« 表参道な昼休み3 | トップページ | Bunkamuraシアターコクーンに『あわれ彼女は娼婦』を見に行った。 »

2006年8月 2日 (水)

まあ、内容で負けても、勝ちは、勝ちやからな。

一番ホッと胸をなでおろしているのは、試合に勝った亀田興毅くんではなく、環境省の方々だろう。

STOPや!レジ袋

0706kameda

来年4月の改正容リ法施行を前に、いきなりKO負けじゃシャレにならんもんなあ。

オイラ、ボクシングのことはよく分からないが、ボコボコに殴られてダウンして勝てるんなら、楽なスポーツだなあと思った。

そう言えば、レジ袋有料化も、中央環境審議会の意見具申には盛り込まれたのに、改正容リ法では、産業界が「レジ袋有料化」に大反対して、土壇場で条文に明記できなかったんだっけ。

なるほど。

亀田くん、ピッタリかもしれない。

|

« 表参道な昼休み3 | トップページ | Bunkamuraシアターコクーンに『あわれ彼女は娼婦』を見に行った。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/11230548

この記事へのトラックバック一覧です: まあ、内容で負けても、勝ちは、勝ちやからな。:

« 表参道な昼休み3 | トップページ | Bunkamuraシアターコクーンに『あわれ彼女は娼婦』を見に行った。 »