« 【秋庭系オカルト堂】地下の都市伝説の権威・秋庭俊先生がオカルト作家を脱しきれない理由 | トップページ | 眞鍋姉さん、激しく同意するよ(笑) »

2008年4月13日 (日)

【秋庭系オカルト堂】テレビの地下特集に激萌え(笑)オカルト番組だが、目の付け所は悪くない。

今日は寒かったね。ここんところ、とくかく仕事が忙しい。精神的に追いつめられていると、ブログまで手が回らない。

今夜、テレビ朝日系列の『近未来予測テレビ・ジキル&ハイド2時間スペシャル・あなたの足もとに未来がある! 日本の巨大地下!仰天潜入スペシャル』を観た。

おそらく、「地下」に絞って2時間も特集する番組は、オイラの記憶が確かなら、初めてのことだ。

中身は、それほど新鮮味がなかったように思える。

が、登場した専門家が冴えている。

この番組で登場した専門家は3人。

東京都副知事を経験した青山やすしさん
京都大学教授の大西有三さん
日本大学理工学部の岸井隆幸さん

おそらく、だが、この番組の影のバックボーンは、青山さんだと思う。大江戸線の都市伝説、副都心線の工事、リニア新幹線、環七地下貯水池・・、それぞれ彼が都庁にいた頃に計画を立案し、実行にうつしたものばかりだ。

彼は、東京の地下のキーマンだ。

秋庭本に没頭している人は、秋庭俊先生が地下の権威と思っていると思うが、秋庭先生なんて、東京の地下のことを何も知らない。

おそらく、もっと早い段階で秋庭先生が青山さんに出会っていたなら、現在の秋庭本など成立しなかったであろう。哀しいかな、秋庭本の第1弾が発売された当時、青山さんは現職の副知事で、自ら語る立場ではなかったのだ。

ちなみに青山さんは、後藤新平の研究家でもある。

大江戸線の備蓄倉庫はかなり有名で、「場所が分からない」ように撮影されたはずのあそこは、ほとんどバレバレだったような気がするが・・・(笑)、“ぴーっ”駅だよね(爆)

録画している方、あそこに登場した都庁の職員の肩書きに注目していただきたい。

交通局ではなかった。

福祉保健局だったよね。オイラなんて、そこに萌え(爆)

番組の中で、スタッフが交通局に電話しているシーンがあったけど、実は交通局というのは、東京の地下のほんの一部しか把握していない。つまり、地下鉄のことしか知らないのだ。

都庁は、国と同じ、縦割り組織だ。

縦割り組織は、その地下を、やはり縦割りで使い分けているということだ。

地下備蓄倉庫を管理しているのは、地下鉄を担当する交通局でもなければ、災害対策を担当する総務局でもない、もちろん、環七地下貯水池を建設した建設局でもないのだ。

だが、ドア1枚隔てた向こうには、交通局の管理区域がある。

これが、地下のおもしろいところ。

だ〜れも、一括管理なんてしていない。

戦前から一貫して、日本の官僚機構は縦割りだし、それは現代の地下管理も縦割りだということだ。

それだけを認識しただけで、秋庭系では地下の秘密なんて紐解けないことがお分かりと思う。

あ、横道にそれちゃったね。

この番組の中身はともかくとして、その人選の的確さに惚れた。

ちょっと過激なことを書いておけば、ここに登場した3人の専門家の「嘘」をどう打ち破るかが、地下の利権をオイラたちに取り戻すことにつながる。

例えば、地下の中央環状線が全通しても、渋滞はなくならない。そんなのありえない。山手トンネルの吸気口は、有害物質を除去しているだろうか。もしも除去しているなら、何故あんな高い塔を建てる必要があったのか。何を拡散しているのか。環七の地下貯水池ができれば、都市型洪水から住民を守ることができるのか。

それぞれに、違う側面からの反論が用意できる。

検証とは、そういうものだ。

ここで、「テレビじゃ、やばいことはしゃべれないよなー」なんて、オカルト的に思考停止すると、何も分からなくなる。

脳をきちんと回転させていただきたい。

本当に、3人の専門家は、正しいことをしゃべっているだろうか?

(関連サイト)

朝日放送『近未来予測テレビ・ジキル&ハイド』公式ページ

|

« 【秋庭系オカルト堂】地下の都市伝説の権威・秋庭俊先生がオカルト作家を脱しきれない理由 | トップページ | 眞鍋姉さん、激しく同意するよ(笑) »

秋庭系オカルト堂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/40871681

この記事へのトラックバック一覧です: 【秋庭系オカルト堂】テレビの地下特集に激萌え(笑)オカルト番組だが、目の付け所は悪くない。:

« 【秋庭系オカルト堂】地下の都市伝説の権威・秋庭俊先生がオカルト作家を脱しきれない理由 | トップページ | 眞鍋姉さん、激しく同意するよ(笑) »