« フジテレビ系ドラマ『ハチミツとクローバー』を観た。 | トップページ | 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(延長戦2) »

2008年1月 9日 (水)

【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(延長戦1)

そんなこんなで、延長戦に突入したい。

これを片付けないと新年が明けた気がしない。

地下のオカルト作家・秋庭俊先生が「隠された地下網」を紐解く唯一のバイブル「GHQの地図」・・・その正体が今、暴かれる。

AMS L874

この地図は果たして、「インテリジェント・リポート」なのだろうか?

まずはどこで手に入れたのか。

国立国会図書館の地図室にはAMSシリーズの地図がたくさん所蔵されていて、年明けの本編でも紹介したL774も閲覧することができる。国立国会図書館では、L874も所蔵しているが、何故か東京に関連するものだけが存在しなかった。この図書館でないものはどこでも見つからないと、この時点で思ったのが間違いだった。

都立中央図書館東京室という、秋庭先生の拠点をすっかり忘れていたのだ。

検索したら、案の定、ヒットした。

L874の東京周辺の地図だけが、都立中央図書館にあったのだ。

所蔵印の日付は、

59.11.17

つまり昭和59年(1984年)11月17日、今から24年も前に都立中央図書館に置かれたのだ。

『帝都東京・隠された地下網の秘密』(新潮文庫)より。

戦後五十年を過ぎた頃から、アメリカでは極秘資料の期限が次々に切れ、いま、占領関係の情報が公開ラッシュを迎えている。これはそのなかの新着の一枚であり、国会図書館でも、まだ、閲覧できないかもしれない。(P28)

これはいったい、どういうことだろうか。秋庭先生は何故、こんな嘘をつく必要があったのだろうか。

L874e これが正真正銘、L874である。P29に掲載されている。

これもやはり、カラーなのだ。L774と比較してみると似ていることが分かる。L774では道路を真っ赤に塗っていたが、L874では道路は真っ白である。

実はこの地図、タイトルに「Tokyo」とは記されていないのだ。秋庭先生は自著の参考文献にL774と並べて『TOKYO MAP』という表題を書いているけど、そんなタイトルどこにもない。

この地図は、

CENTRAL HONSHU ICHIKAWA SW SHEET 6054 2 SW

なんと「市川」なのである。

SWというのは、SouthWestの略である。つまり、市川の南西。なんでそんなまどろっこしいタイトルなのかは分からないが、皇居を境に西側にある地図のタイトルは、「TOKYO」という文字が入っている。

連合国最高司令官総司令部・GHQは、一九五三年(昭和二十八)、「AMS(U.S.Army Map Serviseの略)-L874」という地図を製作している。(P27)

この地図のどこにもGHQが作成したという記述は存在しない。AMSとは、L774でも書いたように旧米国陸軍地図局だ。地図の製作年は、1953年ではなく、1952年である。基本的な記述から誤っている。

欄外には、以下のような文章がある。

例によって、オイラは英語は操れないが(笑)

AMS L874.

Second Edition-AMS(FEC)
Prepared under the direction of the Chief of Engineers by the Army Service(IN), U.S.Army,Washington,D.C.Redrawn in 1945 from Japan, 1:25000,Japanese Imperial Land Survey, Tokyo,Central Section, 1934. Hydrography compiled by the Hydragraphic Office,U.S.Navy, 1945. Planimetric detail revised from aerial photography dated 1944-45 by photo-planimetric methods; Intelligence Reports, 1943-1945. Place names transcribed according to the Modiffied Hepburn(Romaji)system.
Information pertaining to bombed or destroyed features is taken only from the photography indicated in  the Coverage Diagram and is not necessarily complete.

あったよ、「Intelligence Reports」。

ただし、タイトルではない。この地図のことを指していないことは分かると思う。

引き続き『帝都東京・隠された地下網の秘密』(新潮文庫)から。

この地図にはインテリジェント・リポート、つまり、諜報報告というタイトルがついている。(P27)

そんな事実はない。これを読む限り、「Intelligence Reports」は1943年から1945年までのものを参考にしているという意味合いにしか理解できない。どのように活用されたのかこの記述では分からないが、少なくともこの地図そのものが「Intelligence Reports」ということはない。

今回も凡例を見てみよう。

L874f 「LEGEND」の下に2行文章がある。こう書いてある。

Alignment and classification of roads in areas not covered by aerial photography is not reliable.
In areas of photo coverage, alignment of roads is reliable,but classification is  not reliable.

どうだろうか。

同じく『隠された地下網』から。

「航空写真に写らない道路については、道幅や舗装などについて、これを保証しない」
などと書かれている。(P28)

これをどう訳すと、こんな翻訳になるんだろうか。

「道幅」は?「舗装」は?「Alignment」?「classification」?

てか「など」「について」「これを」は?

「保証しない」ではなく、「信頼できない」では?

これって、英語の分からないオイラなりに訳してみると、

航空写真でカバーできない範囲にある道路の線形と分類は、信頼できない。
航空写真でカバーできる範囲では、線形は信頼できるが、分類は信頼できない。

こう書いてあるんだと思う。

秋庭先生、海外取材の経験あったよね・・・。

同じく『隠された地下網』から。

GHQの「AMS-L874」はそれまでのスタイルを一新し、アルファベットの「S」を使って地下鉄のルートを表している。(P359)

スタイルを一新って・・・(汗)

これまではいったい地下鉄のルートを何で表していたのだろうか。そもそも時間軸が混乱している。この地図の作成年は、秋庭先生が同時に引用したL774と同じ1952年。「これまでのスタイル」も何も、L774とL874は連続していない。L774は5万分の1だけど、L874は2万5千分の1だ。両方とも「セントラル本州」だけれど、L774が本州の連続した地図なのに対し、L874は都市部のみの地図である。

そもそも、双方とも東京だけを対象とした地図ではないのだ。

そんなこんなで、次回はさらにL874の中身に踏み込もう。

(つづく)

秋庭系東京地下物語'07《初恋》

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

延長戦1 延長戦2 延長戦3 延長戦4

|

« フジテレビ系ドラマ『ハチミツとクローバー』を観た。 | トップページ | 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(延長戦2) »

秋庭系東京地下物語2007」カテゴリの記事

コメント

Intelligence
Intelligent
全然意味違うじゃん。違和感あったんだよ。でも、片仮名で書かれていたから、違和感で終わってたのね。
こらぁっ!て感じだよね。

投稿: 陸壱玖 | 2008年1月10日 (木) 01時22分

おはようございます(^-^)/

オイラも「インテリジェント・リポート」という言葉にはしっくりこなかったのですが、調べてみると、「Intelligence Reports」というのは、軍や政府の情報機関の報告書という意味があるらしいです。ですので、秋庭先生の「諜報報告」という直訳は、あながち間違ってはいないのです。

ただし、地図そのものがIntelligence Reportsならアメリカの公文書館が開示しなければ手に入らないですが、この地図に書かれている注釈は、地図を作成するときに参照したというだけで、地図がIntelligence Reportsというわけではないんです。

もう1点指摘すると、「Intelligence Reports」という記述は、L774や占領地図にはないのですが、秋庭先生は意図的にこれらの地図を混在させてIntelligence Reportsとして扱っている、ここも秋庭先生流の捏造だと思います。

投稿: mori-chi | 2008年1月10日 (木) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/17634640

この記事へのトラックバック一覧です: 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(延長戦1):

« フジテレビ系ドラマ『ハチミツとクローバー』を観た。 | トップページ | 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(延長戦2) »