« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の19件の記事

2008年2月26日 (火)

だんだん良くなる、ドラマ『ハチミツとクローバー』・・でも、気になる視聴率

ここまで修正できたのは何故だろうか。

もともと最初からこのレベルを維持できたら、ここまで視聴率が低迷することはなかったんじゃないだろうか。

すごく心残りだ。

中途半端なコント、不必要なラブシーン、大根役者の説明台詞、ハグちゃん目線のストーリー展開・・・これらが排除されて、本来の『ハチクロ』が表現されている。

でもドラマはすでに終盤。

実に残念だ。

続きを読む "だんだん良くなる、ドラマ『ハチミツとクローバー』・・でも、気になる視聴率"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

イルカはご機嫌

イルカはご機嫌
オイラは新江の島水族館の年間パスポートを持っていて、ふらっと、まるで近所のコンビニにでも行くようなノリで、えのすいに向かう。

今日は、やけにイルカたちがまったりしていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

春一番とめぐめぐズ

午前中はポカポカ陽気で温度計は20度を超えてしまった。お昼くらいだろうか、猛烈な突風が吹き荒れ、そのうち気象庁もウェザーニュースも春一番を発表した。

生暖かい風はだんだん冷たい風に変わり、夕方には気温は急降下。おそらく明朝はマイナスになるだろう。

凍える夜のusuライブ。今日はめぐめぐズとして登場なのだ。

続きを読む "春一番とめぐめぐズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

ホームライナー小田原に出没するぴちゃぴちゃ星人の憂鬱

ホームライナー小田原に出没するぴちゃぴちゃ星人の憂鬱
会社帰りに座席定員制のホームライナー小田原に乗ることがある。新宿から藤沢まで500円余計に払えば、特急車両の座席で座っていけるのだから、なかなか快適だ。

東京発着の湘南ライナーと比べると空いているのも嬉しい。

が、かなりの頻度で出没する、ぴちゃぴちゃおじさんがウザい。これが困りものだ。

何も食べていないのに、音を立てるのだ。

ぴちゃぴちゃ・・

たまたま音がしたくらいならいいが、発車してから藤沢に着くまで延々と続くから、キレそうになる。

オイラも車内トラブルを避けたいので、ぴちゃぴちゃおじさんがいないかどうか確認するんだが、今日は席に座ったあとに真後ろの席にぴちゃぴちゃおじさんが現れた。

もう移動する席は空いていない。

どうやらレモン酎ハイを呑んでいるらしい。

しかし、酎ハイでどうして、騒音になるほどの舌音を出すんだろう。

オイラは、どうして、こんな音を立てなければならないのか分からないのだ。

たまらずデッキに出た。

ケータイで通話しているとか、ウォークマンの音漏れがひどいならモラル違反だろうが、これは?

ぴちゃぴちゃ・・

おじさんの持病だとか言われたらたまらんなあ。

これを読んでいるぴちゃぴちゃおじさんがいたら、伝えたい。

それは騒音です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

昭和の旅愁

昭和の旅愁
昭和の旅愁
昭和の旅愁
昭和の旅愁
昭和の旅愁
仕事帰りに東京駅を使うことが多い。たまに夕方の九州行きブルートレインに出くわすことがある。

現在東京から九州まで走る唯一のブルトレ。12両のうち半分は熊本行き特急はやぶさ、残り半分は大分行き特急富士。かつては両者とも、はやぶさは鹿児島本線経由、富士は日豊本線経由で西鹿児島(現在の鹿児島中央)まで走っていたことを知る人も減った。

古びた車両。旅愁というより哀愁が漂う昭和の名残。

でも、それってJRが時代の変化についていけてない証拠かもしれない。

売り方さえ工夫すれば、夜行列車はもっと稼げると思う。格安の長距離バスが大ヒットしているのは、安いからだけじゃない。

昭和の哀愁なんていらんのだよ。

必要なのは快適な汽車旅。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

うまい。これならいけるぞ、ドラマ『ハチミツとクローバー』

最初からこれだけの出来があれば、ここまで低迷することはなかったんじゃないか。

先週までの視聴率は、一度も上がることはなかった。一桁台をひたすら低空飛行。打ち切りもささやかれるほどの重傷から、よくも、ここまで立ち直ってきたと思う。

この物語は、ハグちゃんの物語ではなくて、ハグちゃんを取り巻く青年たちの物語なのだ。

だから、ハグちゃん目線で物語を流してはいけない。

それに気づいたのかどうか分からないが、主演がそれぞれの個性を光らせるようになった。

一度離れた視聴者は戻ってこないと思う。

せめて、フィニッシュはきれいに納めて欲しいんだが・・・。

続きを読む "うまい。これならいけるぞ、ドラマ『ハチミツとクローバー』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

騒がしい男と弾ける歌姫

ぱんっ!ぱんっ!

がしゃがしゃ・・・

ぱんっ!ぱんっ!ぱぱぱぱんっ!

ぱぱんっ!

とにかく、スゴい音がするのだ。

先週土曜日、藤沢から湘南新宿ラインの快速のグリーン車に乗ったのだ。夕方の都心行きの電車なので、座席はガラガラだった。

通路を挟んで、すぐ横に座るおじさんが、ビールを飲みながら新聞を読んでいたのだ。

日経である。

ぱんっ!ぱんぱんっ!

ガラガラの車内に鳴り響く音。

確かに新聞紙は、開いたり、めくったりすると、大きな音がするけど、いくら何でも大げさなのだ。

このおじさん、驚くべきことに、戸塚を出る頃、グリーンアテンダントのお姉さんに、「日本酒ないかな」と話しかけた。

居酒屋じゃないんだから・・。

日本酒がないと分かると、再び、音を立て始めた。

いや、本人には騒音という認識はない。

ただ、新聞を読みたいだけなんだと思う。

が、酔っぱらいは概して自ら発する音に鈍感である。

そう言えば、オイラの会社にもかつて、そういう酔っぱらいがいた。

ものすごい騒音を立てて新聞を読んだり、紙の書類を片付けたりする。

独り言が多い。

心当たりのある人、いるんじゃないだろうか?

続きを読む "騒がしい男と弾ける歌姫"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

眞鍋姉さん、洗濯機壊す怪力はどっからくるの?

オイラは、壊れたCDプレイヤーをずーっと殴り続けて使いこなしたことがある。買ったのはまだCDが市場に流通していなかった時期で、レコード屋でも商品がなかった。で、サンプルでついてきたCDをずっと聴いていた。それを、大学に入学した頃まで使い続けた。

これが、何年かするとCDを聴けなくなってしまい、修理に出してもすぐに壊れるようになった。

不思議なもんで、ぶん殴ると直る。

何だか漫画みたいなCDプレイヤーなのだ。

大学に入って、さすがに殴っても動かなくなったので、仕方なく電気屋に持っていくと、

「殴るからです」

とあっさり突っ込まれた。

いや、違うんだよ、殴ると動く機械なの。・・・そんなの電気屋さんが信じるわけもなく。

修理は何万円もかかるというから、修理に出すのはやめてしまった。

でも、それ以降も、殴っているうちに直ったりした(笑)

殴られて成長する子もいるのかなー(爆)

ところで、オイラが使っていた先代の洗濯機は、操作パネルがはがれるまで使った。設置場所が屋外だったので、もともと傷みが激しかったけど、さすがに操作パネルがずこんとはがれ落ちたときには焦った。

なんせ、コードにぶらさがった裸のパネルだけが残ったのだ。

ボタンを押す部分は残っていて、押すと動くんだけど、どこを押したらいいのか分からないから、当てずっぽうだ。長年使いこなした勘でしかない。

10年間もその洗濯機を使ったけれど、オイラが引っ越しを考え出したときに、悟ったように動かなくなった。

処分してくれた業者が驚いていた。

「こんなのが動くんですねー」

そんなわけで、眞鍋姉さんにトラックバック。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

遠くまで飛び去ったドラマ『ハチミツとクローバー』

相変わらず大根役者がそろっている。が、キャラクターは確かに動き出した。

演じる側の問題ではなく、脚本がうまく修正されつつあるんじゃないか。

くどいくらい繰り返しているように、

この物語は、

ハグちゃん目線でドラマを流さない

というのが鉄則だ。

ハグちゃんは、どこまでも誰かの見た客観的な存在でしかない。

そして、ラブシーンは禁物。

この物語でラブシーンをやると、自然とハグちゃん目線にせざるをえない。それでは、片思いがテーマの物語が壊れる。

それにしても、どいつもこいつも大根だ。

続きを読む "遠くまで飛び去ったドラマ『ハチミツとクローバー』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひどいオカルト番組〜「起こる可能性がある」と「起こる」の違い

テレビ東京がオカルト番組をやっている。

緊急来日!史上最強の予言者ジュセリーノ

ブラジルの怪しげな予言者を連れてきて、大地震が起きる!鳥インフルエンでたくさん人が死ぬ!小惑星が地球に激突する!とバカ騒ぎする番組だ。

この番組には独特のからくりがある。

「起こる可能性がある」と「実際に起こる」ということを混同して、映像でごちゃまぜにすると、こういう新興宗教の洗脳ビデオのような番組ができる。

つくっていて恥ずかしくないのだろうか。

てか、出演しているタレントがバカすぎる。

続きを読む "ひどいオカルト番組〜「起こる可能性がある」と「起こる」の違い"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

ミステリーゾーン(笑)

ミステリーゾーン(笑)
どうしても買う勇気が出ない(¨;)

おでんとか出て来たらどうするよ(゜o゜)ヾ(--;デナイデナイ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日の空@四谷天窓.comfort

久しぶりのライブネタ。別にライブも行かずに湘南に引きこもっていたわけではなく、結構都心に出かけている。

ただ、帰宅すると日付が変わる頃で、ブログを書く時間がないだけだ。

昨夜は、

タマネギ頭のボーカルさんとはにかみ屋のピアノ弾きさんが織りなす胸きゅんユニット

のライブだった。

続きを読む "2008年2月10日の空@四谷天窓.comfort"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 9日 (土)

DVDで映画『ハチミツとクローバー』を観た。

現在フジテレビ系列で放映されている『ハチミツとクローバー』があまりにもできが悪いので、お口直しってわけではないのだが、救いを求めて、観ていなかった映画版に手を出してしまった。

テレビ版と同様、ジャニーズ系の若造に頼ったキャスティングが気になるし、登場する役者はハグちゃんと花本先生以外、さっぱり分からない。

でも、映画としての出来は、ドラマとはまったく違い、すばらしい。

『ハチクロ』が何たるかを、理解している。

良い本を書き、絶妙にうまく絵にしている。

ドラマ版とのギャップが激しかった。

続きを読む "DVDで映画『ハチミツとクローバー』を観た。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

フジテレビ系ドラマ『ハチミツとクローバー』のはずだが・・・

毎週火曜日午後9時、8チャンネルをつけると、『ハチミツとクローバー』をやってるはず・・・だが・・・。

そこには、確かに同じキャスティングのドラマらしきものが流れている。

すでにキャスティングを除いて、『ハチクロ』の面影すらない。

いや、キャスティングすら、原作と同じ名前の人物が登場するだけで、それ以外はまったく原作とは異なる、同名のドラマが展開されている。

そっか、ふっきれたのか(笑)

続きを読む "フジテレビ系ドラマ『ハチミツとクローバー』のはずだが・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

