« もう、納得いくまでダラダラしたから、もうダラダラするネタがない | トップページ | 明日から本格的な仕事始め。そして、今日は、もしかして、成人の日? »

2007年1月 6日 (土)

眞鍋姉さん、おかえりー。オイラはねー、高校生くらいまでお年玉をもらってたかなー。

正月と言えば、オイラの父は長男だったから、オイラの父方の祖母が生きていた時期までは、1日になると、親戚一同が勢揃いしたんだな。お互いに仲が良い親戚ってわけじゃないが、どういうわけかな、祖母に会いたくて、オイラの家に集まるわけやね。中学2年のときに、その祖母が亡くなって、オイラの一家は一気に求心力を失って、親戚は寄りつかなくなった。

祖父はどうしてたかっていうと、かつてブイブイ言わせていた権力は消え失せ、でも、威光だけを見せて、オイラの家の最上階に居座っていた。こいつは、母を包丁で追い回して我が家を叩き出されるんやけど、それはまた次の機会に。

さて、お正月に親戚一同が集まると、当然、子どもたちも集まり、あっちもこっちも、お年玉の乱発になる。次男以降の子どもたちにとっては、これはもう、設備投資やね。頼むよ、あんた、この家はあんたのだけやないからなって、そういうすりこみなんやと思う。親戚によって、その額はピンからキリまであって、多い人は聖徳太子(当時は1万円)、少ない人は伊藤博文(当時は千円)1枚キリ。

最盛期は、中学1年生の正月。祖母が胃ガンで入院したこともあって、「今年が最後」という雰囲気が流れていて、祖母が一時退院した我が家に、例によって子どもたちが集結した。このときのお年玉総額は、10万円を若干上回った程度。祖母一時退院記念というお祝いもあっただろうし、中学入学祝いという意味もあっただろう。そして、来年はお年玉もないぞっていう手切れ金だったのかもしれない。これっきり、この額を上回る年はなく、翌年以降、祖母は亡くなったので、このお正月の集まりもなくなり、お年玉は年々減り続けた。

オイラは、このときのお年玉を使って、中学2年生のときに、単独で北海道旅行を決行した。東北本線、青函連絡船、函館本線と乗り継いで、冬の網走へ。生まれて初めて見た流氷は、オイラの世界観を変えてしまうほどだった。

最盛期を迎えたお年玉は、これ以降、年々減少を続け、オイラの財布は景気の低迷を続けた。次にオイラが10万円以上の札束を見るのは、大学時代にアルバイトをしたときである。約1ヶ月、高校の昼間の宿直のバイトと、診療所の夜間の宿直のバイトを掛け持ちして、生まれて初めて自力で、10万円を越える収入を得た。

両親がいたら、札束で頬を叩いていたね、たぶん…。

さて、今年初めての眞鍋姉さんの記事。

例によって、トラックバックを送らせていただいた。

税金っすかー(泣)

オイラは、同じ世代の友達や知り合いは、みんな子どもがいて、お正月に接近することは、かなり危険である。お互い子どもがいれば、そこは持ちつ持たれつっていうところもあるかもしれないけれど、今のオイラは、出て行くばっかりやし(汗)

やっぱ、眞鍋姉さん、結婚して子どもを作るのが、一番の回収手段だと思うよ。結婚式のご祝儀と、お年玉は、1人では決して回収できないからね。

この年で「お年玉」って言葉をきくたび、そう思う今日この頃なのだ。

|

« もう、納得いくまでダラダラしたから、もうダラダラするネタがない | トップページ | 明日から本格的な仕事始め。そして、今日は、もしかして、成人の日? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おばんです。

お年玉、私も結構もらってました。
そうそう、十万以上はもらってたかな。

今振り返ると、子供にはお金を持たせてはいけませんね。
持たせても、親が貯め方や使い方を教育しないと・・・ここ大事。

私は親は忙しくてかまってくれなかったから、好きな様につかっていたかも。
親を恨んじゃいけないけど、子供も頃についてしまった金銭感覚はなかなか抜け切れません。

そんなことを、ふと考えてしまいました。

投稿: らん | 2007年1月 8日 (月) 19時44分

どもども。
らんさんもたくさんもらっていたのだねー。オイラは今さら、あのときのお年玉をきちんと貯金して自分で管理していれば良かったなーなんて、後悔しています。意外なときに役立ったかもしれない。

投稿: mori-chi | 2007年1月 8日 (月) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/13350531

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋姉さん、おかえりー。オイラはねー、高校生くらいまでお年玉をもらってたかなー。:

» お正月気分も、あと何日? [みなみらしい眞鍋かをり情報ブログ]
今年一発目の新年会が終わり、午前様で帰ってきたみなみです。 帰宅すると眞鍋さんのブログが更新されていたので読んでみると、眞鍋さんは正月休みを実家でのんびりと過ごされたようですね。 こうやってふるさとで家族団らんで過ごすというのは私の中ではすっかり薄らいでしまったものなので、眞鍋さんのブログを読んでこういった情景にほのぼのとしてしまいました。 それにしても妹さんがお年玉をねだる発言「くれや。税金だとおもって」というのは何とも末っ子っぽいと感じたのは私だけではないと思います。 まあ、そんなことを言ってる... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 04時02分

» フコイダンが人間を救う! [フコイダンが人間を救う!]
現在の最先端医療でも治療に限界があるとのことで全国のさまざまな医療機関の医師が沖縄のフコイダンに注目を寄せております。一つの情報としてお役に立てればと思っております。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 14時56分

« もう、納得いくまでダラダラしたから、もうダラダラするネタがない | トップページ | 明日から本格的な仕事始め。そして、今日は、もしかして、成人の日? »