« 清原和博の背水の陣 | トップページ | 久しぶりの北海道 »

2008年8月 6日 (水)

それでも広島は訴える 63年目の原爆の日

このブログが始まって以来、この日だけは毎年、同じ話題を書いてきた。

オイラは、どっちかというと左よりのイデオロギーを抱えて生きてきた。それは、まだ子どもの頃、「ヒロシマ」と「ヒバクシャ」という2つの現実を目にしたからに他ならない。

この日が来ると、自然に核兵器の廃絶を口にせざるを得ない。

だから、今日も我慢して読んでいただければ幸いである。

例によって、広島市の秋葉市長の広島平和宣言からの抜粋である。

被爆者の心身を今なお苛(さいな)む原爆の影響は永年にわたり過少評価され、未だに被害の全貌(ぜんぼう)は解明されていません。中でも、心の傷は深刻です。こうした状況を踏まえ、広島市では2か年掛けて、原爆体験の精神的影響などについて、科学的な調査を行います。そして、この調査は、悲劇と苦悩の中から生れた「核兵器は廃絶されることにだけ意味がある」という真理の重みをも私たちに教えてくれるはずです。

核兵器の廃絶を求める私たちが多数派であることは、様々な事実が示しています。地球人口の過半数を擁する自治体組織、「都市・自治体連合」が平和市長会議の活動を支持しているだけでなく、核不拡散条約は190か国が批准、非核兵器地帯条約は113か国・地域が署名、昨年我が国が国連に提出した核廃絶決議は 170か国が支持し、反対は米国を含む3か国だけです。今年11月には、人類の生存を最優先する多数派の声に耳を傾ける米国新大統領が誕生することを期待します。

日本国憲法は、こうした都市間関係をモデルとして世界を考える「パラダイム転換」の出発点とも言えます。我が国政府には、その憲法を遵守し、「ヒロシマ・ナガサキ議定書」の採択のために各国政府へ働き掛けるなど核兵器廃絶に向けて主導的な役割を果すことを求めます。さらに「黒い雨降雨地域」や海外の被爆者も含め、また原爆症の認定に当たっても、高齢化した被爆者の実態に即した温かい援護策の充実を要請します。

広島市が、被爆者の心の傷に着目した調査を行うこと、広島は核兵器廃絶の声に耳を傾ける大統領を期待すること、日本国憲法を遵守することなどを訴えている。

「核兵器は廃絶されることにだけ意味がある」

この言葉を、今年、胸に刻みたいと思う。

核兵器は、たった1発でも地球上にはあってはならない悪魔の爆弾だ。

テレビも新聞も、この日のことを伝えなくなった。みんなで今日という日を忘れようとしているのは、何故なのか?

一方で、在日米軍基地に寄港した米原子力原子力潜水艦の放射能漏れを、日本人は何ヶ月も知らないでいた。

伝えることが伝えられず、知りたいことを知ることができない。

日本という国の閉塞感は、被爆地・広島の声すら閉じ込めてしまうのだろうか。

せめて、ネットの片隅から、しつこく呼びかけ続けたい。

「そらめく.com」「そらめく日々」は、キノコ雲のない平和な空を望みます。

(関連サイト)

広島市長の平和宣言

|

« 清原和博の背水の陣 | トップページ | 久しぶりの北海道 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/42091192

この記事へのトラックバック一覧です: それでも広島は訴える 63年目の原爆の日:

« 清原和博の背水の陣 | トップページ | 久しぶりの北海道 »