« よく分からん | トップページ | ん? »

2006年11月15日 (水)

津波警報のニュース速報を見ながら、日本固有の領土を実感する、ちょっと愛国心な夜

いや、長いタイトルの割には、中身がない。

仕事から帰って、テレビのスイッチを入れたら、北海道で津波警報が発令されたというニュースをやっていた。千島列島でM8.1の大地震があり、北海道のオホーツク海沿岸に津波警報が発令されている。東京湾も、津波注意報が出ているから、はるか南西にある東京も、他人事ではないんだね。

で、テレビの画面には、日本列島の地図が出ていて、津波警報の沿岸が赤色、津波注意報の沿岸が黄色で表示されている。

おお、午後9時29分に、根室で40センチの津波。

結構デカいね。

そして、根室半島の先っちょから、さらに東側に、あるよ、北方四島。ちゃんと赤い表示で津波警報が出ている。

まあ、日本人はいないわけだから、ここに警報だしたってと、思わずツッコミを入れそうになり、ふと考えてみた。

そうやな。

ここは、日本固有の領土やもんな。

日本の気象庁が津波警報を出すってのは、理にかなっているよね。

普段の天気予報やニュースを見ていても、はるか彼方の東京では、この北方四島の存在を意識することは、ほとんどないんだよね。

それが、こんな津波警報なんてので、ふと存在に気付く。

以前、根室に旅行で訪れたとき、海岸からうっすらと見えた北方領土に、何気なく興奮したことがあった。

あそこも、日本だ。

今夜、ニュースを見ながら、ふと、同じ気持ちを感じていた。

|

« よく分からん | トップページ | ん? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/12700721

この記事へのトラックバック一覧です: 津波警報のニュース速報を見ながら、日本固有の領土を実感する、ちょっと愛国心な夜:

« よく分からん | トップページ | ん? »