« 水は、流れた跡の記憶を持っている。 | トップページ | 眞鍋姉さん、オイラもかなりハードワークで疲れているよ。ストレス解消は、野生に戻る、かな。 »

2006年7月20日 (木)

ふと見上げると、曇り空から青空が覗いていた。今夜は、「空」というユニットのライブ。

朝、オイラがいつもチェックしている携帯電話向け気象予報サイトで、ラブリーなお天気お姉さんが、「今日は雨が降るかもしれないから、カバンに折りたたみ傘を入れておいてくださいね」とおっしゃっていたので、言われるままに折りたたみ傘持参で仕事に出かけた。夕方、仕事を終えて、会社を出ると、空は雲に覆われていて、こりゃあ、今夜は雨が降るかなと思ったんだよね。

が、丸ノ内線で四ツ谷に向かい、電車を降りて、ふと空を見上げると…

雲間から青空

西の空には、雲が夕焼け色に染まっていた。

なんか、得した気分。

今夜は、四谷天窓.comfortへ出かけた。お目当ては、「空」というユニット。このブログでは、3度目の登場である。

東京に上京して、まだ1年。ボーカルさんは、26歳最後のライブらしい。マイクを握りしめて、不器用にしゃべる姿は、いかにもあか抜けていなくて、田舎っぽい。ピアノのお姉さんは、めったにしゃべらないが、ボーカルさんに話題をふられると、はにかみながら微笑んでいる。

ホームページもなければ、音源もない。ライブは、月1回。次回のライブの告知のないアーティストって、珍しいかもしれない。

オイラは、基本的に田舎者フェチなんだろうな(爆)

涼しい風に吹かれているような、きれいな声とピアノ。でも、詩を冷静に聴くと、ちょっと胸が締め付けられるようなフレーズもある。

ちょっと最近、この2人の歌に、引きつけられている。

|

« 水は、流れた跡の記憶を持っている。 | トップページ | 眞鍋姉さん、オイラもかなりハードワークで疲れているよ。ストレス解消は、野生に戻る、かな。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/11035102

この記事へのトラックバック一覧です: ふと見上げると、曇り空から青空が覗いていた。今夜は、「空」というユニットのライブ。:

« 水は、流れた跡の記憶を持っている。 | トップページ | 眞鍋姉さん、オイラもかなりハードワークで疲れているよ。ストレス解消は、野生に戻る、かな。 »