« ちょっと不思議な地震の伝わり方 | トップページ | これも防災対策?・・・『パンの缶詰』を試してみた。 »

2007年7月18日 (水)

日本の国名を背負うアーティスト・日本松ひとみちゃんのライブ

3日連続のライブ通い、固め打ちである。

最終夜は、渋谷のナナカイこと7th floorで行われた「ナナカイ・レディースデーvol,10」である。

お目当ては、トップバッターに登場した日本松ひとみさん。このブログでもかなりお馴染みになってきた。

かなりの不思議系だが、世界観がハッキリしているところが、usuにも似ている。でも、唄う世界は全然違う。

力強いピアノで奏でるメロディーは、お皿の上で色とりどりのビー玉が飛び回っているみたい。のびのある歌声とそこから発せられる言葉は、イメージするなら、粘土細工が魔法で動き出したようなメルヘンの世界。時には子どもが童話を開いたような幼さがあると思えば、時には少し背伸びした少年の世界も映し出す。

不思議系だけあって、MCは常に独走態勢。観客に語りかけるというより、ほとんど自問自答。でも、こっちがにやけてしまうくらい、楽しそう。

出会った頃はフリーだったけど、今はちょっと大きな事務所に所属している。

これから、たくさんの大きなステージを経験して、彼女の世界がどう広がっていくのか、楽しみにしている。

さて、今夜は、芙咲由美恵(ふわらゆみえ)さんも気になったが、なんせ出演アーティストが多すぎて、各々の時間が短く、気持ちとして彼女の音を捕まえきれないままステージが終わってしまった(汗)

こいつ、なかなか通好みのくせ者と思われる。

イベントの最後のクロージングアクトは、日本松ひとみ&芙咲由美恵という組み合わせだったが、企画者のねらいは、どんぴしゃりだったと思った。

|

« ちょっと不思議な地震の伝わり方 | トップページ | これも防災対策?・・・『パンの缶詰』を試してみた。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/15794773

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の国名を背負うアーティスト・日本松ひとみちゃんのライブ:

« ちょっと不思議な地震の伝わり方 | トップページ | これも防災対策?・・・『パンの缶詰』を試してみた。 »