« 納豆大好き人間の憂鬱、そして、「やっぱり、やらせかー」という皮肉なオチ | トップページ | 風邪ひいてまんねん&500本目のエントリー »

2007年1月22日 (月)

新国立美術館のグニャグニャした建物に戸惑い、東京の未来に不安を感じる月曜日

070122_124501_0001 なんじゃ、この波打った建物は…。これ、新国立美術館である。六本木に、1月21日にオープンしたばかり。外側だけじゃない。中身もすごいんだ。平日だってのに、レストランは長蛇の行列。待ち時間、計り知れず。中に入るだけならタダなので、見物客でごった返している。

見た目はこぢんまりしているが、国内最大の展示スペースを有する。いったい、このご時世に、どうして美術館なんぞ建てたんだろうって疑問は、どうやら野暮らしい。六本木には、ここ以外にも、六本木ヒルズに森美術館があり、さらにすぐ近くに3月30日にオープンする東京ミッドタウンにも、サントリー美術館が開館する。

日本人って、いつの間に、芸術好きになったんだ?

070122_132102_0001 こっちは、東京ミッドタウン。3月のオープンに向けて、着々と準備が進んでいる。旧防衛庁跡地の再開発。またもや、東京で巨大なオフィスビルが稼働する。会社って、そんなに増えているの? いや、会社が増えてるんじゃなくて、郊外にあった会社がどんどん都心に回帰しているんだろうね。それにしても、六本木は、六本木ヒルズから始まって、大江戸線が開通し、新国立美術館、さらに、東京ミッドタウンと、どんどん街の顔が新しくなっていく。

秋庭さん風に言えば、「なんだ、要するに工事ができればよかったのか」って話になる。実際、こんな狭い都心に、いったいいくつの巨大開発を押し込めたら気が済むんだろうと思う。いい加減、共倒れするんじゃないか。結局、ここに押しかけるお客さんも、最初は六本木ヒルズ、次は表参道ヒルズ、さらに、新国立美術館って具合に、あっち行ったり、こっち行ったりして、『あるある』で納豆を買いあさったのと同じように、振り回されているだけじゃないか。

070122_133301_0001 で、オイラは、今日、六本木ヒルズを見上げながら、ふと思ったんだ。

これを、秋庭系マニアのごとく“地下処理”で片づけるのは楽なことだが、もっと本質を見つめないと、オイラたちは、社会資本を投下するポイントのずれに気づかないでいるんじゃなかろうかと。

「なんだ、要するに工事ができればよかったのか」

コンクリートの更新期限は、何も地下だけじゃない。地上に乱立している建物だって、どこかで更新の時期が来る。実は、東京に建っているビルのかなり多くは、高度経済成長期に建ったビルである。建築基準法の新耐震基準は、1981年に適用になったので、それ以前に建設されたコンクリート建築は、阪神淡路大震災級の地震が来ると、倒壊する危険性が高い。実際、神戸では、旧耐震基準の建物が多く全・半壊した。

東京は、神戸以上に古い建物が都心に集積した都市である。でも、そのほとんどは、更新されることなく、補修に補修を重ねながら、今も使われている。

つまり、東京は、都市更新の時期を迎えているはずなのだ。

ところが、今、都心では、民間のディベロッパーが再開発をして、デッカいビルを建てて、金持ちが住むマンションを売る、公共的な機関が中心となって大型開発を仕掛ける、そんなことばっかり繰り返されていて、オイラたちが住む家は、昔のまんまなのである。もし、このまま、震度7の激震が東京を襲ったら…、おそらく、美術館と再開発ビルだけがそびえ立ち、その他はみんな潰れてしまうっていう変な光景になるんじゃないか。

070122_133402_0001 で、思うんだね。この街は、いったいどれだけ、そこに住んでいる人たちのことを考えてくれているんだろうって。

松本零士さんの漫画で『銀河鉄道999』ってのがある。星野鉄郎が999に乗り込む街は、「メガロポリス」ってところで、六本木ヒルズみたいなビルがいっぱい建っていて、その足下にはスラム街がある。最近、東京の再開発を見ていると、そんな光景が目に浮かぶ。少なくとも、オイラは、どんなに気張っても、あのビルで働くことはないだろう。

そんなことを考えていたら、あのグニャグニャしたガラス張りの建物も、これから稼働を始めようとしているミッドタウンも、堀江さんも村上さんもいなくなった六本木ヒルズも、都会の幻影のように霞んだ存在に感じて、少しぶるった。

「なんだ、要するに工事ができればよかったのか」

地下の妄想で使うからこの言葉は皮肉にしか聞こえないが、地上の現実で使うと、やけにリアリティーがある。

鉄郎が見上げるメガロポリス…オイラにはそれが、現代の東京に見える。

|

« 納豆大好き人間の憂鬱、そして、「やっぱり、やらせかー」という皮肉なオチ | トップページ | 風邪ひいてまんねん&500本目のエントリー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/13619804

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立美術館のグニャグニャした建物に戸惑い、東京の未来に不安を感じる月曜日:

« 納豆大好き人間の憂鬱、そして、「やっぱり、やらせかー」という皮肉なオチ | トップページ | 風邪ひいてまんねん&500本目のエントリー »