« 個人的梅雨明け宣言 | トップページ | 父の日…という、とってつけたような日 »

2007年6月16日 (土)

江ノ島で部屋探し、高田馬場でスリーマンライブ

Sn380008 梅雨なんて、どこへやら…。真っ青な空のもと、午前中から江ノ島に向かった。目的は、部屋探し。

海の近くに住みたい。

そう思って、もう数年だが、そろそろ引っ越しを考えているのだ。

オイラは、自他共に認めるかなづちで、海なんかで泳ごうもんなら、数分で救助隊のお世話になってしまうだろう。なので、サーフィンとか海水浴とかは、特に目当てではない。ただ、単純に、海が見える部屋に住むのが、憧れだっただけだ。

今日、不動産屋さんに案内された部屋は、まさに海岸から10メートルという絶好の場所。部屋から海が直接は見えないけれど、バルコニーからは青い海が見える。

こりゃ、すごい。

この物件、もともとはホテルだったらしい。確かに、看板に「○×ホテル」って書かれた跡がある(驚)

ワンルームだが、1DKくらいの広さがある。

うーむ。どうしたもんか。まだ迷っている。

Sn380010 物件を見た後、江ノ島を散策した。

こうやって江ノ島をのんびり歩くのも、久しぶりだなー。焼きたてのせんべいを食べたり、焼とうもろこしを食べたり…、食べてばかりだけど(笑)

そんなこんなで、帰りの電車に。小田急の急行で新宿へ戻ってきた。

 

今夜は、高田馬場の四谷天窓.comfortで、スリーマンライブ。

トップバッターは、スリーマンライブ初登場の川畑李子さん。

生粋のニッポン人ばかりの天窓のアーティストたちの中で、大胆に英語の歌詞を操り、ポップでキュートなサウンドを聴かせてくれる川畑さん。まだ二十歳という若さだけれど、ここのところ存在感が増してきた。

高校まではピアノを弾いて歌を唄うなんて考えてもいなかったらしい。卒業後に独学でピアノを練習して、現在のレベルまで上達したそうな。最初は、ピアノも弾けないのに、ライブの予定を入れてしまい、毎晩泣きながらピアノの練習をした。ピアノは数学と同じくらい苦手という。それで弾けるようになるのだから、もともと素質があったのだろう。

そんな真夏の土曜日。

|

« 個人的梅雨明け宣言 | トップページ | 父の日…という、とってつけたような日 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/15459548

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ島で部屋探し、高田馬場でスリーマンライブ:

« 個人的梅雨明け宣言 | トップページ | 父の日…という、とってつけたような日 »