« ミステリーゾーン(笑) | トップページ | 遠くまで飛び去ったドラマ『ハチミツとクローバー』 »

2008年2月12日 (火)

ひどいオカルト番組〜「起こる可能性がある」と「起こる」の違い

テレビ東京がオカルト番組をやっている。

緊急来日!史上最強の予言者ジュセリーノ

ブラジルの怪しげな予言者を連れてきて、大地震が起きる!鳥インフルエンでたくさん人が死ぬ!小惑星が地球に激突する!とバカ騒ぎする番組だ。

この番組には独特のからくりがある。

「起こる可能性がある」と「実際に起こる」ということを混同して、映像でごちゃまぜにすると、こういう新興宗教の洗脳ビデオのような番組ができる。

つくっていて恥ずかしくないのだろうか。

てか、出演しているタレントがバカすぎる。

例えば、アジアの某国に2008年9月13日に大地震が起こり、巨大津波が襲うという「予知夢」を予言者が見る。

どんな夢を見ようが勝手だし、それをどう紹介しようと自由だ。

だが、番組はいきなり、マジな科学者を登場させ、「予知夢」の出来事が実際に起こりうるかどうかを語らせる。

そりゃ、起こるに決まってるでしょ。

大地震も、巨大津波も、過去の歴史で起こることが実証されている。日付を除けば、子どもにでも考えられる「可能性」だ。

さらに起震車まで登場させ、バカタレントに体験までさせる。

しかも、大津波の説明をする際に、チリ地震の映像と合わせて、映画『ディープインパクト』の津波のシーンを挟む。

これって、隕石が衝突して起こっている津波でしょ?

大地震の津波と関係ないじゃん!

こんな津波が来たら、日本列島が沈むでしょ。

学者は冷静だ。

「日付まで予想することは、日本の地震学では不可能」「日付は信用しないほうがいい」と語らせる。

だが、タレントたちは専門家の言葉を右から左へと受け流すように、ひたすら怖がる。

次は、新型インフルエンザが猛威をふるうという予言。

そりゃ、ふるうよね(笑)

驚いたのは、テレビに出演しているバカタレントが、鳥インフルエンザが人間に感染するという事実を知らなかったということ。

こいつ新聞読んだことないのか?

番組は、いかに日本が新型インフルエンザに対する備えができていないのかを力説する。ここでも、大の科学者がのこのことオカルト番組に出てきて、「証言」している。

「可能性」としてあり得ることと、実際に起こるか否かは別の話だ。

この番組で流している映像を、いかがわしい予言者抜きで観たら、ただの科学番組になる。

「予知夢」という、いかにもオカルトちっくなアイテムを加えるだけで、壮大なオカルト番組へと変貌する。

科学の衣を被ってオカルトに引き込む。

この番組がやっているのは、新興宗教の勧誘ビデオとレベルが変わらない。

テレビ東京は、心霊とかUFOとかやらないテレビ局かと思っていたので、ちょっと意外だ。

最後は、小惑星が何年に地球に激突する。

予言者くんが、NASAが発見した小惑星をあらかじめ予言していたってことだけど、この予知夢はなかなかリアルらしくて、小惑星の軌道計算までNASAとばっちり一致している。

あらかじめNASAの報告書を見ていなければ分からないような事実を、予言者くんは「夢」に見たというのだ。

ここまで観てきて気づいた。

この予言者、世の中の専門家が抱いている仮説を逸脱するような予知は1つもしていない。必ず専門家がうなずく「予言」をしている。

専門家はこういうけど、実は違って、こうなんだよっていう予言がないのだ。

科学者たちと異なるのは、やけに具体的に時期や場所を特定しているってことだけ。

で、最後の小惑星の予言では、ついに何年に地球に最接近して、軌道が変わると何年後に地球に激突するところまで専門家と同じ計算をしているのだ。

つまり、これって、予言者くんは、物知りってだけのことだよね(笑)

 

この予言者くん、本まで出すそうな。

勘弁してくれよ。

番組公式ページ

|

« ミステリーゾーン(笑) | トップページ | 遠くまで飛び去ったドラマ『ハチミツとクローバー』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

まぁ、世の中
RISK=起こるかもしれない事(蓋然性)

