« 新潟県上中越沖で震度6強の地震…家屋の倒壊も? | トップページ | 連休最終日のライブは、幸せになるためのライブ »

2007年7月16日 (月)

その名は「新潟県中越沖地震」

規模は、M6.8でこの地域の地震としては最大のものらしい。

気になるのは家屋の倒壊。テレビのニュースでは続々倒壊した家屋の映像が入っている。柏崎市で4人が亡くなったという情報も。けが人も多数出ている。

亡くなった方は「圧死」らしい。

阪神淡路大震災のときと同じ。今回新潟県知事はすぐに自衛隊に災害救助要請を出したけど、家屋の倒壊の場合、そんなの間に合わない。神戸では亡くなった方の8割は30分以内に亡くなり、死因は圧死だった。レスキュー隊も自衛隊も、30分以内に彼らを助けることなんて不可能なのだ。

あれから12年も過ぎたのに、やはり大地震で家屋が倒壊し、人が圧死する。つくづく変わらないなと思う。

前の記事で、必要なのは予知ではなく予防という趣旨のことを書いたのだけど、いくら正確に予知をしたって建物が倒壊するんじゃ逃げようがない。でも、日本のあちらこちらには耐震強度が弱い建物がたくさんある。

東京だって同規模の地震が襲えば、ひとたまりもない。

旧耐震基準のコンクリートビルなんて山ほどあるもの。

台風が去って、今週は梅雨前線が再び活発になるらしい。梅雨の終わりの雨は強くなる傾向がある。被災地では、台風の雨で緩くなった土地に大地震が襲い、地震でさらに緩くなった土地にだめ押しの雨が降り、大きな余震も続くわけで、これから特に崖崩れなどの土砂災害に注意が必要だ。

|

« 新潟県上中越沖で震度6強の地震…家屋の倒壊も? | トップページ | 連休最終日のライブは、幸せになるためのライブ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/15776754

この記事へのトラックバック一覧です: その名は「新潟県中越沖地震」:

« 新潟県上中越沖で震度6強の地震…家屋の倒壊も? | トップページ | 連休最終日のライブは、幸せになるためのライブ »