« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の38件の記事

2007年9月30日 (日)

昼間のライブは眠気が襲う・・が心地よい。ぐー。

今日はお昼の12時半から始まるライブで、お茶の水にあるKAKADOへ向かった。ここは初めてのハコだけど、普通に歩いていると通り過ぎてしまうような場所にある。開店前で人が並んでいなかったら迷子になっていたかもしれない。

はるか湘南から東海道線をかっ飛ばして訪れたライブのお目当ては、

日本松ひとみさん

おっとりとマイペースなピアノ弾き語りのシンガーソングライターである。

続きを読む "昼間のライブは眠気が襲う・・が心地よい。ぐー。"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

幽霊に証言させて「ジャーナリズム」を装うオカルト本『大東京の地下鉄道99の謎』(秋庭俊著、二見文庫)の自爆

ないものをあると言い張って、すでに8年。自称「ジャーナリスト」のオカルト作家・秋庭俊先生の苦労は痛いほど分かるのだ。

マジで「隠された地下網」が出てきてしまったら、その時点で秋庭先生の仕事は終わってしまう。

あるものをあると書いたり、ないものをないと書いたら本にならないから、先生はないものをあると書いて、8年間、「地下のオカルト作家の権威」として食いつないできたのだ。その限りにおいては決して見つかることはないから、秋庭先生の仕事は永遠になくならない。

大切なのは、そこにあるような気がする、ってこと。けっして本当に「何か」があってはならないのだ

それが、オカルト作家が永遠に「ジャーナリスト」を自称できる絶対条件なのだから。

続きを読む "幽霊に証言させて「ジャーナリズム」を装うオカルト本『大東京の地下鉄道99の謎』(秋庭俊著、二見文庫)の自爆"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

満月の夜に高田馬場へ

帰りの電車の車窓から夜空を見上げるとまん丸い月が空高く出ていた。そそ。今夜は十五夜から少しずれた満月の夜。なので、もしかすると十五夜よりも美しい月が出ているかもしれない。

そんな今夜は、引っ越してから最初の四谷天窓.comfortのライブ。

ソエpresents心にのこるうた。

そのタイトル通り、『心にのこる歌』を唄うアーティストばかりを集めたイベントである。

続きを読む "満月の夜に高田馬場へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

『湘南スタイル』2007年11月号を読んで秋の海に激萌え

帰りに麦茶を買いにコンビニに寄ると、『湘南スタイル』の11月号が並んでいた。さすがは湘南地域のコンビニ。どっさりと並んでいる。

特集は、

湘南は、秋がいい

うーん。激しく同意。にぎやかな夏が苦手なオイラは、やはり秋が一番落ち着く。引っ越しの時期を真夏ではなくて、この時期にしたのは偶然ではないのだ。

続きを読む "『湘南スタイル』2007年11月号を読んで秋の海に激萌え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

中秋の名月が満月じゃないって知ってた?

070925_195601そんなん、詐欺やでーって思っただろうか。でも十五夜が満月だとは限らないんだそうな。2005年の十五夜は確かに満月だったが、06、07、08年と、月が微妙に欠けた十五夜になる。

それでも、今夜は中秋の名月

ってわけで、オイラはさっそく仕事帰りに海岸へと向かったわけなのだ。

月が美しく感じたのは、生まれて初めてかもしれない。

1年に1度、最も美しい月がのぼる。

それは秋の始まりでもある。

続きを読む "中秋の名月が満月じゃないって知ってた?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

彼女の歌声はきっと温暖化から地球を救うってくらい美しい。

Sn380071久しぶりの恵比寿だった。都内に住んでいる頃には何ともない距離の場所だったが、先週引っ越してからは片道1時間半。19日のusuライブは仕事帰りというシチュエーションだったが、今回はわざわざ都内へと出なければならない。

東京都民には分からないかもしれないが、かなーりかったるいのだ。

が、それでも重い腰を上げて電車に乗ってはるばる向かうのは、それなりのライブだからなのだ。

今夜は、地球を歌声で救うアーティスト・木下直子ちゃんのツーマンライブ。

場所は、これまた久しぶりの恵比寿天窓.switchである。

続きを読む "彼女の歌声はきっと温暖化から地球を救うってくらい美しい。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御相席でもよろしいでしょうか?

