« どっちかと言えば、「晴れ男」なのかもしれない。 | トップページ | もうすぐ新企画、でも、もう少し待ってね。 »

2007年5月13日 (日)

キラキラ☆

今夜、仕事で絡んだ選挙の候補者のお疲れ様会にお呼ばれした。こういうのは珍しい。こっちはあくまで仕事だから、選挙が終わるとそれっきりという人が多い。当選してもそうなのだから、落選したとなればなおさらだ。先日、関係者から会社に電話があり、めったにないことなので、最初はどうしようか迷ったのだが、「では、あくまでプライベートで顔を出しましょうか」ということになった。

そんなわけで、オイラは、いつもの背広姿とうってかわり、帽子にポロシャツ、ジーパンという、あくまでラフな格好。入口を入ると、みんなキョトンとしてオイラの顔を見て、しばらくして、「ああっ」。

前も書いたけど、オイラは、背広を脱ぐと、ただのムトーハくん。政治とは一線を画しているから、こういう場所に入ると、すっかり浮いてしまう。今夜のオイラの顔は、そこらへんを歩いているおじさんと変わらない。

そんな中、まだ20歳を過ぎたばかりの大学生が3人いた。

まあ、こーゆー場所は、たいてい団塊の世代を中心としたおじさん・おばさん軍団なのだが、たまにこういう若い人がいると、雰囲気が変わる。そういえば、3人とも、ずっと選挙カーに乗り、慣れない手つきでビラを配っていたのを思い出した。最初は、おどおどした感じだったけれど、だんだん慣れて、ビラをまくのもうまくなったのだそうだ。

「人生の中で絶対味わうことのない貴重な体験をしました」

そう語る彼らは、目がキラキラしていて、頼もしい表情をしている。

まだ若いうちから政治に関わるというのは、かなり勇気がいることだ。どっかの大政党のように、政治オタクの集団ならまだしも、勝つかどうかも分からない無名の新人を応援するとなれば、まるで巨大な象にたった1人で挑むような虚しさや怖さがある。

そう言えば、オイラも、あんな目をしていた頃があったような気がする。

キラキラ…。

政治は、どうもオイラたちとは縁遠い世界にある。その政治の世界に飛び込むことは、たぶん、余程のきっかけがないと決断できない。オイラだって、仕事だからこうして絡んでいるが、プライベートなら躊躇するだろう。

でも、そんな風に政治から距離を置くと、1人1人が政治や経済を支えようという《ミンシュシュギ》ってやつが実感できなくなる。彼らは、1週間という選挙期間で、勝つことはできなかったけれども、しっかりと“風”をつかむことを覚えたんじゃないだろうか。たぶん、めったにできない体験だったのだと思う。若いうちに、その感覚を持てたかどうかは、その後の人生を左右してくる。きっと、糧になると思う。

|

« どっちかと言えば、「晴れ男」なのかもしれない。 | トップページ | もうすぐ新企画、でも、もう少し待ってね。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/15057803

この記事へのトラックバック一覧です: キラキラ☆:

« どっちかと言えば、「晴れ男」なのかもしれない。 | トップページ | もうすぐ新企画、でも、もう少し待ってね。 »