« 春物を買いにGAPを漁る週末 | トップページ | 加護亜依さんの自壊、マスメディアの自壊、大人たちの自壊 »

2007年3月28日 (水)

自由が丘でまったりと復活ライブに酔いしれて

最後にライブをしてから、もう1年にもなる。ちょっと驚きだけれど、昨年3月以来、久しぶりに戻ってきたウエタマミコさんのライブを観に、自由が丘のマルディグラへ向かった。

usuや谷口深雪ちゃんや、木下直子ちゃん、松岡ヨシミちゃんという、オイラがよく通うライブって、どなたも、アーティストとしては「かなり出来上がった」方々が多い。これからどんどんっていうより、完成されたusuなり谷口ちゃんなりを期待して、ライブに向かうわけだ。もちろん、これから成長していただく分には構わないが、彼女たちなりに彼女たちであればいいわけなのだ。

今夜のライブ、ウエタマミコさんのばやい、それとは正反対で、最初に逢った当時の彼女と、現在の彼女とでは、随分違いがある。で、違う彼女を確認するようなライブになるわけだ。それは、もっともっと期待値が高いということでもあるし、まだまだ成長中の軌跡を楽しむようなところがあるのかもしれない。

ウエタマミコさんは、現在進行形のアーティストなのだと思う。

1年ぶりの彼女は、緊張してつっかえたりしていたけれど、明らかに歌い方や声に違いがあって、成長の軌跡をうかがえた。

「この1年、何が積み重なって、こう変わったのだろうね」

とたずねると、彼女は、「うーん、なんでしょうね~?」と首を傾げた。

そんな、そこはかとない変化も、彼女のライブの楽しみなのかもしれない。オイラたちは、メジャーの方々のCD音源を買うとき、それは完成されたものを期待して買うのだろうし、ライブに行くのも、そのときどきの楽しみはあるにせよ、ライブという形の1つの完成品を求めて足を運ぶ。でも、インディーズの世界は、いろんな楽しみ方があって、時には世界観であったり、人間性であったり、音楽性であったり、接点はいろいろで、必ずしも完成品ではなく、むしろ完成していく過程をいっしょに歩んでいるようなライブもある。ここが、メジャーの世界では味わえないところかもしれない。

 

あ、あかん、眠気でキーボードに手をかけたまま寝てしまいそう…。

 

まあ、いずれにせよ、ウエタマミコさん、

おかえりなさい。

|

« 春物を買いにGAPを漁る週末 | トップページ | 加護亜依さんの自壊、マスメディアの自壊、大人たちの自壊 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いや~ライブ1回終ると抜け殻です。

嬉しいなぁ 
こういう風にワタシという人のライブを綴ってくれると
楽しんでくれてありがとうっ♪

ではではまた~

投稿: マミコ | 2007年3月28日 (水) 23時11分

抜け殻のマミコさま、こんばんわー。昨夜は、まったりと楽しませていただきました。名物ガンボも美味しくて、何だか嬉しい夜でした。

ではまた。

投稿: mori-chi | 2007年3月28日 (水) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/14433212

この記事へのトラックバック一覧です: 自由が丘でまったりと復活ライブに酔いしれて:

« 春物を買いにGAPを漁る週末 | トップページ | 加護亜依さんの自壊、マスメディアの自壊、大人たちの自壊 »