御相席でもよろしいでしょうか?
たまにピクッて動くところが激萌え。涼しくて気持ち良いからなぁヽ(´ー`)ノ

ここは一応、飲食店なんだが、普通に野良猫が昼寝しているところが何とも・・

通りがかりの観光客が写メを撮りまくっている。

あ、また、ぴく、ぴく・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

今年一番のそらめく映画『めがね』の不思議な魅力

午前中は部屋の掃除をして、午後は近くの大型ホームセンターへと向かった。そのついでというわけではないが、店の前から出ているバスに乗って茅ヶ崎駅に出て、この辺で一番近い映画館へと足を運んだ。

今日観た映画は、

『めがね』

『かもめ食堂』でお馴染みの荻上直子監督、小林聡美主演。

結論から言うと、

たそがれるのが苦手な現代人にぜひ観てほしい、今年最高の映画

ってベタ褒めだったりするのだ。

続きを読む "今年一番のそらめく映画『めがね』の不思議な魅力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

眞鍋姉さん、エリートバナナには抱き枕もあるらしいよ

楽天市場で「エリートバナナ」と検索すると、出たよ、たくさん、「エリートバナナ」。

全37件

歯磨きセット、ティッシュケース、ランチクロス、アルミニウムボトル、卓上カレンダー・・・

そして、なんと、

Img55301474 抱き枕!!!!

さらに、

剥けるぬいぐるみ!!!!!!Img10487038574

剥くのか?

剥く必要があるのか?

しかも、大・中・小・・・

そんなわけで、今夜も眞鍋姉さんにトラックバックを送ってみる。

エリートバナナって何?って方、ぜひ楽天で検索していただきたい。

検索結果

(関連サイト)

眞鍋かをりのココだけの話

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月20日 (木)

眞鍋姉さん、オイラの携帯ストラップ、何と山手線

070920_224601眞鍋姉さんに勝る携帯ストラップがないもんかと引っ越しの荷物をあさってみたんだけど、結局これしか見あたらなかった。

某携帯サイトで当たった

山手線携帯ストラップ

結構レアな商品らしいよ。

ただ、これをケータイにぶら下げて山手線に乗るのは、かなーり勇気がいるよ。すっごい目立つし。

意外にデカい。

つり革型になっているところもニクいね。

眞鍋姉さんのバナ夫には負ける。

てか、バナ夫、ちょっとムカつかない?(笑)

携帯ストラップのくせに何でそんなに余裕綽々の態度なんだ?

「エリート」って?

うーん。

帰りに家電量販店のストラップコーナーを探したんだけど、バナ夫さん、見つからなかった。

残念。

残念ついでにトラックバック。

(関連サイト)

眞鍋かをりのココだけの話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ココロニクリカエスモノ』を繰り返すオイラ

usuの唄う曲はいろいろとあるけれど、この曲は何度繰り返し聴いても、そのタイトル通り心に繰り返してしまう名曲の1つなのだ。

今この瞬間も、何かと必死に戦っていてにっちもさっちもどうにもならなくなっている人っていると思う。どこかでリセットしてくても、そのタイミングすら逸して、行くところまで行って途方に暮れている人、いると思う。

大切なことを忘れて、私は一体誰?

『ココロニクリカエスモノ』・・・そんな心ならずも「戦士」な方々に聴いてもらいたい1曲なのだ。

続きを読む "『ココロニクリカエスモノ』を繰り返すオイラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

壊れている社会が生み出した、壊れている人の妄想

逃げ場のない社会は、人間を壊す。頑張らなくてもいいと思っても、周りの環境に恵まれていないと自らの周りの人々は勝手にファイティングモードになり、人間を壊そうとウズウズしている。行き場がなくなり、人間を壊して事態を打開したつもりになろうとするのだ。壊された人間はそれこそ行き場をなくし、妄想の世界で巨大な敵とたった一人で戦うことになる。

引っ越し前に読んだ1冊は、

晋遊舎ブラック新書『集団ストーカー 盗聴発見業者が見た真実』(古牧和都)

だった。

本を手に取ったときの印象とは全然違う内容だった。「集団ストーカー」という言葉はネット上でよく見かけていて、でも正体がよく分からないということもあるし、何よりオカルトチックなノリが多くて、どう捉えたらよいのか悩んでいたのだ。

「集団ストーカー」なる犯罪を暴くものではない、という点に半分は驚いて、半分はスッキリした。

続きを読む "壊れている社会が生み出した、壊れている人の妄想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

そんなこんなで、新生活がスタート

ようやくネットがつながった。今までADSLだったのが、今日からは100メガの光回線。何が違うって、そんなにビックリするほど違いはない。やっぱ、動画をガンガン落とすヘビーユーザーでないと、この快適さをそのまま実感することができないのだろうか。

それより何より、オイラの喜びは、

風呂とトイレが別になった

ってことなのだ。

もう、便器を気にしながら身体を洗う必要はない。貧しい経済成長の象徴のようなあのユニットバスとやらと、おさらばってわけなのだ。

で、引っ越しをした何よりの理由。

それは・・・。

続きを読む "そんなこんなで、新生活がスタート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

【引っ越しこぼれ話】このまちで

【引っ越しこぼれ話】このまちで
新居に着くと、どこからともなく唄い声が聴こえた。

民謡?
演歌?

誘われるがまま歩くとそこは海岸の漁港で、「港まつり」を開いていた。

引っ越した当日がお祭りなんて、素晴らしいタイミングだね。

ステージらしき空間で駆け出しの演歌歌手がこぶしをならしていた。

「大物になりたいんです」

そう言って唄い始めたのは、その名も

「大物」

という歌だった。

お祭り会場をあとにして近所のお店を探検中。

魚屋さんで見つけた。

「ブラックタイガーフライ」150円

(笑)

何だかワクワクo(^-^)oするね(笑)

このまちをふるさとにしたい

たった1時間で悟ってしもうたよ(≧▽≦)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【引っ越しこぼれ話】ほな、さいなら

【引っ越しこぼれ話】ほな、さいなら
1996年1月にこの部屋に住み着き、10年以上ここがオイラの家だったし、実は故郷だった気がする。

ずいぶん自分を孤独にさせたこともあったし、彼女や友人と夜を過ごしたこともあった。

良くも悪くも今の自分を育てた聖地。

あっという間で、でも大切な場所と時間。

これからJRで新たな土地へ。

ほな、さいなら(^-^)ノ~~

追伸

京王線、車両点検のためストップ(笑)

いきなり出鼻をくぢかれた(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

【引っ越しこぼれ話】オイラの子宮

【引っ越しこぼれ話】オイラの子宮
なんて書き方をすると、まるでオイラがマザコンみたいだけど、マザコンかどうかはともかく、11年前にここに移り住んだ頃、オイラは毎晩この居酒屋に入り浸りだったんだ。

今でさえこの辺は居酒屋が駅前に乱立するようになったけど、当時は午後8時を過ぎるとここしか空いている飲食店がなかった。不動産屋さんの触れ込みでは24時間営業のファミレスがあったはずだが、引っ越した頃にはもう潰れていた。

店長がこの地に店を出して13年、オイラはそのほとんどをともに歩んでいる。

まだ空っぽだったオイラの唯一の趣味は、この店のカウンターで毎晩少女漫画を読みあさることだった。

ここで読んだ漫画は、1000冊を越えていると思われる。一晩で2、3冊を読破することもある。帰宅したら日付が変わっていたこともあった。


店長「寂しいね。変な話だけど死んだお客さんもいるよ」

確かに最近見ない顔がある(;^_^A

酒を飲んでいた頃も飲んでいなかった頃も、オイラは結局、ここのカウンターに帰ってきていつもの時間を過ごした。

そういえばここでプロポーズしてフラレたこともある(笑)

ここは、オイラにとって子宮だった。

オイラのすべてを受け止めてくれた場所。

あ。

後ろから店員から抱き締められたことがある。

ギュって。

耳元で、

「○×食べない?」

思わず、

「はい」

と答えた。

オーダーミスで余った料理だった。もちろん実費を請求された(爆)

今はただ。

「ありがとう」

としか言えない。

店長「またお寄りください」

無理だよなぁ(笑)

ありがとう。

そして

さようなら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【引っ越しこぼれ話】お昼休みのあと、10年分の部屋のアカを落とす作業

【引っ越しこぼれ話】お昼休みのあと、10年分の部屋のアカを落とす作業
ドトールのミラノサンドCを食べつつお昼休み。ハンバーグとトマトがはさんである洋食仕立ての味だわさ(o≧∇≦)o

午前中に引っ越し業者が荷物を撤収し、午後から部屋の大掃除。

どのみち部屋はリニューアルされるので放置しても良いけど、うちは敷金なしの部屋だから、明け渡しのルームチェックの際に実費を請求される。

パッと見た目はとても重要な判断材料になるだろうから、オイラのほうでできる限りの現状回復をしておこうというわけ。

で、掃除をしていたら、

カーペットに何やらかじったように欠けている部分がある。

ネズミちゃん!?

