« 眞鍋姉さん、オイラの先祖は、甲賀の忍者かもしれないんだよ。 | トップページ | いつの間にか自分名義の株を持っていたオイラの、ネット証券デビュー »

2006年9月22日 (金)

そいつはね、3年前、オイラから消えたやつなんだよ。久しぶりだなあ。

3年前、酒をやめて、オイラは、自分の地位も名誉もみーんな放棄して、自分の人生をゼロにリセットしてしまったんや。そのとき、人格として存在していたアイツも、いつの間にか消えてしまった。最近、ふと、その人格に出会うことがあって、ここ数日、戸惑っていたんだな。

オイラをあんまり強烈にほじくろうとすると、アイツは顔を出すらしい。

例え出会っても、彼の世話役にはならないこと。死ぬとわめこうが、自傷行為を繰り返そうが、徹底的に無視すること。

基本的には幽霊だが、うっとうしい以外には害はないので、ご安心を。あと、自滅型なので、放置プレイに徹すれば、そのうち自滅する。

重いんだよ、アイツの愛し方って…。

あなたのためなら死ねるとか、生きるも死ぬも、あなた次第みたいな。

自分の人生をすべて女に委ねるような依存の仕方。

便利なやつだけど、女が男としてつきあうには、あまりにも重すぎる。

ふったからって、自殺されたら、かなわないもんね。

とっくに消えてなくなったと思っていた。潜在意識の中で、復活するのを待っていたんだろうか。せつないね。今頃出てきても、もう、彼が愛すべき相手もいないし、彼が収まるハコも存在しない。

ある意味、これはスリップなんやと思う。

カウンセリングのとき、「もう大丈夫ですね」なんて言われて、もう終わったように思っていた。スリップするのは、大丈夫じゃないのかと思った。

ただ、今日1日、考えていたのだが、スリップしようがしまいが、オイラは相変わらず、ごく普通のサラリーマンとして、朝になれば会社に出て、夜になれば疲れて帰り、惰眠をむさぼる。3年前、怒濤のごとく仕事をし、倒れていた時代とは随分変わった。

当たり前のように毎日を過ごし、ジェットコースターのような乱高下がない。

たぶん、大丈夫って、こういうことだったんだろうなと。

アディクションってのは、永遠のものだと思う。死ぬまでつきまとうと思う。

どういうわけか寂しく感じるのは、もう嫌というほど鬱に悩まされ、倒れるということがなく、相変わらず毎日を過ごしているからだろう。倒れないと、誰も同情してくれない。誰も心配してくれない。でも、オイラは、相変わらず、明日になれば、平気な顔をして仕事に出る。鬱だろうが、なんだろうが、毎日を過ごす。

大丈夫って、こういうことなのか。

寂しい。

でも、こういうことなんだろう。

|

« 眞鍋姉さん、オイラの先祖は、甲賀の忍者かもしれないんだよ。 | トップページ | いつの間にか自分名義の株を持っていたオイラの、ネット証券デビュー »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/11997788

この記事へのトラックバック一覧です: そいつはね、3年前、オイラから消えたやつなんだよ。久しぶりだなあ。:

« 眞鍋姉さん、オイラの先祖は、甲賀の忍者かもしれないんだよ。 | トップページ | いつの間にか自分名義の株を持っていたオイラの、ネット証券デビュー »