« やっぱり違う、ドラマ『ハチミツとクローバー』 | トップページ | 映画『I Am Regend』を観た。 »

2008年1月17日 (木)

1・17「予知」から「予防」への転換を

1995年1月17日午前5時46分に起きた阪神淡路大震災から13年の年月が過ぎた。

「震災」という言葉は、関東大震災しか知らなかった。

オイラは、阪神淡路大震災を伝える新聞で初めて「震災」という言葉が当てはまる地震を目にしたのだ。

あれから、人は次の震災に向けて一歩でも進歩することができたのだろうか。

オイラは、子どもの頃、名古屋に育ち、大地震と言えば、東海地震だと思っていた。生まれたのは1968年、今から40年も前だが、小学生、中学生くらいの頃から次に起こる大きな地震は、東海地震だと思いこんでいた。

大学時代、京都に住んだが、近畿地方は地震が少ない場所だから安心という思い込みがあった。

何の因果か、オイラは阪神淡路大震災の前年の1994年に東京に上京し、就職活動で神戸の会社の面接に行ったが、見事に落とされ、結果として今の会社にいる。

ほんの少し運命が変わっていたら、オイラも震災を経験していたかもしれない。

その後も日本の各地で大きな地震が相次いだ。

さすがに「震災」と名の付く地震はなかったが、中越地震では震度7も記録した。数多くの犠牲者があったなかで、肝心要の東海地震はさっぱり来る気配がない。

理屈としては、大地震が来ないということはありえない。関東にせよ、北海道にせよ、九州にせよ、必ず巨大地震は来る。

実際、首都直下地震が来る確率は、30年以内に70%である。

でも、地震が来ることを予知することなんてできない。

地震に備えることはできても、予め察知するなんて不可能なのだ。

ところが。

東海地震という、いつ来るのか見当もつかないような地震のために国は莫大な予算をつぎ込み、予知を行おうとしている。実際予知できるかどうかも分からないのに。

人間の長い、長い歴史の中で、地震を直前に予知した科学者などただの1人もいない。大地震が起こりそうな場所を当てた人はいるけどね。

にも関わらず、東海地震では地震が起きそうだということになると警戒宣言まで出しちゃうというから、いったい何の根拠があって宣言しちゃうんだろうと首を傾げてしまう。

当たるかどうかも分からない占いみたいな「予知」に膨大な税金を投入し、その一方で数々の大地震で多くの人が犠牲になっている。

政府や地震学者がそんなことをやっているものだから、国民はますますオカルトに走りたくなる。

ネット上でよく見かけるでしょ。

地震雲を見ただとか、電磁波がどうだとか。

地震学者が束になってかかって、膨大な税金を何十年も投入し続けているっていうのに、ただの1つの大地震も予知できていない。なのに、ど素人が空を眺めて、雲を見つけて、地震が起きるかどうか分かるんなら、誰も苦労しない。

オイラは、予知なんて占いと同程度だと思っている。

科学者がオカルトにハマっているだけだ。

今必要なのは、地震を予知することではなく、予防すること。

阪神淡路大震災で亡くなった方の8割は圧死か窒息死だった。

建築基準法の旧耐震基準の建物は片っ端から倒れた。神戸市役所の庁舎が、新しいほうだけ無傷で、古いほうが途中階でつぶれていた。古い木造家屋が倒壊し、火災で焼けている映像を観たことがあると思う。

一部の自治体には、住宅の耐震改修助成制度がある。これがさっぱり実績があがらない。1年にゼロ件の自治体もある。使い物にならないのだ。

ぼろい家に住んでいる人はたいてい貧乏人だ。

貧乏人には現金がない。助成制度は100%助成してくれるわけじゃないから、助成制度を使いたくても、お金を出せないわけだ。

あと、貧乏人といえば、お年寄り。自分たちがあと何年生きられるか分からないのに、何百万という大金を使って耐震改修するという気にならない。

実績がある自治体でも、年間数十件あればいいくらい。

こんな牛歩のような耐震化をしていたら、次の関東大震災はおろか、次の次の関東大震災だって間に合わないかもしれない。

東海地震は必ず来る。でも、来る前に教えてくれる人なんていない。←国は教えるつもりらしいが、実際には恐くて誰も警戒宣言なんて出せないだろう。

だからこそ、地震に強いまちとひとをつくることから始めるべきなのだ。

地震雲だとか電磁波だとかいうオカルトから解放されよう。

予知なんて、地震学者の道楽に過ぎない。

オイラたちは、オイラたち自身で、震災から身を守る方法を考えよう。

もちろん、オカルト抜きで。

 

あ、ところで、こんな難しい話をしたあとで、なんやけど、突然だが眞鍋姉さんにトラックバック(笑)

よし。

近所のバーに行って飲んでくるか。

女ひとりですでに酔った状態で行っても

マスター温かく見守ってね。

眞鍋姉さん、最後の「い」っていったい・・・(汗)

酔っぱらっている美人はなかなかそそられるけどね。

飲み過ぎ注意だよー。

|

« やっぱり違う、ドラマ『ハチミツとクローバー』 | トップページ | 映画『I Am Regend』を観た。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/17731537

この記事へのトラックバック一覧です: 1・17「予知」から「予防」への転換を:

« やっぱり違う、ドラマ『ハチミツとクローバー』 | トップページ | 映画『I Am Regend』を観た。 »