そっかー、この間発見したネズミはこいつを食っていたのかぁ(x_x;)

そんなこんなで明日は体を撤収しなくちゃε=┏(; ̄▽ ̄)┛

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【引っ越しこぼれ話】これが10年間の戦利品

【引っ越しこぼれ話】これが10年間の戦利品
今日はいよいよ荷物を運び出す日だったりしちゃったりするのだ。

こうやってまとめてみると意外に多いなとビックリι(◎д◎)ノヾ

奥の角には愛用のMacくん。手前の段ボール箱は主に書籍類。

この数ヵ月で家にあるものは8割くらい捨てたつもりだが、それでもこれだけ荷物が増えるのは、いかに自分が不要品に囲まれて生息していたのかが分かる。

ちなみに荷物の半分くらいは本だったりして。

まだまだ減らせたような気もするし、荷を解くときになって捨てるものもあるかもしれない。

今度は自宅を最終処分場にしないように、買わない、ためないを心がけたいもんだ。

引っ越し先に荷物が届くのは、明後日の午前中である。それまでオイラは部屋の掃除をして、明日のルームチェックに備える。あとは流浪の身。

だってこの部屋にはもう布団もなけりゃ生活用品もないからね。

引っ越し屋さん、遅いなぁ( ̄^ ̄)y-~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

【引っ越しこぼれ話】コインランドリーでまったりした時間

【引っ越しこぼれ話】コインランドリーでまったりした時間
オイラは1年くらい前に洗濯機が壊れて以来、ここのコインランドリーで週1回洗濯をしている。

待っている時間が良い。

やることなんて何もない。洗濯機や乾燥機のドラムを回す音だけが静かに繰り返される。誰も話さない静寂のひととき。

たぶん、ここを訪れるのも今夜が最後かもしれない。

何気ない時間って、案外その人にとって大切なものなのかもしれない。ムダなようで、やっぱりムダな(笑)でも、ムダなことに意味がある。

こういう時間の流れが、一番生きている感覚を得られる。

引っ越し先には洗濯機がある。

銭湯とコインランドリーはないのかな、どこかに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【引っ越しこぼれ話】いよいよ明日から

構想1年、準備9ヶ月、実行3日。

ようやく湘南移住計画を実行に移すことになった。

“海の近くに住みたい”

そんな青臭い願望を芽生えさせておよそ1年あまり。

金があるわけでもなけりゃ、引っ越し先に知人がいるわけでもなし。カラダ1つ抱えて大量のCDと本を連れて、そして相棒はオイラのiBook。

10年以上住み慣れた我が家を捨ててその第一歩を踏む。

なわけでしばらくパソコンからのブログ更新はお休みである。

が、ケータイを使って時折引っ越しの実況中継が入るやもしれぬ。

ほな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

おっさんにも分かるように説明してほしいし

ぶんか社という会社から、「2ちゃんねる新書」ってのが創刊されている。あの某巨大掲示板のスレッドを丸写しして新書にまとめたシリーズである。毎月2日に発売されるらしい。

オイラが手にしたのは、

『アツアツご飯に何を乗っけて「わしわし」する?』

である。

そんなの、半熟目玉焼きにマヨネーズって決まってるじゃん・・・

って、そういうこと以前にこの新書にはオイラにとって理解不能な言葉が並んでいた。

著作権ってなんやろー。

続きを読む "おっさんにも分かるように説明してほしいし"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

【9・11】その瞬間から何かが始まった。

2001年9月11日、当時オイラは、今から比べると格段に働き者で、おそらく当時も夜遅くまで職場に残り、残業をしていた。帰宅してテレビのスイッチを入れると、そこには、

もうもうと煙をあげる世界貿易センタービル

が映し出されていた。

現実とは思えない映像だが、それはNHKが衛星回線を通して伝えた正真正銘の現実だった。

事故?

