« やっぱり考えてしまった「強い」の意味 | トップページ | 眞鍋姉さん、休めない仕事ってきついよねー。 »

2007年10月14日 (日)

今年はいつまでたっても考える、「強い」の意味

ふと昨年末のK1の秋山vs桜庭の一戦を思い出した。年明けすぐに秋山さんが「ぬるぬる疑惑」に対して、こう言い訳したのだ。

多汗症だから。

その後、クリームをぬっていたことが判明した。

で、今回の亀田大毅と内藤大助の試合。お兄ちゃんがセコンドで大毅に反則行為を促したとされたことに「反論」した。

亀田家のボクシング用語

しつこいようだが共通するのは、どちらもTBSってことなのである。

今回、あちこちで亀田一家に対するバッシングが広がっているけれど、オイラは、

何を今さら・・・

って思う。

あの兄弟がここまで勝ってきたのは、ひとえにマッチメークのたまもの以外のなにものでもない。あの暴言やら粗暴なふるまいだって、最初から分かっていることで、今さら批判を始めるなんて、ずいぶん勝手だなと思う。

亀田一家の試合なんて、おもしろくも何ともない。

スポーツを純粋にスポーツとして楽しみたいなら、あんなボクシング、観れば観るほどしらける。ボクシングの試合に勝ったあとに唄っちゃうところなんて、

アホか、こいつは・・・

としか思わなかった。

そんなエセエンターテイメントをこれまでさんざん持ち上げてきたのは、いったいどこの誰だったんだろうか。

TBSが諸悪の根源だと思う。

今回も視聴率がそこそこ良かったらしいけど、視聴率さえ良ければ中身は問わない、テレビ局としては一番イヤな体質をそのまま見せつけられている。しかも、あからさまに亀田びいきの実況。

亀田一家は、マスメディアの応援なしにはここまで知名度を上げることはなかった。

テレビをはじめとするマスコミ・マスメディアが「強い」の意味をはき違えたところから、亀田一家の暴走は始まっている。

あーゆー人たちが世の中にいるのは、あーゆー人たちの勝手だ。それを持ち上げるマスメディアがいなければ、あーゆー人たちでしかなかったのだ。

少なくともオイラは、現実の世の中ではあーゆー人たちとは一線を画して生きていくと思う。関わり合わないと思う。ほとんどの人がそうではないだろうか。

テレビは、そういう2つの交わるはずのない世界の境界線をあいまいにさせる。

大騒ぎは、そろそろやめてはどうかと思う。

静かに、あーゆー人たちは、あーゆー人たちの住む世界に戻ればいいのだ。今、世界が求めている「強い」とは、あーゆー人たちではない。

TBSは、もう壊れた。

今年もあと数ヶ月。最後に本物の「強い」を見せてくれるのは誰なのか?

|

« やっぱり考えてしまった「強い」の意味 | トップページ | 眞鍋姉さん、休めない仕事ってきついよねー。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

秋庭さんが、近況報告で、秋庭流のフェアネスについて何かブツブツ言って居られます。
相変わらず、確認も裏取りもない、飛ばし記事です。
ご賞味あれ。モチロン急性の胃腸炎間違い無しのイカモノですが。

投稿: 陸壱玖 | 2007年10月20日 (土) 13時51分

>ボクシングに限らず、レフェリーが反則としないギリギリのところまで行くのはプロ・スポーツの一面

秋庭先生もきっと、こうやって訴えられないギリギリのところでオカルト本を出版しているという自覚があるから、こういう表現になるんでしょうね。レフェリーが何も言わなければ何をやってもいい、それは訴えられなければ他人の本をいくらでも丸写しOKというのと同じですしね。

投稿: mori-chi | 2007年10月20日 (土) 14時01分

他の格闘技はいざ知らず、ボクシングには何故あれほど厳しいクラス分けがあるのか、ドクターストップと言うように、医師に試合の停止を命じる権限を与えているのか、
シナリオの無い殴り合いを如何にスポーツとするか、そのためにどれだけの工夫と努力が払われているか。
それがボクシングのルールでしょ。
秋庭さんにはこの視点が完全に抜け落ちていますね。
テレビでの輪島氏の素晴らしくまともな発言
「だめだよあんなことしちゃ、ボクサーはプロレスと違って受け身の練習してないんだから。怪我するよ(危ないよ。だったかも)」
と照らしても秋庭さんの発言にうそ寒さを感じますね。
大勢が決まった後のパフォーマンス?
よけいやったらいかんじゃないか。

投稿: 陸壱玖 | 2007年10月20日 (土) 15時50分

秋庭先生はたぶん、よってたかって攻められている亀田一家&TBSと、自分とを重ね合わせているから、同情しているのでしょうね。亀田一家は自業自得だし、TBSに至っては格闘技にヤラセを持ち込んだ確信犯、いずれも同情の余地なんてないけど、エセジャーナリズムをふりかざしたインチキ本の著者としては、ある意味同胞のようなもんなんでしょう(`▽´)

投稿: mori-chi | 2007年10月20日 (土) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/16761969

この記事へのトラックバック一覧です: 今年はいつまでたっても考える、「強い」の意味:

« やっぱり考えてしまった「強い」の意味 | トップページ | 眞鍋姉さん、休めない仕事ってきついよねー。 »