« 真っ赤に燃える夕陽を背に代々木のライブハウスへと向かう | トップページ | 早いもので引っ越しの手続きをしている »

2007年8月 3日 (金)

ル・コルビュジエと後藤新平

月が変わってしまったが7月に2つの展覧会に顔を出した。

1つ目は、六本木ヒルズ森タワー53階にある森美術館で、『ル・コルビュジエ展 建築とアート、その創造の軌跡』

今年生誕120周年を迎えた20世紀最大の建築家、ル・コルビュジエ。彼は多くの絵画や彫刻を生み出した画家でもある。展覧会では、絵画という自己探求から始まり、それを形にした彫刻、1つの建物の建築設計、さらにそれらの総体である都市計画の世界へと、ル・コルビュジエのイマジネーションの世界を広げてくれる。

ル・コルビュジエの『300万人のための現代都市』『輝く都市』という代表的な都市計画のスケッチや、集合住宅の内部を再現した空間など、ル・コルビュジエの世界をとことんまで体感できる企画となっている。

どっかの自称ジャーナリストが考えるような「陰謀」など妄想の余地のない20世紀最大の建築家の素顔に触れて、改めて現代の日本の都市との比較や、日本の建築家に与えた影響などを図書館の書籍で確認してみた。

そこで感じたこと、考えたこと、妄想したこと、それはまた次の機会に。

会期:2007年5月26日(土)ー9月24日(月・祝)
開館時間:月・水ー日 10:00-17:00 火 10:00-17:00 ※いずれも入館は閉館時間の30分前まで
入館料:一般1500円 学生1000円 子供500円 ※展望台東京シティビューも入館できる
会場:六本木ヒルズ森タワー53階

2つ目は、両国にある江戸東京博物館の『生誕150周年記念後藤新平展ー近代日本をデザインした先駆者』

オイラたちが住む東京をデザインした人・後藤新平。東京市長として東京市政調査会を起ち上げ、おそらく史上初めてにして最後の、東京という大都市を「経営」した人物である。今、現代の人たちが狭苦しそうに動き回っている道路も公園も、みんな後藤新平が築いた空間をずっと更新し続けているだけで、東京は未だにあの頃から後藤の遺産を食いつぶしているだけだ。

そんな後藤の生涯に触れる資料が並んでいる。

後藤は、どっかの自称ジャーナリストが唱えるような極秘地下鉄マニアではない。

白い髭と鼻眼鏡。後藤のトレードマークは、日本の近代化の象徴でもあったに違いない。

ビーアド博士自筆の『東京市政論』なんかは、後藤ファンとしてはちょっとちびりそうである(笑)

これもまた、何を学び、何を妄想したのかは、次の機会に。

開催期間:2007年7月24日(火)ー9月9日(日)
休館日:毎週月曜日(8月13日を除く)
開館時間:9時30分ー17時30分(土曜は19時30分まで。入館は閉館の30分前まで)
会場:江戸東京博物館6階常設展示室
観覧料:一般600円 大学生480円 高校生・中学生・65歳以上300円 中学生以下無料

偶然ではあるが、世界の都市をデザインしたル・コルビュジエと、東京やアジアの都市をデザインした後藤新平が、同じ時期に展覧会で登場することになった。

何かの縁のような気がして、2館をハシゴしてみたわけだ。

(関連サイト)

森美術館

江戸東京博物館

|

« 真っ赤に燃える夕陽を背に代々木のライブハウスへと向かう | トップページ | 早いもので引っ越しの手続きをしている »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰でございます。
いい展覧会をやっていますね。首都圏人がうらやましい。
最近はNHKでも後藤を取り上げたり、鉄道ファン誌で御茶ノ水駅はコルビュジエの影響を受けた名建築、なんて記事を読んだりで、久々に東京近代史に関心寄せております。
埼玉在住時にもっと散策しとけばよかった。
妄想の地下探索なんかより、地上にいくらでもある「遺産」を楽しむほうが健全ですよね。

投稿: くびきのコッペル | 2007年8月10日 (金) 00時15分

8月13日に江戸東京博物館で、そのNHKの後藤特集の上映会をやるらしいです。

日本にはル・コルビュジエの影響を受けた著名な設計士(秋庭流の表現)がたくさんいて、あちこちの建築物にそれが反映されていますよね。丹下健三が一番典型的なんですが。ル・コルビュジエが設計した建物も、たった1つですが日本にあります。

そんな遺産巡りもおもしろそうですね。

投稿: mori-chi | 2007年8月10日 (金) 09時20分

一昨日、日曜、江戸東京博物館へ「大鉄道博覧会」を観覧に行ってきました。
特別展1500円は暴利としか言い様がありませんね。展示スペース以外に、その四分の一はあろうかと言う物販スペース。
東京で、このような企画を実行する時のコストが、1500円なのか、物販スペースなのかもしれません。
展示の多くが何処かで見た様な。
似非東京都民には、交博を失ったことの代償がこの1500円なのかとも思えた次第です。
で、出口近くで、「後藤新平」展のポスターを発見。
後ろバンダナを曳かれる思いで、中央図書館に向かうべく自転車上の人となったのでした。
一寸息抜きに秋庭印のP線について
http://www3.atwiki.jp/619metro/pages/84.html
挙げときました。と最後に宣伝。

投稿: 陸壱玖 | 2007年8月14日 (火) 02時09分

頚城のコッペル殿 お初です。陸壱玖と申します。
大鉄道博、入り口入っての実物展示が、

下松のボルドウィン

今は「下工弁慶号」でしたかね。

でした。

投稿: 陸壱玖 | 2007年8月14日 (火) 02時16分

あの外観をご覧になれば分かるように維持費だけでもアップアップの施設ですから。某知事が現れてからは、商業化が激しいです。
後藤新平展、生の資料に遭遇するのはなかなかおもしろいです。いろいろ発見もあります。ぜひ。

投稿: mori-chi | 2007年8月14日 (火) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/15996879

この記事へのトラックバック一覧です: ル・コルビュジエと後藤新平:

« 真っ赤に燃える夕陽を背に代々木のライブハウスへと向かう | トップページ | 早いもので引っ越しの手続きをしている »