その瞬間から日本も世界も、決して後戻りできない混迷へと放り込まれたような気がする。

続きを読む "【9・11】その瞬間から何かが始まった。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

眞鍋姉さん、お大事にー

久しぶりに眞鍋姉さんがブログを更新したかと思いきや、何と風邪かー。

栄養のあるもの食べて元気出しなはれ。

って、そうか、今夜は『メガスポ!』の日やん。

生、生、生・・。

今ネットで番組欄を観てみたら、

「眞鍋も興奮セクシー&好プレー企画」だって。

好プレーはともかくとして、「セクシー」ってあんた・・。

眞鍋姉さん、脱ぐのか(爆)

いや、もしかするとダルビッシュが脱ぐのか(猛爆)

しかも、今夜は発熱中だし。

そんなわけで、オイラは日曜夜のプロ野球速報なんてまず観ないのだけど、今夜は久しぶりにワンセグのスイッチを入れて、気だるそうな眞鍋姉さんを拝もうと思ったりなんかしているのだ。

そんなこんなで、眞鍋姉さんにトラックバック送信。

(関連サイト)

眞鍋かをりのココだけの話

テレビ東京『メガスポ!』公式サイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

拝啓・大槻義彦様

Profile 読者の皆さんは、大槻教授のことを覚えていらっしゃるだろうか。テレビ朝日『TVタックル』などでUFOや心霊の専門家を相手にオカルト批判を展開していたのを記憶してらっしゃる方は少なくないだろう。

なんて過去形にしたのは、別に故人だからではなく、当たり前だが今も現役で頑張ってらっしゃるが、何故かメディアに姿を現さない。

実は大槻教授は、マスメディアから干されているのだ。

理由はとても簡単で、「反オカルト」だからである。江原啓之や細木数子なるB級オカルト占い師がテレビや出版界で活躍し、前世だの心霊だのとマスメディアを席巻している昨今、それらを批判する潮流はことごとく排除される。

要は、マスコミもマスメディアも、食っていかねばならぬ、ということなんだろう。

続きを読む "拝啓・大槻義彦様"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月 8日 (土)

ブログという媒体に毎日文字を書き綴ることの意味のようなもの

今夜のフジテレビ系『めちゃイケ』で3人のタレントさんがブログ本を紹介していて、あるブロガーが、こんなことをブログで書いていたのを思い出した。

ブログの真価は、更新が止まった後に発揮される。

世の中にはとてつもなくたくさんのブログがネット上に存在して、日々更新され続けている。でも、1年以上それが続くのはまれだ。3日坊主もある。たまに議員センセーのブログで、2、3年前の「あけましておめでとうございます」で更新が止まっているものもあったりして、でも調べてみるとまだ選挙で落ちたわけでもなかったりして、おもわず吹き出すことがある。公の人は、みっともないよね。

ブログは毎日更新するもの、って思っている人は多いと思う。

でも、オイラは、最初に紹介したブロガーの言葉が真実だと思っている。

続きを読む "ブログという媒体に毎日文字を書き綴ることの意味のようなもの"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

住民基本台帳カードの憂鬱

今年オイラは、生まれて初めて「住民基本台帳カード」というのをつくってみた。引っ越しをする際の様々な手続きで顔写真付きの身分証明書が必要なのだが、あいにくオイラは運転免許証もないし、パスポートも持っていないため、この機会にと思い、手続きをしたのだ。

