« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の9件の記事

2008年9月27日 (土)

ピーター・アーツ、すっげー

すげーぞ、37歳。

久しぶりの更新が、それだけかいな。

いや、やっぱり、すげーぞ、ピーター・アーツ。

おっさんの星だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

アメリカンエキスプレスの勧誘

アメリカンエキスプレスの勧誘
アメリカンエキスプレスの勧誘
人は、物が当たると言われると弱いものだ。

しかし、物が当たったと言われるともっと弱い。

地下鉄のコンコースで、アメリカンエキスプレスの勧誘ブースがあり、何やら紙のカードを配っていた。

「チャンスカード」

見た目、くじ引きのように見えるが、こんなことが書いてある。

「当たりが出た方には、アメリカン・エキスプレスオリジナルグッズをプレゼント!!」

これが怪しいのは、カードの中身を開く「OPEN」の場所に最初から人為的な折り目がついているところだ。

ご覧の通り、開けてみると、案の定、「当たり」だった。

オリジナルグッズがいったい何なのか、どこにも書いていない。

つまり、ブースに人を立ち寄らせるための餌でしかない。

ハズレはあるんだろうか?

最初から折り目が入っていて、開けたらハズレなら、かなりムッとするだろう。

おそらく、全部当たりなんだろうな。

こーゆー商売の仕方はフェアではない。

が、このブースでインチキクジを配っているお姉さんたちは、アメリカンエキスプレスとは縁もゆかりもない、派遣従業員なのだろう。

折り目というのも、もしかして、自ら編み出した技かな?

そう考えると、文句も言えない。それにしても、場所が悪すぎないか。薄暗い地下鉄コンコース。

アメリカンエキスプレスのブースだけ、やけに真っ白で周りから浮いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

管理用地下道

管理用地下道
管理用地下道
管理用地下道
地下鉄の入口かと思って入ろうとしたら、首都高の「管理用地下道」だった。

まぎらわしい(;`皿´)

ちなみに、このあたり、首都高は高架を走っている。地下でいったい何を管理しているのやら。

秋庭先生、取材よろしく。

あ、道路公団三十年史には書いていないし、GHQの地図にも書いてないと思うよ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

副都心線雑司が谷駅

副都心線雑司が谷駅
もう水が漏れているよ、秋庭先生(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

中村順平『東京の都市計画を如何にすべき乎』の本物を手に取る快感

ゴールデンウイークまで遡らなければならない。

忙しくて、すっかりブログのネタとしては使い損ねていたが、ゴールデンウィークを利用して、神戸を訪れた。

目的は、神戸や淡路島にある震災関連施設を訪れることだったが、そのついでに、神戸市立中央図書館に寄ったのだ。

神戸市立図書館

続きを読む "中村順平『東京の都市計画を如何にすべき乎』の本物を手に取る快感"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

取材する側とされる側

ある若者向け雑誌の取材を受ける機会に恵まれた。

続きを読む "取材する側とされる側"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

ジェネレーションギャップなのか

梨花とマリエとSHEILAの違いが分からない。

(誰か教えてくれ)

梨花

マリエ

SHEILA

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

アクセス数20万突破

本日、本ブログのアクセス数が、20万を突破しました。

この機会に心より御礼申し上げます。

2005年5月24日に最初のエントリーを書いて以来、3年3ヶ月の月日が過ぎました。

始めた当時は、毎日更新するけれど、1日のアクセス数はほんの数人から、せいぜい10人くらい。まさか、10万とか20万という数字にたどり着くとは、夢にも思いませんでした。

10万達成までが、1年10ヶ月。

10万から20万までが、1年6ヶ月弱。

オイラは、名もないタダのブロガーだし、ランキングサイトにも登録していません。

にもかかわらず、これだけの方々がアクセスしていただいたことに、ただただ感謝するのみです。

次の30万があるのかどうか分かりませんが、これからもマイペースに1つ1つを積み重ねていこうと思っています。

今後ともよろしくおつきあいくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

福田首相の退陣は時間の問題だった。

何も驚くことはない。

テレビで盛んにキャスターや解説員が、「理由が分からない」と繰り返しているが、福田首相が首相たる所以は、首相になりたいがためであって、特段政治理念があるわけではない。安倍晋三や小泉純一郎なら、明らかに首相としての椅子を利用して、何がやりたいのかが明確だが、福田康夫は違う。

この人は、首相の椅子に座ること自体が目的で、そこから先は空っぽだ。だから、記者団が何を質問しても、まるで他人事のようだ。

事務所費問題だとか、参院のねじれだとか、そんな福田康夫個人にとってはどうでもいいことに振り回されて、神経をすり減らすなんてことは、福田康夫らしくない。子どもの頃、親父に聞かされた首相の椅子、そこにどっしりと座っただけで、福田康夫の政治目的は達成された。

できることならば、1日でも長く、その椅子に腰掛けていたい。

が、政治はそんなに簡単ではない。洞爺湖サミットを終えて、すっかりほっこりしていた福田首相に、公明党や、それに近い自民党の幹部は、内閣改造か退陣か解散かと決断を迫った。首相の決断は、内閣改造だった。

そんな小手先で内閣支持率が上がるとは思えない。本人が一番分かっていたはずだ。でも、自分が総理の椅子に座り続けるには、それ以外に選択肢はない。解散も1つの手だが、今総選挙を戦ったら、負けるに決まっている。しかも、政権交代は間違いない。

例え、内閣支持率が上がらなくても、それなりに危険水域を出たり入ったりしていれば、何とか年明けまでは解散せずにしのげたかもしれない。ところが、太田誠一農水相の事務所費問題が浮上した。

心残りは、安倍晋三よりも首相在任期間が若干短いことだろう。総裁選がもっと先になれば、もしかして若干長くなることもあるかな?

福田康夫にとって、安倍晋三は「番外編」でしかない。本来なら、ポスト小泉として、小泉純一郎の次の首相を担うべきだった、と思っているに違いない。彼にとって安倍晋三は、突然順番を横入りした若造でしかない。せめて、在任期間くらいは長くあってほしかっただろう。

・・・と、今日は防災の日をネタにしようと思ったが、帰宅したらテレビはこれ一色。

朝の時点ですでに福田首相は辞任の決断をしていたわけで、今日の防災訓練は、「死に体」がやっていたわけだ。

ちょっとシュールすぎやしないか。

ここ一番の晴れ舞台をご満悦、これもまた、福田康夫ということか。

あ、ここに書いていることは、かなりオイラの妄想が入っているので、ご注意を(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »