« 東京で水爆が爆発、のリアル〜松本清張『神と野獣の日』(角川文庫) | トップページ | 岩手・宮城で震度6強 オカルトに走らず地震と向き合おう »

2008年6月12日 (木)

政治の話は嫌いだけど

まあ、いっか、独り言と聞き流してほしい。

国会の会期末に、あまりにも遅すぎてタイミングが最悪な、首相問責決議。

史上初とか、民意だとか、マスコミって平和だなー。

えっ、審議拒否っすか。いや、もう国会終わるけど・・・。

日曜日の朝に戦隊ヒーローものがテレビでやってるよね。あれ、ちょうど目が覚める頃にやってるから、トーストかじりながら、ついつい観てしまう。

オイラの子どもの頃から、さっぱり変わらない。

正義の味方は、最初は強くない。悪者に、やられて、やられて、それでも最後には追いつめる。

最後の最後に、トドメの一発に、最終兵器を悪者に食らわす。

いきなり出さないよね。

だって、戦い始めていきなり最終兵器出して、敵がへっちゃらだったら、それで、ジ・エンドだもんね。

じわじわと追いつめて、最後に必殺の一撃を食らわす。

一番効果的な場面で一番効果的な兵器で相手を倒す。これが、正義のヒーローってもんだ。

で、政治の話に戻そう。

今回の問責決議は、どうだろうか。

福田首相は、追いつめられていただろうか。

いないよね。

だって、衆院で自民党は3分の2の議席がある。解散なんてするわけない。支持率が例えゼロになったとしても、福田さんは、任期ギリギリまで解散せずに、任期を全うすることができる。福田さん一人のことではなくて、自民党の代議士からすれば、選挙をやったら落選することが分かっているのに、解散なんてするわけない。

しかも、国会はすでに会期末。審議拒否したって、痛くもかゆくもない。通すべき法案は、自民と民主で「協議」して、とっくの昔に通している。

じゃ、問責決議案&審議拒否って何なんだ?

これまでの民主党の「出すぞ出すぞ」ってのは、ある意味、出す出す詐欺みたいなもんだ。

何で、こんな滑稽な政治劇が繰り広げられるのか。

結論は簡単だ。

戦隊ヒーローの「赤」が、敵とつるんでいるからに決まっている。

問責決議のカードを握っているのは、「赤」だ。

菅直人とか鳩山由紀夫とかは、「緑」とか「青」なのだ。つまり、合体ロボで言えば、腕だったり、足だったりするわけだ。

審議拒否で、後期高齢者医療制度の廃止なんて、どこかに吹っ飛んでしまう。民主党自身が提出して、参院で可決され、衆院に送付された法案だって、忘れ去られる。

党首討論もやらないって。

こんなにあちこちで国民が悲鳴をあげているというのに、国会は空転する。次の国会まで、後期高齢者はいったいどうしたらいいのだ。ガソリンはどうなった?

あ、余談だけど、民主党が後期高齢者医療制度を廃止しようなんて、本気では思っていない。ネタにきまっている。

その証拠に、地方議会では、民主党が後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書に反対しているところがある。

廃止を求める署名しちゃっているおじいちゃんやおばあちゃんには申し訳ないが、あれは、民主党の「ネタ」だと思う。

なんで、そんなことが起こるのか。

繰り返すが、「赤」が、「政治」をしているからだ。

哀しいが、それが、政治というものなのだと思う。

だから、オイラは、政治が大嫌いなのだ。

ふと思い出したけど、昔のヒーローものの特撮に登場する悪人は、ほのぼのしていた。

世界征服を狙っているくせに、どこかの田舎町の保育園のお迎えバスを襲ったりする。

そんな幼児を襲っても、世界は征服できませんからっ!!!

せいぜい、実刑食らうのが精一杯。死刑どころか、初犯なら結構早く出所できるかも?てか、怪獣とかに刑法って通じるの?

でもさ、今の政治劇って、そんなレベルのような気がしない?

|

« 東京で水爆が爆発、のリアル〜松本清張『神と野獣の日』(角川文庫) | トップページ | 岩手・宮城で震度6強 オカルトに走らず地震と向き合おう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

管理人様
度々失礼いたします。

「ダイパニック号はいつ沈むのか」というブログも
是非おすすめです。

投稿: kikunoka | 2008年6月14日 (土) 10時00分

いつも読んでくれてありがとうです。いろんなブログを知ってらっしゃるのですね。

投稿: mori-chi | 2008年6月14日 (土) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/41513379

この記事へのトラックバック一覧です: 政治の話は嫌いだけど:

« 東京で水爆が爆発、のリアル〜松本清張『神と野獣の日』(角川文庫) | トップページ | 岩手・宮城で震度6強 オカルトに走らず地震と向き合おう »