住民基本台帳カードがあれば、転出証明書がいらない。

皆さん、ご存知だっただろうか。

世の中は便利になったものである。昔は地元の市役所に出向き転出証明書をもらい、さらに引っ越し先の市役所で転入手続きをする、というのが当たり前だった。

それが、今は転出先の市役所に「付記転出証明書依頼書」を郵送すれば、次は引っ越し先の市役所に住民基本台帳カードを片手に赴けば手続き完了である。

ところが・・・。

続きを読む "住民基本台帳カードの憂鬱"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

台風9号は、「ドーナツ台風」

2007taifu9b まあ、皆さん、テレビのあるご家庭がほとんどだろうから天気予報などでお分かりだろうけど、今回の台風は、

ドーナツ型台風

つまり、一度風雨のピークを過ぎても、しばらくすると再び2度目の風雨のピークがやってくるってことだ。

続きを読む "台風9号は、「ドーナツ台風」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しい台風

2007taifu9 とても不謹慎な話なのだが、やはり、この「目」を見てしまうと、うっとりしてしまう。東京では珍しい、目のある台風の直撃である。

台風9号フィートゥー

まもなく伊豆半島付近に上陸する見通しだ。

雨雲レーダーを見てみると、ぱっくりと雨雲が割れた丸い目が分かる。大きい。こんな大きな目は、東京に住んで13年になるが、久しぶりのことかもしれない。

続きを読む "美しい台風"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

キレる30代

って、この場合の「キレる」は、「頭が切れる」とかってポジティブな意味ではなくて、ぶちっとキレるという方の意味。帰り道にコンビニに寄ったら、久しぶりに「週刊SPA!」を手に取った。9月11日号である。

気になった特集が、これ。

「キレる30代」急増の深層

確かに現代社会で最もキレている世代は、30代。オイラもその一人である。

仕事も軌道にのって多くが結婚して妻子を持つ世代が、今どうしてあちこちでぶっ壊れているのか。

それを考えると、現代の心の闇が見えてくるかもしれない。

続きを読む "キレる30代"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 3日 (月)

家電リサイクルという落とし穴

いつの間にテレビを捨てると有料になったのだろうか。今日も今日で引っ越しの準備をしていて、朝一番に故障したテレビを業者に引き取ってもらった。

家電リサイクル券・・・「再商品化等料金」2835円である。

ちなみにこれだけでは引きもってもらえず、家電リサイクルの料金にプラスして、収集経費というのが1500円かかる。

計4335円。

領収書は別々になる。

今ひとつ納得がいかないが、これが、お役人のつくった制度ってことなのだろう。

続きを読む "家電リサイクルという落とし穴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

おまかせスゴうす

070902_144901今日、昼間に高田馬場の四谷天窓.comfortにusuのライブを観に行き、その帰りの京王電車の中でのこと。

ふと、中吊り広告を見上げると、

「おまかせスゴうす」

という見出しがあった。

スゴいうす?

ついにusuはメジャーデビューか?

しかも浜崎あゆみとユニット?

何がスゴいんだろー。

てか、浜崎あゆみとusuで何をコラボしようというのか。

そんなアホな妄想を抱きつつ、自宅に帰ってきて、さあ、引っ越しの準備をするかとため息をついた日曜の昼下がりなのである。

続きを読む "おまかせスゴうす"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

雑誌の湘南特集に萌えて9月を迎えた土曜日

丸の内の丸善で月刊「_ates(アテス)」の9月号を買った。

海と太陽、そして美食の楽園へ!

週末、湘南暮らし。

はい、まさにオイラが今月引っ越す湘南やね。

でも、「美食の楽園」?

ちょっとバリ島かタヒチのノリのような気がするんだが・・・。どっちにせよこの部屋は明け渡すわけで、引っ越しの日はすぐそこまでやってきている。

続きを読む "雑誌の湘南特集に萌えて9月を迎えた土曜日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撤収

撤収
めちゃイケが気になり途中で撤収。明日も昼間からライブに突撃する予定だったりなんかする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メロンパンにはメロンが入ってない♪

メロンパンにはメロンが入ってない♪
残念♪

メジャーデビューするそうな、この子は。

ちゃんと弾き語ってはるわぁ。すげえなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2度目の成人式だそうな

2度目の成人式だそうな
オイラも来年、2度目の成人式だけどね(x_x;)

若いよな〜、歌唄いさんたちって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和やね〜

平和やね〜
上野水上音楽堂。でも水上にはない。

まったりして眠い( ̄― ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確か昨年もこんな画像を

確か昨年もこんな画像を
有機野菜のきゅうりが美味しいんだよね。

きゅうり越しに歌うは、いいくぼさおり様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ、もう夏祭りじゃなくて秋祭りなのか

ああ、もう夏祭りじゃなくて秋祭りなのか
正面の垂れ幕を見て、今さらながら秋を感じる。あの猛暑が嘘みたいな涼しげな東京。

9月1日。秋の第1日目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »