« 鉄平さん、キャパ考えて予約入れようよ(汗) | トップページ | 東海道線人身事故でダイヤ乱れ »

2008年3月 4日 (火)

ドラマ『ハチミツとクローバー』がついに修正できなかったこと

それぞれが答えを出そうと必死にもがいている第9話。

告白して、キスして、くっついて、別れて・・・そういうのは、月9に任せておけばいい。『ハチミツとクローバー』なんだから、下手な変化球なんて投げないで、原作が追い求めていたテーマを見つけて、脚本家なりのドラマをつくれば良かったのだよ。

ここまで9話。

この本を書いた脚本家は、ようやく『ハチクロ』を捕まえたんだと思う。

残念ながら、修正しきれなかった部分があるのだが。

森田の貫通行動は、ここまでさっぱり分からない。ニューヨークに行ったり、絵を描いてみたり、やっぱりやめたり。このキャラの希薄さが、最後の最後までドラマを浅くしている。

森田よりも、キム兄演ずるローマイヤ先輩の方がキャラがしっかりしている気がするのは、オイラだけなんだろうか。

真山は、原作通りのむっつりすけべぶりを好演している。竹本くんは、原作よりくだけすぎているが、大人になりきれない悩める少年を演じきっている。自転車の旅が中途半端なのが残念だが、ハグちゃんへの告白までしっかり伏線をはり、成長している。相変わらず答えが出し切れずにいるところも、竹本くんらしい。

森田だけがハッキリしない。

そして、相変わらずの高橋ひとみ演ずるおばさん教授。こんな大物俳優を使っておいて、ここに来るまで延々と説明台詞しか吐かない。感情がほとんどない。

それと共鳴するかのように、花本先生の無個性ぶり。立ち振る舞いばかり漫画の花本先生っぽいくせに、しゃべる台詞はほとんど説明ばかりで、彼自身の感情がほとんど見えない。

この2人のキャラ設定と台詞まわしの失敗は、このドラマの決定的な弱点になっている。

今夜はもう1つ指摘を。

理花さんの、やけに強い女キャラはいったい・・・。

亡き夫のために1人で戦っている弱々しい理花さんのイメージからすると、孤独感も、焦燥感も、弱々しさもなく、守ってあげようという気持ちになれない。瀬戸朝香さん、頑張っているが、もともと持っているキャラが強すぎる。

たぶん、女としての強がり方の違い・・・ここが脚本家や演出が読み間違えたところなんだろうな。

そして、最後の大事件

この物語を知っている人なら、この事件がどんな結末につながるのか、よーく知っていると思う。

ここから大切なのは、花本先生の存在。

もう、これまでのような説明台詞では、この過酷な試練を乗り越えさせることはできないはず。

涙なくしては読めなかった、あの漫画のラストへと、ドラマがどうつなげてくれるのか。

(関連サイト)

ドラマ『ハチミツとクローバー』公式サイト(フジテレビ)

|

« 鉄平さん、キャパ考えて予約入れようよ(汗) | トップページ | 東海道線人身事故でダイヤ乱れ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/40373958

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『ハチミツとクローバー』がついに修正できなかったこと:

« 鉄平さん、キャパ考えて予約入れようよ(汗) | トップページ | 東海道線人身事故でダイヤ乱れ »