« 死に体を英雄にしようとしたのは誰なのか? | トップページ | さようなら、さようなら、寝台急行「銀河」 »

2008年3月11日 (火)

急ぎすぎて、盛り上げすぎ・・・だが、まあ、しゃあないか、ドラマ『ハチミツとクローバー』

ついに佳境に入ったフジテレビ系ドラマ『ハチミツとクローバー』。最初の数回は、ひどいこけ方をしていたが、徐々に本来の『ハチクロ』を取り戻すことができた。

最後の2話は、ひとえに花本先生の説明台詞を回避することが大命題である。

原作のラストを知っている人なら、これから先、花本先生の存在がどれだけ大切なのか、お分かりかと思う。

さてさて、どうなったか。

ハグちゃんの怪我は、盛り上げすぎ。

腕の怪我で、全身麻酔するか?

あまりにも盛り上げた途端に、花本先生の、例によって不器用な説明台詞が始まる。

こりゃ、いかんなー。

やはり、ここは克服できなかったか。

森田は、キャラ設定は失敗したままだが、演技はどうにか人間らしくなってきた。台詞も生きていると思う。どう軌道修正したのか知らないが、大根がよくやっている、といったところか。

真山も、相変わらず大根だなー。でも、この大根ぶりが、むっつりスケベを端的に表現しているような気がして、オイラは好きだな。

それにしても、最終回が近いとはいえ、物語を急いでいる。分かるけどね。ドラマは回数が限られているから、最終回で一番盛り上げようと思うと、直前の2話くらいはどうしても慌ててしまうものだ。特に最終回の1話前は、たくさん布石を打ちまくって、消化不良になりがちだ。

最後の最後まで、花本先生は、ハグちゃんの病状を説明、説明、解説、解説・・・。

大丈夫なのか?

このままで最終回に突入できるのか?

もしかして、原作とは別の最終回が用意されているのかな。

これは、原作もののドラマではありがち。

原作ものに限らず、テレビドラマは最終回で奇をてらいすぎる傾向がある。脚本家が、しばられていた欲求を一気に解放するのだ。普通ならボツになるような展開をやってしまうことがある。だから、それなりに視聴率をとっていたドラマでも、最終回は不評だったりすることが多い。

『ハチクロ』は果たして?

コミックを読んでいる方は、ああなって、こうなって、ええーって展開をご存知だし、ドラマを観ていてもそれを期待しているんだろう。

見事に裏切るのか、予定調和なのか。

要は、テーマを貫けばいいわけで。

大切なのは、何を伝えたいのか、なわけで。

テレビドラマの最終回は、視聴者を裏切る。

この法則、たぶん、『ハチクロ』も同じなんじゃないかな。

さてさて。

ちなみに、今回は原作通りの展開。

次は?

 

(関連サイト)

ハチミツとクローバー公式サイト(フジテレビ)

|

« 死に体を英雄にしようとしたのは誰なのか? | トップページ | さようなら、さようなら、寝台急行「銀河」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/40467625

この記事へのトラックバック一覧です: 急ぎすぎて、盛り上げすぎ・・・だが、まあ、しゃあないか、ドラマ『ハチミツとクローバー』:

« 死に体を英雄にしようとしたのは誰なのか? | トップページ | さようなら、さようなら、寝台急行「銀河」 »