« まあ、何にせよ、眞鍋姉さん、熱愛報道、おめでとー(笑) | トップページ | 眞鍋姉さん、何も滅ぼさなくとも~(笑) »

2007年6月16日 (土)

いきなり梅雨明け?ってくらい素晴らしい青空で迎えたusuライブ

usuが歌い始めて、今月で4年になるらしい。つまり、それは、オイラがusuに出会ってからも、4年ということであるわけで…。時が経つのは早い。何もかも変わってしまったように見えて、実は、何も変わらない自分がいて、それぞれがいて…。

今夜は、そんなusuが、歌い始めた頃に歌っていた曲も披露した。

うすうたには、第1期と第2期がある。←聴き手の勝手な分類(笑)

第1期というのは、『Piano & Woman Episode03』に入っている「雛」や、今日歌っていた「水槽」とか、『うすうた』に入っている「羽根」「化石」に代表されるようなタイプの歌が多くて、寂しさや孤独みたいな感情を表す独特のリズムと和音を奏でる。「私」以外の他者には、「あなた」が多く登場する。これが、だいたい2004年春頃まで続く。

第2期というのは、最近よく歌う「オーガニック・スープ」や、『うすうた』に入っている「マイペース」とかに代表される、リズミカルで楽天的な発想を感じられる、暖かみのある歌が多くなる。このとき、「私」以外の他者には、「きみ」が多く登場する。

うすうたは、心の中の世界を自問自答するような詩が多い。それは、1期も2期も同じで、たぶん、その違いは、彼女の中の何かが変わったというより、周りの環境がそうさせているのかもしれないが、これは、あくまでオイラの妄想なわけで…。

オイラが出会ったのは、第1期の中盤くらいにあたる。2003年のクリスマスの夕方、池袋駅にある東武百貨店で、『P & W 03』のインストアライブがあって、たくさんの歌姫の中でトップバッターに登場したのが、usuだった。そのときも「水槽」を唄っていたような気がするが、もう4年も前になると、記憶が定かではない。

で、今夜は、日吉Napでの久しぶりのライブ。妙にハイテンションなusuが奏でる懐かしいメロディは、あの頃とまったく変わらなかった。

Sn380007 予約特典は、“うす らくがきミニタオル”。

うーむ。

usu画伯の絵なので、いったい何なのかは、無の境地に達しないと理解できないのかもしれない(謎)

鳥…のようなものが、クローバーを加えているわけだが…。

幸せを運んでくる鳥ってことなのだろうか。

 

あ、ちなみに、オイラ的には、第1期、第2期に加え、初動期というのがあって(笑)、それが、「sorameku」である。

|

« まあ、何にせよ、眞鍋姉さん、熱愛報道、おめでとー(笑) | トップページ | 眞鍋姉さん、何も滅ぼさなくとも~(笑) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/15447419

この記事へのトラックバック一覧です: いきなり梅雨明け?ってくらい素晴らしい青空で迎えたusuライブ:

« まあ、何にせよ、眞鍋姉さん、熱愛報道、おめでとー(笑) | トップページ | 眞鍋姉さん、何も滅ぼさなくとも~(笑) »