« 眞鍋姉さん、オイラもいきなり落ちてしまいそうになるんだよねー。 | トップページ | 『グーグル Google 既存のビジネスを破壊する』(佐々木俊尚著、文春新書)を読む »

2007年3月 3日 (土)

灯りをつけましょ、爆弾に、お花をあげましょ、毒の花~♪

って、縁起の悪い替え歌をつくったのは、どこの誰なんだろうね。

五人囃子の笛、太鼓、今日は楽しいお葬式~♪

いかんよね。こーゆー、しゃれにならん替え歌は。最初にこれを唄ったのは、小学生なんだろうか、それとも、どこかの売れないお笑い芸人だったんだろうか。オイラは、小学校で同じ年代の子が唄っていたのを聞いたのが、最初だったような記憶がある。それを、みんなして真似したんだ。ひな祭りの歌が元になっているけれど、年中無休で唄っていたような気がする。

そう言えば、テレビアニメ『科学戦隊ガッチャマン』の主題歌の替え歌も、誰からともなく、いつの間にか唄っていた。

命をかけて飛び立てば、電信柱にぶつかって♪

死ね!死ね!死ね!ガッチャマン♪

地球は1つ、作れば2つ♪

無茶無茶な歌やなー。誰が最初に歌い始めたんやろ。少なくともオイラが考え出した替え歌ではないけど、オイラの友達で、こんな見事な替え歌をつくる能力のある人を知らない。でも、この替え歌は、全国区で、京都でも東京でも名古屋でも、ああ、昔、そーゆーアホな替え歌、歌ったなあと笑うんや。

これって、都市伝説と同じ?

1970年代後半に流行った都市伝説で、「口裂け女」ってのがある。

小学校のときに、友達の間で話題になっていた。「今日は岐阜を越えたらしい」「俺の友達が実際に見たらしい」「明日にはこの辺を通るかもしれないぞ」って感じで。そんな恐怖の口裂け女が、どうして東海道をノロノロと東京に向かって歩いているのか、今考えれば謎だ。新幹線使えよって。最初に誰が、そんな話を始めたんだろう。てか、「口裂け女」には、誰かの著作権があるんじゃないのか。最初にアイデアをつくり出した人。

当時、名古屋onlyの夕刊紙があって、1面トップで彼女の似顔絵を掲載していた。

さっき検索したら、この都市伝説、映画になるらしい。

映画『口裂け女』公式サイト

こーゆー都市伝説って、先に商業化したほうが勝ちってことなんだろうか。

ってことは、替え歌も?

シュールな替え歌だけ集めて発売したら、結構売れるんじゃないかなー。

てか、元の歌の作者から訴えられる?(笑)

全然関係ないが、オイラは、『ボキャブラ天国』に投稿して、見事に採用されたことがある。

えーっと、フジテレビさん、ボキャ天小座布団、まだ届かないんっすけどー。

|

« 眞鍋姉さん、オイラもいきなり落ちてしまいそうになるんだよねー。 | トップページ | 『グーグル Google 既存のビジネスを破壊する』(佐々木俊尚著、文春新書)を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/14120081

この記事へのトラックバック一覧です: 灯りをつけましょ、爆弾に、お花をあげましょ、毒の花~♪:

« 眞鍋姉さん、オイラもいきなり落ちてしまいそうになるんだよねー。 | トップページ | 『グーグル Google 既存のビジネスを破壊する』(佐々木俊尚著、文春新書)を読む »