MISS OR ERROR=起きちゃった事
の区別が良うつけられん企業が山ほどあるんですから。
ミスやエラーをリスクだリスクだと言い立てて、じゃあその事象をリスクと扱って、対応するかと言うと、ミスやエラーの扱いで対応、つまり処分とか、対応策の規定化とかするもんだから、リスクコントロールとかちゃんとやろうとすると、どんな扱いされるか判ったもんじゃない。なにせ、RISK=MISS OR ERROR。まともに取り組もうとしても、怖くて、怖くて、それがネックで真っ当に取り組もうって奴が出てこれないってのがあるようです。
コントロールとか、管理ってのは切り分けだから、決断したくない人にはRISKは蓋然性じゃなくてミスやエラーの方が都合が良いんでしょうね
そう言う企業がスポンサーについてるんですから、TV局がそんなオカルトや疑似科学に走るのもむべなるかなと思っちまいますな。
 あっ、2ちゃん八代目スレ落ちましたね(笑 九代目は起つのかな?

投稿: 陸壱玖 | 2008年2月14日 (木) 23時01分

おはようございます(^-^)/

あーゆーのは落ちたり、起ったりするもんなのですね(¨;)(当たり前か)個人的には1スレではなく巨大掲示板丸ごと落ちてほしいですが(笑)

預言者ものは当たらないから短命だと思うんです。しかも9月13日大地震説だから、わずか半年の命。短期決戦で売り切るってのは大変だろうなーなんて、書店に山積みになった予言本を見て思いました。

うちは「○年度版」で売ってるんで営業マンに少し同情。年末には、誰も覚えていないんだろうなぁ(Θ_Θ)

投稿: mori-chi | 2008年2月15日 (金) 07時58分

秋庭朝日ネタ(正確には秋庭さんは関係ないが(笑)
今通勤電車内で見かける朝日新聞の勧誘広告「知る。はじまる。朝日新聞」、ご存知ですか?
今朝までは、バーガーショップで朝○ッ○をする男の子が「社会の動きを知らないで、社会人とは言えないッス。」と曰わっているキャプション。
「ッス」って段階で社会人としてはどうよ、ッテ突込みをどこかで入れてやろうと思って、夕方携帯構えたら
「知る。はじまる。朝日新聞」の別の中吊りに替ってました。
バーガーショップ篇は二日間位しか掛ってなかった様な気がするんですが。不思議ですね(笑

投稿: 陸壱玖 | 2008年2月15日 (金) 22時04分

おはようございます。

オイラ、その広告、まだ見てません。ハンバーガーショップから抗議でも来たんでしょうか。うちの客はそんなに軽くないぞって(笑)朝日も大変ですな。「ッス」な若者うけする新聞つくんないと。今の路線じゃ・・・どうかなー(汗)

そう言えば読売のデカ文字にちょっとビビりました。ああなると、本文が小見出しなみの大きさになってしまう。そのうち新聞は見出ししかなくなってしまうんじゃないだろうか(爆)

投稿: mori-chi | 2008年2月16日 (土) 09時20分

今朝 ここの

http://info.asahi.com/index.html

FLASH見たら、男の子はバーガー齧りながら、
「就職したら、自分から学んでいかないとダメだって、わかったんです。」
と曰わく、私には言い訳としか思えない(笑 コピーに変わってた。

>「ッス」って段階で社会人としてはどうよ、ッテ突込みをどこかで・・・。

チッ!感ずかれたか(笑

>そう言えば読売のデカ文字にちょっとビビりました。

朝日もはっきり読めるようにとか、毎日も大きくなるだか、なっただか。販拡ならぬ文字拡競争。紳士が作ってヤクザが売るさもしい心根は何処も同じ。連中やりだしたらコンプラも何も無くやりますから。

>そのうち新聞は見出ししかなくなってしまうんじゃないだろうか(爆)

そのうち、一面に一文字って、釘師サブやんの見開き頁にパチンコ球一個状態まで行くんじゃないかな(笑

投稿: 陸壱玖 | 2008年2月16日 (土) 09時44分

どうもです。

某夕刊紙の1面みたく、見出しと写真だけで攻める時代が来てしまうんでしょうか(汗)

そう言えば、「ジャーナリスト宣言」が懐かしいですなー(遠い目)

投稿: mori-chi | 2008年2月16日 (土) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/40102132

この記事へのトラックバック一覧です: ひどいオカルト番組〜「起こる可能性がある」と「起こる」の違い:

« ミステリーゾーン(笑) | トップページ | 遠くまで飛び去ったドラマ『ハチミツとクローバー』 »