« 脆いICカードシステム | トップページ | 今年はいつまでたっても考える、「強い」の意味 »

2007年10月12日 (金)

やっぱり考えてしまった「強い」の意味

そう言えば亀田の長男は、ボコボコに殴られて、ダウンまで喫して、チャンピオンになったっけ。あのときもTBSだった。

テレビを観ながら、

「強い」ってこういうことか?って思った。

昨年の大晦日、K1の秋山vs桜庭も、クリーム塗ってツルツルの秋山さんが、桜庭さんをボコボコに殴っていた。ああ、あのときもTBSだった。

テレビを観ながら、

「強い」ってこういうことか?って思った。

2007年、どこまでも首を傾げてしまう、「強い」の基準。もう秋になったというのに、TBSは最後の最後まで「強い」の意味をはき違えたまま崩壊していく。

昨夜はたまたまテレビをスイッチを入れたら、亀田vs内藤のボクシングだった。どう考えても、内藤の優勢。それでも、亀田家のお兄ちゃんはボコボコに殴られてダウンを喫してもチャンピオンベルトをつかんだんだから、まだ油断はできない。最終ラウンドで、亀田大毅がめちゃくちゃな反則をしているのを観て、ああ、決まったなと思った。

視聴率は高かったみたいだ。

昨年のボコボコお兄ちゃんといい、大晦日のぬるぬる秋山さんといい、今回のめちゃくちゃ次男ちゃんといい、TBSの格闘技中継は、ろくなものがない。

ただのちんぴら一家が何を妄言しようが、知ったことではない。世間が放置しておけば、納まるべき場所に納まるんじゃないだろうか。オイラはむしろ、こういうスポーツとは縁もゆかりもないエセエンターテイメントをゴールデンタイムに持ってくるTBSの倫理観に失望してしまう。

誤解を恐れず言えば、お兄ちゃんは、ビッグマウスだけど、まあ、それなりにリングで形を見せてくれる。無茶苦茶だが、スポーツとしては首を傾げるが、こういうエンターテイメントがあってもいいような気もする。が、次男は、もうボクシングとして成立していない。本人のモチベーションがそもそも希薄だし、何より弱い。

で、どうしてこんなアホな試合に、内藤大助なんてチャンピオンが担ぎ出され、多額のファイトマネーを払い、ゴールデンタイムにTBSが一方的に亀田寄りの実況中継をしてしまうのか。

諸悪の根源はTBSなんだが、日本人、何とかならんかねー。

「強い」って何だ?

亀田のようなのって、強いのか?

内藤大助は、強いってより、大人って気がした(笑)

内藤さんは、自分の身体をはって、「強い」の意味を伝えていたような気がする。

相手がとんでもなく弱っちかったので、真価を発揮できたとは思えないが、TBSのシナリオの想定外の試合を見せてくれた、っていうところはかなり評価したい。

正直、大毅くんは、もう観たくない。

そう言えば、TBSはかつてもワイドショーで問題を起こして、ワイドショーをすべて撤退させたことがあった。そのうち格闘技からも、視聴者からの批判を浴びて撤退するときが来るんじゃないだろうか。

いつまでも続くと思うな、TBS。

楽天さん、どうぞ買収してください。

|

« 脆いICカードシステム | トップページ | 今年はいつまでたっても考える、「強い」の意味 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/16742358

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり考えてしまった「強い」の意味:

« 脆いICカードシステム | トップページ | 今年はいつまでたっても考える、「強い」の意味 »