« オイラは、母から生まれて、母に殴られ、母を捨てた。そんなオイラの母の日。 | トップページ | うん。すごいよ。空。 »

2006年5月15日 (月)

そう言えば、オイラも、会社に入った頃は、自分が社長にでもなるような勢いで仕事をしていたっけなあ。

いや、ほんの3年くらい前までは、オイラは、オイラなりに、自分の信じた道を歩き続けていたような気がするんだ。

人は、信じていたものに裏切られると、他人との距離がとれなくなる。

自信っていうのは、独りで勝手に持つものじゃなくて、支えている他人があるから、疑わずに信じることができるんだと思う。その、支えるべき他者は、決して義務感なんかで支えてやるって、支えている他者ではなくて、ちゃんとまっすぐとオイラを見上げることができて、きっと与えるものと与えられるものとのバランスは取れているんだと思うのだ。

でも、そういう思いって、こっちが勝手に思っていても仕方なくて、だからといって、お互い言葉で確認して関係を結ぶものでもないのだと思う。

オイラはね、そんな風にして、その信頼が、勝手な思いこみだったとしても、それでもオイラは、その信頼に頼って、自分を奮い起こすしかないと思っているんだ。

何度でも、何度でも、相手を信用して、それでも裏切られて、アホみたいに泣いて、アホみたいに打ち砕かれて…。

それでも、やっぱり、生きていく。

そういう、ある意味、思いこみというか、考え過ぎなところって、オイラにとって、生命力のようなものなんだと思う。

不器用って言えば、それだけなんだが、高倉健みたいにかっちょいいものではなくて、単にアホでどんくさいだけやねんけど、たぶん、オイラは、そういうオイラしか、演じていられないんだろうな。

だから、これからもやっぱり、オイラは、オイラなんだろうと思う。

腹の立つこともあるかもしれへんけど、そこを変えるつもりは、さらさらないんだな。

そこんとこ、よろしく。

|

« オイラは、母から生まれて、母に殴られ、母を捨てた。そんなオイラの母の日。 | トップページ | うん。すごいよ。空。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/10085421

この記事へのトラックバック一覧です: そう言えば、オイラも、会社に入った頃は、自分が社長にでもなるような勢いで仕事をしていたっけなあ。:

« オイラは、母から生まれて、母に殴られ、母を捨てた。そんなオイラの母の日。 | トップページ | うん。すごいよ。空。 »