、起伏に富んだ地形に驚くことがある。

以前、終戦直後に皇居の側から国会議事堂を写した写真を見て、国会議事堂が高い丘の上にあることが分かって、驚いた。戦後、東京には高々と高層ビルが建ち並んだので、すでに生の地形が分からなくなってしまったが、すべてを焼き払ったあとにある山あり、他にありの地形は、見ているだけで楽しくなる。

だから、地下のオカルト作家・秋庭俊先生の著作を読んでいると、もったいない発想をしているなあと思うことがあるのだ。

『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)

今夜も、いってみよー。

続きを読む "地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む5"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む4

地下のオカルト作家・秋庭俊先生は、最初、直線にこだわっていた。現代の地図や「GHQの地図」を広げると、おもむろに定規を取り出し、直線を引っ張る。秋庭先生の地下道探索法は、現場を歩くことではなく、まずは地図だし、最後も地図である。

そのうち、いつの日からか、「五角形」が登場するようになった。

この本は、五角形の集大成とも言えるものだが、本の後半に入ると、すでに五角形とは何の関係もなく、旧著の焼き直しが並ぶ。

『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)

さあ、いってみよー。今夜は、ちょっとだけね。

続きを読む "地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む3

前半戦、ずーっと五角形探しに必死になっていた秋庭先生だが、後半に入ると、五角形のことなどすっかり忘れて、我に返っている。

東京の地下について書いていたのに、いつの間にか地図の上に定規をあてて五角形を当てはめていただけだったのだから、ここまで書いてきても、五角形をつなぐ点と線以外に、何一つ分かっていないという痛い現実に、そろそろ気づいているはずだろう。

後半に入ると、急にこれまでの秋庭節が復活してくるが、逆にそれは古本の焼き直しという印象を強くさせてしまう。

地下のオカルト作家・秋庭俊先生、いよいよ本領発揮か?

『大東京の地下400年 99の謎』

後半戦、いってみよう。

続きを読む "地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む2

前回、「これが、ジャーナリストの仕事だろうか」と結んだ。

地下のオカルト作家・秋庭俊先生は、一応、プロフィールに「ジャーナリスト」と自称している。その大の男が、森鴎外の「東京方眼図」に定規で五角形を書きまくり、それをもって、地下道を見つけたという。それが、果たしてジャーナリストといえるだろうか。

そんなことで、政府が隠蔽する極秘地下道が見つかるというのだろうか。

実は、秋庭先生自身、気づいていないのかもしれないが、この五角形探しは、結局徒労に終わる。五角形などなくても、地下道は見つかるからだ。五角形があろうがなかろうが…、いや、別に六角形でも、秋庭理論は成立する。

この本を読み進めると、ふと途中でそんなことに気づく。

さあ、今夜もいってみようか。

『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読み進めよう。

続きを読む "地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む1

これまで、いろんな本を読んできて、「詳しくは、○×を読んでいただきたい」と書いてあった場合、○×はその本よりも発行時期が過去だった。でなければ、発行されていない本を紹介されても、読者は困ってしまう。

地下のオカルト作家・秋庭俊先生は、この辺、さすがである。

詳しくは角川書店から刊行予定の私の著作をお読みいただきたい。(P70)

恐るべし。

刊行されていない本を読めと言う。

てか、文庫本でネタばらしして、角川で何を書くつもりなんだろうか。

そんなこんなで、いってみよー。

続きを読む "地下のオカルト作家・秋庭俊先生『大東京の地下400年 99の謎』(二見文庫)を読む1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

コピーを繰り返すうちに、元が何だったのか分からなくなったオカルト作家の悲劇

さっそく買ってしまった。

『大東京の地下400年99の謎・帝都の地下国家機密の歴史を暴く』(二見文庫)

地下のオカルト作家・秋庭俊先生が世に放つ、誰かの本を丸写しした秋庭本を、自ら丸写しした、いわば、クローン秋庭本である。

すでに語り尽くされた話題ばかりで、げんなりしてしまうが、今夜のところは、こんな指摘をしておきたいと思う。

続きを読む "コピーを繰り返すうちに、元が何だったのか分からなくなったオカルト作家の悲劇"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

アメリカの没落、日本の沈没、世界のメルトダウン

2008年10月1日、この日は将来、大学入試や高校入試で必ず試験に出てくるから、このブログを読んでいる幼稚園児、小学生は、覚えておいてもらいたい。

もちろん、「世界恐慌」という言葉も、忘れてはならない。

何を物騒なと思うかもしれないが、これは金融危機などという呑気な現象ではなく、「恐慌」のスタートに違いないと思っている。

アメリカが没落する。日本は煽りを食らって道連れにされる。世界は、底のないメルトダウンを起こす。

続きを読む "アメリカの没落、日本の沈没、世界のメルトダウン"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »