« 秋庭先生、おめでとう(Θ_Θ) | トップページ | 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(延長戦1) »

2008年1月 8日 (火)

フジテレビ系ドラマ『ハチミツとクローバー』を観た。

おそらく、ヒロインを登場させるのに、こんなに平凡で下手でベタベタなドラマ、なかなか出会えるもんじゃない。

満開の桜の下でニッコリ微笑むヒロイン・・・ドラマシナリオのゼミなら、「ステレオタイプ」で切り捨てられる。

本が悪すぎる。

どんちゃんやっているが、中身がない。男4人のキャラクターがみんな金太郎飴。

オイラは『ハチミツとクローバー』のファンだから、なおさらそう思うのかもしんないけど、原作漫画のイメージとかコンセプトを横に置いたとしても、こいつはひどい。

めったにしゃべらないという設定のはぐちゃんが、初対面の竹本くんに微笑んだり、近づいたり。

映像もちょっと変。

雨がざんざん降っているのに、太陽の日差しがさんさんと降り注いでいたり。お天気雨か?

出演者も・・

泉谷しげるときむ兄以外、誰も知らん(爆)

演技が下手すぎる。ハグちゃん以外は、下北の小劇場のほうが100万倍ウマい。

最近、漫画を原作にしたドラマが多すぎる。要は、業界で脚本家が育っていないってことなんだと思う。

『ハチクロ』をドラマ化するときの注意点は、こんな感じだと思う。

(1)ハグちゃん視線のシーンを入れない
(2)恋愛はしても、ラブシーンは入れない
(3)全体的にまったりムードに徹する

・・・でも、これをやっちゃ、ゴールデンが持たないんだろう。

この物語の特徴は、竹本くんがハグちゃんを一目惚れする瞬間がすべてで、そこで失敗するとドラマがまったく盛り上がらないってことだ。

そういう意味では、このドラマ、大失敗だった。

まさか、キスシーンなんて登場したりはしないよね。

 

   ・・・あるんだろーなー。フジテレビだもんなー。

|

« 秋庭先生、おめでとう(Θ_Θ) | トップページ | 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(延長戦1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/17625163

この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビ系ドラマ『ハチミツとクローバー』を観た。:

« 秋庭先生、おめでとう(Θ_Θ) | トップページ | 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(延長戦1) »