« 硫化水素自殺? | トップページ | 吉野家の鰻丼 »

2008年5月30日 (金)

【秋庭系オカルト堂】使い古された捏造理論を焼き直した心霊番組の悲哀

この1週間、忙しくてテレビをのんびり観る暇もなかった。

29日の夜、フジテレビ系『奇跡体験!アンビリーバボー』に秋庭俊先生が登場し、得意の地下ネタを披露していらっしゃったようだ。

そのせいか、オイラもブログのアクセス数は、木曜日の夜から今日にかけて、普段の3倍近く増えた。

おそらく、秋庭先生について、知らなかった方もいらっしゃると思うので、ちょっとご紹介しておきたい。

秋庭俊先生は、取材をした結果として本を書くのではなく、その「極秘」資料のほとんどを、都立中央図書館で入手している。彼が、極秘の地下網があるとする仮説の根拠となる資料は、都立中央図書館に所蔵している書物や資料に掲載されているもので、中には普通に市販されている新書も含まれている。

仮説は、基本的には、誰でも手に入る資料から勝手に妄想して、捏造するのがパターンだ。

あたかも自分が見つけたような顔をして、他人の著作を丸写しして、ひどいと勝手な書き加えや修正までやってしまう。

人格の捏造も行う。後藤新平、中村順平、秋庭本に登場する人物は、哀しいくらいに人格をねじ曲げられ、地下の秘密を隠蔽した犯人にさせられる。

仮説の滑稽さが問題なのではなく、秋庭先生のアプローチそのものに人間として問題があると、オイラはいつも苦言を呈しているのだ。

具体的に番組の内容を検証しておくと・・・。

国会議事堂の地下通路や首相官邸の極秘地下道については、以下のエントリーをご覧いただきたい。

秋庭系東京地下物語'07《秘密》

結論から言えば、国会議事堂周辺の地下道は、都市伝説でもなんでもないし、誰かが隠していたわけでもない。秋庭先生は、民間人で知っているのは俺っちだけだよーって自慢しているが、オイラは、秋庭先生の知らない地下道を知っている。

首相官邸からの抜け穴は、実際に存在していたものだ。ここでも秋庭先生は、自分だけが知り得た事実かのように自慢しているが、市販された本に全部書いてある。首相官邸の担当者が知らないのは、本を読んでいないだけだ。

ところで、地下道を通って赤坂に遊びに行ったのは、椎名悦三郎官房長官。それを毎日新聞の記者にちくったのは、田中竜男文相だ。ちなみに、秋庭先生は、『帝都東京・隠された地下網の秘密』では、三木武夫首相がトンネルを通って赤坂に遊びに行ったと捏造している。

ウソを書いたというなら、そう認めるべきだと思う。

清水谷公園を地下探査レーダーで調べると、そこには地下13メートルに地下構造物が。千代田区役所に問い合わせると、下水道管がありますよと。

なるほどー。

ところが、番組は、「下水道工事関係者」なる人物を登場させて、「下水道管は地下40メートルにあるから、この空洞は下水道管ではない」という証言をさせる。

地下40メートルに下水道管?

考えてもみてほしい。公園の地下40メートルに下水道管。ありうるか?

千代田線の国会議事堂前駅が、地上から38メートル地点。それよりも深い場所にある下水道管って?

下水道管は、自然の勾配を使って水を流す。そんな深い下水管、何に使うんだろうか。

そもそも、この地下探査レーダーは、地下13メートルにある地下構造物を見つけることができたのに、何故地下40メートルの下水道管を見つけられなかったのだろうか。

番組は、ここで捏造をしている。

地下鉄丸ノ内線のカーブについては、下のエントリーをお読みいただきたい。

東京の地下鉄は戦前にすでに作られていたという噂は本当か?26

ヤードで計算されたカーブが、仮に戦前に設計されたとして、この200ヤードのトンネルが戦前に建設された証拠にはならない。あくまで戦前に設計されただけで、それを戦後の設計に反映させれば、カーブは200ヤードになる。実際、丸ノ内線のこの区間は、戦前営団が一部着手して、すぐに工事が中止されている。設計が丸々戦後に流用されていても、何の不思議もない。

さて、ここで番組は、青山やすしさんを登場させている。

これ自体はどうというわけじゃないが、青山さん、仕事選ぼうよ(笑)

最後は、外国に有事の際の地下施設があったという事実をもって、日本にもあるはずだというこじつけが行われている。

隣の家の晩ご飯がステーキだから、我が家もステーキに違いない、そんな論理である。

心霊番組に登場してジャーナリストを気取るっていったい・・・。

それも、あまりにも使い古された虚言を使っている。認識の進展は、まったく見られない。

やはり、『隠された地下網の秘密』以来、新たな取材はできず、図書館に籠もっていただけらしい。

フジテレビは、まだ、『あるある大辞典』捏造問題の本質が分かっていない。捏造テレビが、捏造作家を呼んで、捏造番組をつくる、あまりにもはまりすぎていて、ちょっと気持ち悪い。

(関連サイト)

奇跡体験!アンビリーバボー(番組公式サイト)

(参考文献)

|

« 硫化水素自殺? | トップページ | 吉野家の鰻丼 »

秋庭系オカルト堂」カテゴリの記事

コメント

放映分を見ていないので、何とも言えないのですが、映像とは大分にニュアンスが異なるような?

http://www.fujitv.co.jp/unb/index2.html

しかし、教養じゃなくてバラエティーだから虚偽放送に当らないってのかしら?

投稿: 陸壱玖 | 2008年6月 1日 (日) 03時32分

こんにちは(^-^)/

まあ、心霊番組ですからね~(笑)何があっても霊の仕業なんでしょうね(^◇^;)

しかし、ゴールデンタイムは、久しぶりでしょうから、秋庭先生もかなり興奮したでしょうね。

投稿: mori-chi | 2008年6月 1日 (日) 15時56分

放送見ました。

あまりにもひどい内容でしたね。
公園の地下の件は明らかに無理やり言わせた感が・・・。

ただ、米国のホワイトサルファー・スプリングスの地下施設の映像はなかなかのものでした。

投稿: JACK | 2008年6月 6日 (金) 01時13分

こんばんは(^-^)/

ご覧になりましたか。秋庭さんが目星をつけた公園があまりにも信憑性に欠けて、こじつけしないと企画が成り立たなかったんでしょうね(^_^;)

投稿: mori-chi | 2008年6月 6日 (金) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/41374584

この記事へのトラックバック一覧です: 【秋庭系オカルト堂】使い古された捏造理論を焼き直した心霊番組の悲哀:

» 対人恐怖症 克服 [対人恐怖症 克服]
対人恐怖症 克服 [続きを読む]

受信: 2008年5月30日 (金) 23時38分

« 硫化水素自殺? | トップページ | 吉野家の鰻丼 »