« 【秋庭系東京地下物語2007】(第4話)区界の地下に流れる「川」の妄想 | トップページ | 【秋庭系東京地下物語2007】(第5話)東京メトロ有楽町線の妄想 »

2007年3月17日 (土)

【番組の途中ですが】天窓の3階と5階をハシゴした慌ただしい夜

週末は、地下ネタの更新はないと思うので、しばらくオイラのよもや話におつきあいいただきたい。ってか、オイラのブログは、こーゆーのが本家本元で、他人からすればどーでもいいようなまったりした日々を、つれづれなるままに言葉にしているのである。

今夜は、かなり前から楽しみにしていたライブ。

四谷天窓では、このブログではお馴染みのusu、四谷天窓.comfortでは、最近オイラがプッシュしている川畑李子さんと、kyokoさんがそろい踏み。こりゃー、もう、全部のライブを観なきゃ、冬が終わらないってことで、仕事が終わると、高田馬場へ向かった。

まずは、3階の四谷天窓で、usuライブがスタート。

この日は、『音楽倉庫』というイベント企画で、1ヶ月間、出演者の着うたが無料でダウンロードできる。usuは、アルバム『うすうた』でもお馴染みの「化石」。ピアノ弾き語りとはひと味違う、本格的に音が入った歌は、usuらしく、心の有り様を描いた1曲だ。ライブバージョンの「化石」と、アルバムバージョンの微妙な違いも楽しめるかもしれない。←マニアックすぎるか(汗)

usuは、右肩にアザがあって、子どもの頃、それがイヤで、絆創膏とかはったり、ノースリーブが着られなかったりと、切ない思い出があるそうだ。「でも、今では、こんなアザでもあってよかったなって思うんです。墓場まで持って行くつもりなんですよ」

生まれながらのアザって、自分が悪いわけじゃないのに、何故かそのアザに意味を感じてしまう。その人の個性を左右するよね。昔から、SFやファンタジーでは、アザの存在が何かの暗示っていうパターンが多かったような気がする。たぶん、そーゆー大袈裟なものでなくても、何か意味があるのかもしれないって思ってしまう。

usuライブ30分を楽しんだあと、usuに挨拶する暇もなく、速攻で3階から5階に駆け上がる。ちょうど、川畑李子さんの始まる直前に、comfortに駆け込んだ。

ここからは、グランドピアノの弾き語り。

川畑さんは、たまにここでも紹介する、ただいま伸び盛り(オイラの妄想)の弾き語りさん。まだ20歳と若いけれど、あと何年か天窓でキャリアを積めば、良い結果が出せるのではないだろうか。ここのところ、お客さんの層が広くなってきたような気もするし。

彼女が子どもの頃、幼稚園で、林檎屋さんになりたくて、先生にそう言ったら、「林檎屋さんはないから、八百屋さんね」と、八百屋と書いた札をつくってくれたそうな。でも、他の子どもたちは、ケーキ屋さんとか可愛いので、とてもうらやましくなって、自分の番が来たら、「八百屋」の札を持ったまま、「ケーキ屋」と答えたという。

なるほどー。

オイラの実家は、実は、「はんぺい屋」である。

とっくの昔に廃業したけどね。

だっさーっと、子どもながらに思っていて、友達や先生に、「ご両親は何のお仕事?」なんて聞かれると、

水産加工業

って答えていた。

これが、さっぱり伝わらない。

結局、最後には、「要は、はんぺい屋です」ってことになる。

「ああ、おでんに入ってるやつね」って、これもお決まりの返し。

そして、最後は、kyokoさん。

会場のお客様に語りかけるようなMC。この人、独特の声を持っている。可愛らしいキャラっぽい声ではなく、裏声っぽい音域の声がある。

うーん、何て表現すればいいのかな。

言葉を声にするときの音って、吐く声と、吸う声ってある。例えば、アイドルがぶりっこでしゃべるときは、基本的に吐く声。黒木瞳さんとか、囁くようなしゃべり方に魅力がある人って、吸う声があって、のど元で色っぽく響く。ピアノを弾き語りながら、うっとりした目で会場に微笑みかけ、この「吸う声」で語りかけると、たいていのおじさまは撃沈できる。

な…何の話をしているんやら…(爆)

 

な…、なんか、音楽のカテゴリーだったが、音楽よりも、ちょっと蛇足みたいな話だったね(汗)

そんな感じで、まったりと癒された夜。

おやすみなさい。

|

« 【秋庭系東京地下物語2007】(第4話)区界の地下に流れる「川」の妄想 | トップページ | 【秋庭系東京地下物語2007】(第5話)東京メトロ有楽町線の妄想 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/14286428

この記事へのトラックバック一覧です: 【番組の途中ですが】天窓の3階と5階をハシゴした慌ただしい夜:

« 【秋庭系東京地下物語2007】(第4話)区界の地下に流れる「川」の妄想 | トップページ | 【秋庭系東京地下物語2007】(第5話)東京メトロ有楽町線の妄想 »