« 財布には3枚のICカード、ケータイには2種類のICチップ | トップページ | つきなみですが、能登沖地震の被災地の皆様にお見舞い申し上げます。 »

2007年3月24日 (土)

DVD『地下鉄運転室展望・都営地下鉄新宿線本八幡~新宿』(エスエス)に萌える春(笑)

地下鉄の運転室展望シリーズ“METRO VIEW”の第一弾らしい。かなり前に銀座線の運転室展望のDVDを紹介したが、あんときは、めまぐるしく景色が変わる銀座線のトンネルに激しく萌えたんだけど、今回は何たって、路線のほとんどがシールド工法なわけだから、つまんないかなあと思っていたんだ。

が、これが、なかなか迫力満点だ。

右へ左へとカーブするトンネル。スピード感。一之江から船堀へと向かう途中で地上に出て、荒川を渡り、大島の手前で再びトンネルへ。

そう言えば、子どもの頃、オイラは名古屋出身やねんけど、地下鉄に乗ると、シールドトンネルの区間に入ると、何だかドキドキしたもんだ。四角いトンネルより、丸いトンネルのほうが、トンネルっぽいというか、威圧感のようなのを感じたんだね。

収録されているのは、都営地下鉄新宿線の本八幡発新宿行きの普通電車。この路線は、ほとんどが本八幡から笹塚まで走っているけれど、新宿で急行に接続する普通電車だけは、本八幡・新宿間で運転しているのだよね。って、そんなオタッキーな知識はおいとくとして、本八幡10時28分発、新宿11時08分着の電車の前方の展望と、付属映像で、瑞江・篠崎間の後方展望が収録されている。

で、DVDをぼーっと観ていたら、神保町から九段下に向かうトンネルで、九段下の手前に、左方向に向かってトンネルが分岐しているんだよね。で、本線のとの間には金網が張ってある。奥はどうやら行き止まりに見えるんだが、これは何の遺構なのかなあ。

はっ、遺構だなんて、秋庭チックなことを口走ってしまった(笑)

都営新宿線には、建設史がないから、「勇気ある設計士の告発」(爆)が読めないのが残念。

できれば、地下の都市伝説の権威・秋庭俊先生が、「営団が建設した」と妄想している京王新線の新宿・笹塚間も見てみたいし、せっかく急行運転をしている路線なのだから、急行の快走も見てみたかったなあと思う。オマケ映像が、瑞江・篠崎間の後方展望ってのも謎で、せっかく急行の通過する風景が見られる駅なのだから、停車している時間に後方から急行が通過していくみたいな映像が欲しかった。車両基地への出入庫シーンも欲しかったなあ。

さて、これで2本、地下鉄の運転室展望をそろえて、あとは東西線ってか?

い…、いやあ、そこまではさすがに…。

でも、ここまで来ると、見たい気もするが…(苦笑)

つまり、オイラは、結構、そっち方面に来ているってこった(爆)

(関連記事)

『テイチク運転室展望・東京メトロ銀座線』に激しく萌えた今日この頃である(2006年8月31日)

|

« 財布には3枚のICカード、ケータイには2種類のICチップ | トップページ | つきなみですが、能登沖地震の被災地の皆様にお見舞い申し上げます。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/14373972

この記事へのトラックバック一覧です: DVD『地下鉄運転室展望・都営地下鉄新宿線本八幡~新宿』(エスエス)に萌える春(笑):

« 財布には3枚のICカード、ケータイには2種類のICチップ | トップページ | つきなみですが、能登沖地震の被災地の皆様にお見舞い申し上げます。 »