« 眞鍋姉さん、酔ったときの失敗談を武勇伝にするようになったら、アル中一歩手前だよー。 | トップページ | 2分の1が終わり、残り2分の1という驚愕の事実 »

2007年6月30日 (土)

レコーディングという転機

もう日付が変わってしまったけれど、今夜は松岡ヨシミちゃんのライブへと、高田馬場にある四谷天窓.comfortへ。いつの間にやら久しぶりである。

久しぶりの松岡ちゃんは、少し大人になったというか、女性らしさが増しただろうか。

1つ1つの歌が、以前よりも表情豊かに唄えている。ピアノを弾き、歌う、という、当たり前の歌い手から、ステージの上で何かを演ずるアーティストに変化しつつあるという感じ。見慣れたピアノ弾き語りだけでなく、ピアノのサポートを入れて、ステージ中央でマイクを片手に歌う彼女は、まさに「演じる」にふさわしい、アーティストそのものだった。

そんな彼女は、セカンドアルバム『To Above』のレコーディングを終えたばかり。発売記念ライブを、8月23日に渋谷BOXXで控える。

やはりか。レコーディングを経験したアーティストは、自分なりに答えを出す。完成したアルバムは、その最終回答のようなもので、その前後に開くライブは、自然と、その世界観が反映されてくる。少し聴いただけで、ひと味違うアーティストを実感する。

どんなアルバムになっているのか、今から楽しみだ。

さて、自宅に帰ると、珍しくたくさんの郵便物が。

その詳細はまた別の機会に譲るとして、その中にCDの入った封筒があった。

先月に発売したばかりのウエタマミコさんの3曲入りCD『BLUE』。ライブで買うつもりだったけれど、いろいろあってご無沙汰してしまい、次のライブを待ちきれずに、通販で買ってしまった。

さっそく、聴いてみた。

聴き慣れたウエタサウンド。オイラのお気に入りの「9月の雨」が良い。

彼女もまた、彼女なりの「答え」を出しているのだろう。ライブはご無沙汰で、次がいつになるか謎だけど、きっとその答えを直に聞く日が来るのだと思う。

そんな花金。

(関連サイト)

松岡ヨシミ公式サイト

ウエタマミコのHP

|

« 眞鍋姉さん、酔ったときの失敗談を武勇伝にするようになったら、アル中一歩手前だよー。 | トップページ | 2分の1が終わり、残り2分の1という驚愕の事実 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/15598082

この記事へのトラックバック一覧です: レコーディングという転機:

« 眞鍋姉さん、酔ったときの失敗談を武勇伝にするようになったら、アル中一歩手前だよー。 | トップページ | 2分の1が終わり、残り2分の1という驚愕の事実 »