« 幽霊に証言させて「ジャーナリズム」を装うオカルト本『大東京の地下鉄道99の謎』(秋庭俊著、二見文庫)の自爆 | トップページ | 秋庭俊先生渾身のオカルト小説『大東京の地下鉄道99の謎』(二見文庫)を読む・その1 »

2007年9月30日 (日)

昼間のライブは眠気が襲う・・が心地よい。ぐー。

今日はお昼の12時半から始まるライブで、お茶の水にあるKAKADOへ向かった。ここは初めてのハコだけど、普通に歩いていると通り過ぎてしまうような場所にある。開店前で人が並んでいなかったら迷子になっていたかもしれない。

はるか湘南から東海道線をかっ飛ばして訪れたライブのお目当ては、

日本松ひとみさん

おっとりとマイペースなピアノ弾き語りのシンガーソングライターである。

オイラが家を出た時間は10時頃。東海道線と丸ノ内線を乗り継いで、KAKADOに着くともう12時過ぎていた。

お昼のライブは、どことなく調子が狂う。

それは日本松ひとみちゃんも同じらしく、

「お昼のライブは初めてなんですよー。リハが11時頃で、それには何時で出なあかんってなって、リハのときなんか、こんな目(しょぼしょぼさせる)してピアノ弾いてたんです」

とのこと。

「ついさっき目が覚めました・・・」

観客側のオイラも、似たような感じ。

朝から冷たい雨が降っていて、肌寒くて、東海道線の車内では暖かい空調についついウトウト。いつの間にか東京駅に着いていた。

トップバッターの歌い手さんは、ほとんど頭に入らず。

日本松ちゃんの聞き慣れたピアノの調べで、ようやく身体が起きた感じだった。

少女らしいポップでカワイらしい歌を唄うと思いきや、

時折、彼女の年齢から考えられないような大人のメッセージを奏でる。

意外に器用にピアノを操り、豊富な詩の世界を持っている。

人見知りが激しくて、お互いに慣れるまで距離があるかもしれないけど、雰囲気そのものが暖かい人だと思う。

ところで。

今日のハコは、とにかくカメラ小僧が多かった。シャッター音が気になる。カメラ付き携帯電話もあちこちでかざしている。

まあ、天窓でも撮影している人は撮影しているので、慣れてはいるものの、これだけあちこちに乱立すると、アコースティックのライブというより、アイドルの撮影会みたいだ。

しかも、何を悦に浸っているのか知らないが、一眼レフを片手にあっちへふらふら、こっちへふらふら・・・。予備のレンズを落として、

どすん。ころころ。

あかん。これはハコの管理者かイベント企画者がきちんと止めに入らんとね。

歌を聴きに来ているわけでアイドルの撮影に来ているわけじゃない。

武器を持ってライブに臨んでも、集中できないと思うが。

最近、あちらこちらに質の良いアコースティック形式のライブハウスができて、ファンとしてはウレシい限りなのだが、どこまでも客が成長しないのが残念だ。ひどいとデジカメの電子音を響かせている人もいる。結局のところ、ハコの側で規制をかけるしかないように思う。あれはやるな、これはやるなというハコは息苦しいが、客の側で自分の首を絞めているのであれば、仕方ないのだろう。

(関連サイト)

日本松ひとみOFFICIAL WEB SITE

KAKADO

|

« 幽霊に証言させて「ジャーナリズム」を装うオカルト本『大東京の地下鉄道99の謎』(秋庭俊著、二見文庫)の自爆 | トップページ | 秋庭俊先生渾身のオカルト小説『大東京の地下鉄道99の謎』(二見文庫)を読む・その1 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 
はじめましてです。
 
湘南から、日本松さんを聴きに、いらしてたんですね~!
 
私も、日本松さんを聴きに行きましたが、中野からです。
 
日本松さん、MCで、よく喋るようになったと、思います.......
 

投稿:  カヲル  | 2007年10月 1日 (月) 18時07分

はじめまして(^.^)

確かに最近の日本松ちゃんはよくしゃべってます。昨日は特に絶好調だったような気がします。これからも楽しみですね。

投稿: mori-chi | 2007年10月 1日 (月) 20時19分

 
楽しみです―
 

投稿:  カヲル  | 2007年10月 2日 (火) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/16621973

この記事へのトラックバック一覧です: 昼間のライブは眠気が襲う・・が心地よい。ぐー。:

« 幽霊に証言させて「ジャーナリズム」を装うオカルト本『大東京の地下鉄道99の謎』(秋庭俊著、二見文庫)の自爆 | トップページ | 秋庭俊先生渾身のオカルト小説『大東京の地下鉄道99の謎』(二見文庫)を読む・その1 »