« どんがらがっしゃんどっかーん!!!!! | トップページ | 今夜の天窓には天使が舞い降りていた。 »

2007年8月29日 (水)

楽園の腐った林檎

オイラの恩師が昔、そんなタイトルの小説を書いた。

箱に詰めた林檎の中に、たった1つ腐った林檎が混ざっているだけで、他の林檎も腐ってしまう。人間も同じじゃないか。

自分は腐った林檎なのか?

離れて暮らす娘を思い、そんな自問自答をする男の物語。

あの頃はピンと来なかったけど、今は何となく主人公の気持ちが分かる気もする。

ここんとこイヤなニュースばかり耳にする。

拉致、監禁、殺人・・・。腐った林檎・・・。

1つ目の事件。

2007年5月9日午前0時20分頃、ペッパーランチ心斎橋店で店員2人が女性客をスタンガンで脅し、睡眠薬を飲ませ、拉致・監禁し、暴行を加える。9日朝に女性は自力で脱出し、事件が発覚。

2つ目の事件。

2007年8月24日夜名古屋市千種区で、帰宅途中のOLが拉致・殺害される。犯人の3人はインターネットサイト「闇の職業安定所」を通じて知り合った。

昔から犯罪は当たり前のように起きているが、最近の犯罪は悪質を通り越して、むしろ無邪気に思えることもある。全国展開しているチェーン店の店長と店員がつるんで客を拉致して暴行を加えるなんて、オイラはシナリオライターの勉強をしていたことがあるけど、ドラマでそんなネタを使ったら、「リアリティがない」と一笑に付される。闇サイトで知り合い殺人を犯すなんて、脳みそがガキでないとできない犯行だ。

でも、多いよね。こーゆー不気味な事件。安物のVシネマのような荒唐無稽な犯行。

日本は楽園だと思う。敗戦の痛手から復活し、護送船団方式で温々と経済成長を果たし、民主主義を謳歌し、民衆は踊り、政治家は太鼓をたたく。いや、逆かな?

そんな平和大国に投げ込まれた“腐った林檎”

人々は、このはかなき林檎を責め立て、怒りをぶつける。

そしてご丁寧に彼ら犯人たちは弁護人がつけられ、反省猿のごとく「反省」「反省」と口にして、慈悲を請う。

1人殺しては死刑にはならない。殺していないなら、なおさら死刑にはならない。

よって懲役となってもそのうちしゃばに出てくる。

また社会に“林檎”は投げ込まれる。

ふと最近の事件を振り返ってみて、

楽園の腐った林檎

って言葉がよく似合うと思った。

昔の刑事ドラマなんか見ていると極悪非道な犯人は、実は根は優しかったり、人間くさかったり、犯行に及ぶ動機のようなものが1つのドラマのエッセンスになっていた。

変わったのは、『踊る大捜査線』だっただろうか。犯人の人間像にはいっさい触れず、動機は小道具でしかなくなった。主人公を取り巻く魅力的なキャラクター設定と比較して、犯人たちは常にステレオタイプで、同情の余地がなかった。

ドラマの話をしたいわけでなく、現実の世界でも罪を犯す人間像がステレオタイプ化して、ある意味陳腐になっているのだと思う。

腐った林檎は、排除するしかない。

放置すれば箱の中のすべての林檎は腐ってしまう。

いや、これは林檎という果物の話。

あくまで、あの甘い果実の話。

楽園の甘い香り・・・。

|

« どんがらがっしゃんどっかーん!!!!! | トップページ | 今夜の天窓には天使が舞い降りていた。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/16278380

この記事へのトラックバック一覧です: 楽園の腐った林檎:

» 犯罪仲介所、闇の職安 [ネット犯罪あれこれ]
朝青龍や民主党のブーメラン騒動に埋もれて闇の職安経由の殺人事件については早くも露出の少ない状態となっています。この闇の職安を巡ってはもう随分前から犯罪の温床となっています。闇サイトなどと聞いても「あ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 13時54分

« どんがらがっしゃんどっかーん!!!!! | トップページ | 今夜の天窓には天使が舞い降りていた。 »