« 久しぶりの木下直子ちゃんのライブは台風直撃 | トップページ | その名は「新潟県中越沖地震」 »

2007年7月16日 (月)

新潟県上中越沖で震度6強の地震…家屋の倒壊も?

目が覚めて布団の中でボーッとしていると、小さな縦揺れ。

おっ、地震かな?

縦揺れは、だんだん大きくなってくる。

数十秒後に、ゆっさゆっさと横揺れ。大地が左右に揺さぶられているような、大きな横揺れが襲った。最初の縦揺れから最後まで1分くらいだろうか。

大きな地震があったときの典型的な揺れだけれど、東京での揺れはそんなに大きくない。

揺れが収まると、Weathernewsの津波メールが届く。最近は、地震の速報より津波の速報が先に届くんだね。注意報は、新潟県。一瞬、震度7を観測した新潟中越地震を思い出す。あのときも、東京も結構揺れた。

続いて、地震メール。東京は震度3だったらしい。

PCのWeathernewsの地震チャンネルで確認してみると、東北から関西まで広い範囲で揺れていて、これは中越地震の直下型とはちょっと違うかな。いずれにせよ正午から気象庁が会見するらしい。

テレビでは、柏崎市で市内の家屋3棟が倒壊したという情報。被害が大きくならなければいいいけど。

さて、こんな機会なので、ちょっと地震について。

首都直下地震が30年以内に起こる確率は70%…これは政府が公式に発表している。オイラが子どもの頃は、大地震といえば東海地震だったけれど、東海地震が起こる前に大きな地震がたくさん起きた。今回の地震だって誰かが予知していたわけではない。結局、地震という自然災害を予知することなんてできないんじゃないかと思う。

大切なのは、いつ地震が起きるかではなく、地震が起きたらどうするか、地震が起きる前にどうすべきか、なんだろう。

政府が東海地震の予知に多額の税金を投入している一方で、毎年のように大きな地震が起きて、尊い命が失われることもある。学者さんに怒られるかもしれないが、本当に地震の予知には意味があるのだろうか。

例えば、オイラは「1週間以内に大地震が来る」と聞いても、普通の生活しかおくれないと思う。朝になれば会社に行き、普通に汗をかき働き、夜にはおんぼろアパートに戻ってくる。そうする以外に手がないから。「地震が来ますから」と会社を休んだら、仮に地震が来たとしても、会社からオイラの机はなくなると思う。予知なんかされても、どうすることもできないんだよね。

地震に強い街をつくる。それが、本当の地震対策。

被災地の皆様にお見舞い申し上げます。

|

« 久しぶりの木下直子ちゃんのライブは台風直撃 | トップページ | その名は「新潟県中越沖地震」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/15774930

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県上中越沖で震度6強の地震…家屋の倒壊も?:

« 久しぶりの木下直子ちゃんのライブは台風直撃 | トップページ | その名は「新潟県中越沖地震」 »