羊水が腐るわけないじゃん

そんなん、言ってる本人すら、本気で信じちゃいないでしょ。

またもや、1人炎上した。

たかだか歌がうまいだけのじゃりん子が後先考えずにラジオで冗談ぶちかまして、炎上して、メディアから消される。

こーゆーので爽快感を感じている人、多いんだろうか。

続きを読む "羊水が腐るわけないじゃん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海に降る雪

海に降る雪
海に降る雪
すんごいことになっている。

サザンが真夏の恋を唄う湘南で、浜辺を真っ白に染める大雪。北国もびっくり。

江ノ電が止まらないことを願うばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【秋庭系オカルト堂】地下の都市伝説の権威・秋庭俊先生が、道路特定財源問題で民主党に期待「暫定税率を廃止すれば極秘地下街路は造れなくなるぞ!」

秋庭俊先生、久しぶりの「近況報告」である。

道路特定財源によって、高田馬場・馬場下町交差点下を通過する政府専用の地下道が建設されたことは、『新説・東京地下要塞』で指摘したとおり。暫定税率を 延長すれば、さらに政府の地下網が拡大されるだけのことで、自民党の利権はまさにこの「道路特定財源」に集中しているといっても過言ではありません。民主 党に期待します。

(爆笑)

とりあえず笑っておこう。それにしても、朝日の血が流れているよね。ジャーナリストもどきたちって、どうしてこうなんだろう。

ただ、オカルト作家が期待を表明したら、民主党としてはいい迷惑なんだろうけど。

続きを読む "【秋庭系オカルト堂】地下の都市伝説の権威・秋庭俊先生が、道路特定財源問題で民主党に期待「暫定税率を廃止すれば極秘地下街路は造れなくなるぞ!」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

そして、明日は大雪

今夜未明から関東地方に大雪が降るらしい。

関東南部に雪を降らせる要因は、南岸低気圧と忍者雲の2つがある。今回関東に雪を降らせるのは南岸低気圧。

関東地方の雪はなかなか予報が難しいんだけど、ウエザーニュースの最新見解では東京に大雪の可能性があると報じていた。

続きを読む "そして、明日は大雪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

金星と木星が大接近

今朝目を覚ますと、午前5時半頃。東の空はうっすらと夜が明け始めていた。

オイラは、2つの輝く星を見つけた。

何だ?

この時間はよく明けの明星が見えるので、1つは金星だとして、もう1つは?

ウエザーニュースのサイトで確認してみると、もう1つは木星だというのだ。

南東の空には、この時間、がのぼっている。月の近くには赤いアンタレスが輝いているはずだ。このアンタレスを胸に抱くさそり座の左に、ひときわ明るく輝く星が金星、その下が木星である。

金星と木星が最も接近するのは、2月1日の午後10時頃、ちょうど今頃だ。でも、観測ができるのは、2月2日の早朝である。

ちなみに2月4日の明け方には、南東の空の水平線近くに、細い三日月の横に金星と木星が並ぶという天体ショーを目撃することができる。

今朝は、見つけて、あとで写真にうつそうとしているうちに夜が明けてしまい、金星も木星も見えなくなってしまって、月だけが残った。明るくなってからではだめで、夜明けの、ほんの少し東の空が明るみ始めた頃だけである。

この時期、寒いかわりに空気が澄んでいるので、星空の輝きが1年で最も美しい。

土星も今の時期、東の空に見える。

しし座の1等星レグルスより明るく輝いているのが、土星。2月21日の夜には満月と並ぶ。

昔実家で天体望遠鏡を持っていて、生まれて初めて土星の輪を確認したときは、感動した。

今は、見かけ上最も明るいので、観測にはもってこいらしい。

明日、早朝の天気は晴れ。天体観測には最高の天気となりそうだが、問題は気温だ。

おそらく、0度前後になるだろう。

今朝もすっごく寒かったけれど、防寒対策をしっかりしないと、マジに風邪をひく。

早起きして、コート着て、マフラーして、湯たんぽ抱きしめつつ、早朝の天体ショー。

悪くないが、これを楽しむにはかなり根性がいるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »