« 政治の話は嫌いだけど | トップページ | 眞鍋姉さん、鎌倉へようこそ。紫陽花がキレイな季節だよー。 »

2008年6月14日 (土)

岩手・宮城で震度6強 オカルトに走らず地震と向き合おう

大きな地震があると必ず話題になるのが、地震雲。今回も、ネットのあちらこちらで見かける。いや、今回はもっとひどくなったような気がする。

考えてもみてほしい。

仮に地震雲が地震を予兆するとしよう。

ある日、地震雲を西の空に見つけて、間違いないっ、明日は大きな地震があると「予知」する。そんなときに東京都心の会社で働いていたら、間違いなく死ぬ。今日は会社を休んで避難しよう。

果たして、地震から逃れることができるだろうか。

逃げられないよね。

会社に電話する。

「ここ数日で大地震が来るんで、会社休みます」

次の日、机がなくなっているだろう。

公的機関が地震を予知しない限り、地震から逃げることすら叶わないのだ。

ネットは地震雲情報であふれている。今日も見た、昨日も見た、一昨日も見た・・。地震雲を見つける人は、年がら年中、地震雲を見つけている。

地震雲を見つけてすぐ地震が起きれば覚えているが、地震雲を見つけたのに地震が起きなかったときのことは忘れている。

やっかいなのは、地震雲を見つけてもいないのに地震が起きたことなんて、最初から無視する。

よって、地震雲情報をあてにしようとしても、どこの誰の情報を信用したら良いのか分からない。

冷静に考えれば分かるが、東海地震のようにすぐにでも起こりそうな地震すら、何十年も予知したまま起きない。それには、頭の良い学者たちがたくさん集まって、ああでもない、こおでもないと大騒ぎするが、結局、東海地震は起きていない。

なのに、あなたの近所にいるごく普通の主婦とか、インターネットにはまっている引きこもり少年がたまたま窓から雲を見つけたからといって、近い未来に来る大地震なんて予知できるというのだろうか。

それって、秋庭俊先生が、「我こそは地下の権威」と叫んでいるのとレベルが変わらない。

選民思想以外の何ものでもないのだ。

個人が地震を予知することなど、不可能だ。

もっとも、オイラは、予知そのものがオカルトだと思っている。

東海地震を予知している学者たちなんて、「来る来る詐欺」だと思う。来るぞーっと国民を脅しておいて、多額の研究費を税金から搾り取る。詐欺以外の何ものでもない。

大地震は、東海に限らず、どこにでも来る。

予知には、ほとんど意味がないのだ。

いつも、このブログで叫んでいるけど、大切なのは、いつ地震が来るのかではなく、地震が来たらどうするのか、地震が来る前に何を準備するのか、なのだ。

建築会社が耐震偽装しているときに、予知なんて何の意味もない。

大地と空は、そんな単純にはできていない。

いい加減、地震雲というオカルトから解放されてはどうだろうか。

今回、地震雲情報で助かった人が、たった1人でもいただろうか。昨日地震雲を見たから震源から逃げて、生き残ったという人がいるのだろうか。

地震雲よりも、緊急地震速報のほうが役に立ったのではないだろうか。

こんな大変なときだからこそ、オカルトに走らず、地震という自然現象を真正面から向き合うべきなのだ。

逃げずに。

|

« 政治の話は嫌いだけど | トップページ | 眞鍋姉さん、鎌倉へようこそ。紫陽花がキレイな季節だよー。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「疑似科学入門」(池内了著)岩波新書
も是非お奨めです。

ヒョッとしたら私は既に、オカルトに毒されているのかもしれない(笑
 今回の崖崩れの映像を見ていると、山林の木々の根が浅い様に見えてしょうがない。
 しかも、それらは不採算、保全者不足故に、今全国に拡がる見捨てられたとまでは言わないが、管理が満足に行われていない、杉、檜の人工林の様に見える。
 ちゃんと調査をした訳でもなく、テレビジョンの映像のみでこんなことを語る。
 こんな人々のカルトに毒された私の頭(笑
http://homepage2.nifty.com/kumamori/

投稿: 陸壱玖 | 2008年6月15日 (日) 00時26分

おはようございます。

人災としての側面と、自然災害としての側面、どのくらいの割合なのか、現状では分からないですね。被害に遭った方々の中に、ブナの原生林を守る団体の方々がいたということは、すべて人工林ってわけでもなさそうですが。

投稿: mori-chi | 2008年6月15日 (日) 08時29分

横レスすみません
大規模崩落は「地滑り」とわかりました。地質的なもので表面の森は関係ないようです。ヘリ中継では気付かなかったのに、新聞写真で納得いきました。テレビは当てにならないかな…

投稿: くびきのコッペル | 2008年6月15日 (日) 12時10分

みたいですね。山が丸ごと滑った感じですよね。それにしても、鎌倉を含め、山間部にべたーっと住宅地が張り付いているところって多いです。同じことが起きたら、どうなることやら。

投稿: mori-chi | 2008年6月15日 (日) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/41533642

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手・宮城で震度6強 オカルトに走らず地震と向き合おう:

« 政治の話は嫌いだけど | トップページ | 眞鍋姉さん、鎌倉へようこそ。紫陽花がキレイな季節だよー。 »