« 相模大野ラシェットを訪れる | トップページ | 怒り »

2006年10月 7日 (土)

あんなに欲しかった、ミ・ミ・ズ♪

あんなに欲しかった、ミ・ミ・ズ♪

そんなわけで、その昔、オイラが子どもだった頃、オイラたち悪ガキは、小学校の校舎裏なんかで、土をいじくり、ミミズ探しなんてのに興じていたっけ。

ミミズ探しは、執拗なまでミミズを追いつめる。ある日、穴を掘ってミミズを見つけたものの、ミミズは間一髪、オイラたちの魔の手から逃れたんだ。仲間たちの一人がそれに激高し、じょうろを持ってきて、その穴に向けて、なみなみと水を注いだのだ。

出てこ〜い\(゜□゜)/

聞こえやしないだろうが、そこは子どもである。ミミズの水攻めに大いに盛り上がった。

が。

オイラたちが、水が引いた穴ぼこに手を突っ込もうとした瞬間…。

穴の奥から、もぞもぞと、何かが現れた。

無数の足、足、足。

奴は、ムカデだ。

ぎゃーっ!!!

オイラたちは、一目散に逃げた。全速力で、教室まで走った。

そんな、まだ校庭が土だった頃の話。

今夜は、相模大野のカフェレストラン・ラシェットにて、usuとみっちゃんの、ほんわかライブ。

ラシェットには大きなグランドピアノがある。いつもは店の片隅にあるピアノが、今夜はなぜか中央に陣取り、オイラが座った席の真横にあった。ピアノの生の音が直接届く感じ。優しくて、気持ち良い。

今夜は、2人にしては珍しく、パーカッションやギターのサポートが入る。で、例によって、ミミズのうた。

あんなに欲しかった、ミ・ミ・ズ♪

みっちゃんが、「このライブは、家族みたいな場所ですから」と言ってらしたけれど、オイラは、このカフェレストランは、かなりのお気に入り。最近、ここのライブが減ってしまったけど、何だか、店に入るとき、「ただいま」と言いたくなる。

何だか、いろいろな思い出が詰まった場所なのだ。

|

« 相模大野ラシェットを訪れる | トップページ | 怒り »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/12190608

この記事へのトラックバック一覧です: あんなに欲しかった、ミ・ミ・ズ♪:

« 相模大野ラシェットを訪れる | トップページ | 怒り »