« 2日間連続でライブに浸るのは、久しぶりなのかもしれないし、金曜日の偶然を含めると3日間連続なんだね。 | トップページ | またもや考えてみる、2007年、「強い」の意味を »

2007年1月15日 (月)

あれは確か、「不二家」のレストランに違いないと思うんだけど、記憶が定かではないんだよね。

今日、昼間、銀座近辺をブラブラしていて、お腹が空いたので、ランチを食べようとお店を物色した。が、あいにく、平日のお昼時とあって、どこも満員。オイラは、並ぶのが苦手な人間なので、どこか空いている場所はないかとウロウロした。

070115_131202 数寄屋橋の交差点を通りかかったとき、不二家を見つけた。1階の店舗は、例の不祥事で閉店中。シャッターが閉まっている。シャッターには、「お詫び」の文書が貼られていた。新聞で、このチラシを眺める人たちの写真を見た覚えがある。よく読むと、レストランは通常営業をしていることが分かった。

この店舗の2階がレストラン。よっしゃ、ここでお昼を食べようと、階段を上った。

ん?チャレンジャーっすか? だって、不正があったのはシュークリームで、レストランの食材とは関係ないもんね。ただ、今日の会見では、社長が「組織の体質」みたいなことをおっしゃっていたので、果たしてどうなんだか。

案の定、店内はガラガラ。お昼時真っ直中なのに、客がまばらである。

オイラは、ハンバーグステーキランチを頼んだ。とろける半熟玉子がのっかっているし、フライドポテトが山のように積まれていて、崩れそう。もちろん、ハンバーグは、フォークで切ると、中がとろりとしていて、肉汁たっぷり。美味しいね。まあ、当たり前だよね。

従業員さんは、とてもしっかりした応対をするし、礼儀正しい。あんな事件がなければ、そこいらのファミレスよりはるかに評価が高いんだろうけど。

食べながら、オイラは、少しデジャブを感じた。

不二家のレストラン、昔、子どもの頃に、母といっしょに食べに来た覚えがあるんだ。

その日、オイラと母は、近鉄特急で鳥羽に向かっていた。宿に着いて、のんびりして、母が自宅に電話すると、自宅が火事で消防車が何台も来たという話を聞いた。驚く母。宿に事情を話して、急遽、夕方の近鉄特急で逆戻り。夜遅く、名古屋駅に着いて、結局、ぼやで済んだこと、火元は隣の住宅建設の火花だと分かった。

けが人もいないし、燃えた箇所もほんの少しだから、母は、ご飯を食べて帰ろうと言った。

その日、オイラは、初めて、不二家のレストランに入ったような気がする。だって、入口にペコちゃん、いたもの。

気のせいかな。

「何でも食べていいから」

やけに母が優しく微笑んでいた。ぼやなのに、大丈夫なのかなーって、オイラなりに心配していたのだけど、母はやけに余裕だったな。

そのとき、オイラは、ビフテキを頼んだ気がする。

店内には、同じような家族連れがたくさんいた。暖かくて、いい臭いがして、みんな幸せそうに微笑んでたような気がした。

今日、ハンバーグにかぶりつきながら、ふと思い出していた。

 

ところで、明日の午後からココログのメンテナンスで、ブログの更新ができなくなる。次の更新は、早くても17日夜になる予定である。メンテナンス中は、コメントやトラックバックもできなくなる。

|

« 2日間連続でライブに浸るのは、久しぶりなのかもしれないし、金曜日の偶然を含めると3日間連続なんだね。 | トップページ | またもや考えてみる、2007年、「強い」の意味を »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/13508731

この記事へのトラックバック一覧です: あれは確か、「不二家」のレストランに違いないと思うんだけど、記憶が定かではないんだよね。:

« 2日間連続でライブに浸るのは、久しぶりなのかもしれないし、金曜日の偶然を含めると3日間連続なんだね。 | トップページ | またもや考えてみる、2007年、「強い」の意味を »