« 久しぶりの青空にウロコ雲? | トップページ | 東京の地下鉄は戦前にすでに作られていたという噂は本当か?14 »

2006年7月10日 (月)

岡本太郎「明日への神話」

岡本太郎「明日への神話」

午前11時から午後7時まで、汐留の日テレ前ゼロスタ広場で公開しているらしい。8月31日まで。

このケータイの欠点は、横のものを縦にすることができないってことだな。

みんなは、ニコニコ笑いながら、見入っていたけど、オイラは、正直怖かったよ。「原爆」の恐ろしさが、圧倒的は迫力で迫ってくる。恐怖や憎しみや悲しみが。痛い、熱い。

|

« 久しぶりの青空にウロコ雲? | トップページ | 東京の地下鉄は戦前にすでに作られていたという噂は本当か?14 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/10872954

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本太郎「明日への神話」:

» 岡本太郎/明日の神話 [京の昼寝〜♪]
Be TARO 岡本太郎/明日の神話  1969年、岡本太郎は「太陽の塔」(1970年大阪万博のシンボル)の制作を進める一方、メキシコで巨大壁画「明日の神話」(縦5.5m、幅30m)を完成させていた。  しかし、岡本芸術の最高峰として脚光を浴びるはずだったこの「明日の神話」は、不運にも完成後に人目に触れぬまま行方不明になり、2003年にメキシコシティ郊外でやっと発見されたときには大きな損... [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火) 08時50分

« 久しぶりの青空にウロコ雲? | トップページ | 東京の地下鉄は戦前にすでに作られていたという噂は本当か?14 »